うつ病克服で楽しく生きる!

人生を好転させるヒント

うつ病は運動で悪化!?やりすぎ危険!!正しい運動療法とは!?

calendar

reload

うつ病は運動で悪化!?やりすぎ危険!!正しい運動療法とは!?

うつ病には運動がいいと言われてますが、やりすぎは逆効果になる可能性があります。

運動療法という治療法があるように、しっかりと生活の中で正しい運動を取り入れることが大事になってきます。

どのようなことをするとうつ病は運動で悪化してしまうのでしょうか!?




うつ病は運動で悪化!?適度な運動とは!?


うつ病になった人は運動をすることで様々な効果があると言われております。

体力の回復ができる

うつ病になってしまうと1日中家にこもってしまう可能性がありますので、体力がどんどん弱ってしまいます。

ですので運動をする事によって体力をつけることが出来ます。

体重のキープ

体重が本来の適正よりも増加してしまっている方の場合は、運動することでダイエット効果もあります。

良質な睡眠

昼間の活動量が多いと、睡眠の質もグッとよくなります。運動することでぐっすり眠れることでしょう。

このように運動にはこのような効果がうつ病患者にあります。



うつ病は運動で悪化する可能性があるのは本当!?


うつ病に運動はとてもよろしいですが、間違った運動は逆効果を促してしまいます。

過激すぎる運動はダメ

いきなり過激すぎる運動は帰って、症状を悪化させる場合があります。

長時間の運動

軽運動でも長時間の運動は体に負担がかかります。徐々にペースをあげていかなければ長続きすることができないでしょう。

運動をしなければいけないという考え方

運動をした方がいいというのは分かりますが、運動をしなければいけないという考え方を持ってしまうと逆にストレスになってしまうでしょう。

良質な運動療法は、毎日気軽に長期的に長続きできるような軽運動になってきます。

うつ病を運動で悪化させない為の良質な運動療法とは!?


私が一番オススメする運動はウォーキングです。

自分の感覚の中で「楽である」〜「ややきつい」くらいの運動量がもっとも適切だと思います。

外回りの散歩

犬の散歩や、家の周りを少し散歩するだけでもとても良いです。

買い物でショッピング

慣れてきたら買い物にも挑戦しましょう。ショッピングモールも一周するだけで良い運動になります。

背筋を伸ばす

余裕が出てきたら背筋を伸ばす事を意識してみるといいです。上体を起こし胸を張る事で猫背の防止になります。

景色も楽しむ

景色を楽しむ事で脳への刺激にもなります。日々コースを変えてみたりするとよいです。

いかがでしたでしょうか?

うつ病治療は、薬物治療と運動療法をうまく組み合わせてみると回復速度が変わってくると思います。

ただ焦りは禁物です。

ゆっくりじっくり時間をかけて治療していきましょう。



うつ病克服ガイドラインーうつ病とは

うつ病でイライラ対処する非常識な3つの方法!

うつ病になりやすい4つの特徴とは!?


うつ病克服ガイドラインー治療方法の悩み

うつ病で食事が辛い!!食事療法で改善したい!!

うつ病で考え方を変えたい!認知行動療法が最適!

うつ病は運動で悪化!?やりすぎ危険!!正しい運動療法とは!?

うつ病克服ガイドラインーお薬の悩み

うつ病の薬で性格は変わるの!合わない薬は危険?

うつ病の薬代が高い!安くする方法はないの?

うつ病の薬を服用中にアルコールは危険?飲んではいけないの?

うつ病克服ガイドラインー周りの人の悩み

うつ病で家族もしんどいは危険?患者との接し方を間違えてませんか?

うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛してるよは心の支え!!

うつ病の接し方で禁句は?妻にかける言葉とは?

うつ病の友達がめんどくさい!3パターンの対応の仕方!

うつ病克服ガイドラインー仕事の悩み

うつ病で職場復帰は逆に迷惑なのか!?1日でも早く仕事をしたい!!

うつ病で仕事のミスが多くなる!4つの見分け方とは?

うつ病からリワークプログラムで職場復帰!症状の波を改善し再発防止!

うつ病で休職!給料に頼らず非常識に生きる方法!


うつ病克服ガイドラインー病院の悩み

うつ病の診断が嘘!?治療に振り回されない為に!!

うつ病で病院に行かないのは危険!?安心して病院受診しよう!!

うつ病と双極性障害の見極めは困難!?誤診で悪化する可能性がある!?

うつ病で病院行きたくない!仮病の可能性は?

オススメ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す