宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病患者がみた鬼滅の刃!無限列車編から学ぶ誘惑から逃げ出す方法!

calendar

「鬼滅の刃」無限列車編が世界各地で大ヒットし興行収入517億億円を達成!

まさに歴史的快挙となりました!

これだけネガティブニュースが多い中、喜ばしい話が舞い込んできましたね。

この映画の内容は、私も心を強く打たれました。

私の中でこの映画の中には2つの大きな誘惑から抜け出すことができた主人公たちの考え方にフォーカスして記事を書きたいと思います。

うつ病で悩んでいる人たちが少しでも前向きになれるような考え方のヒントが隠されていました。

鬼滅の刃とは?

鬼滅の刃は、吾峠呼世晴による日本の漫画作品になります。。

週刊少年ジャンプにて2016年11号から2020年24号まで連載され、コミックスは23巻まででています。

大正時代を舞台に主人公が鬼と化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く剣士バトル漫画。

2019年にはufotable制作による物語の序章を描く立志編で世間から注目を浴びました。

神回と呼ばれた19話は、名場面として語り継がれることでしょう。

映画が517億円突破

そんな鬼滅の刃が映画になり、公開後とんでもないことが起こりました。

公開初日から数日で『千と千尋の神隠し』が所持していた歴代1位の記録を更新しました。

コロナ化でのヒットは全米が驚いたといっても過言ではないでしょう。

私自身も初日で鑑賞しましたが、非常に素晴らしい作品。

ただ鬼滅の刃無限列車編は、アニメの続きとなってますので全26話をみてからご覧になるとより物語に没入できるかと。

予備知識や、キャラクターの位置付けを把握することでより一層本編の面白さがまします。

うつ病患者にもささる部分があったので紹介していきます。

2つの誘惑

この物語は前半と後半で全く違います。

・ポスター「その刃で悪夢を断ち切れ」から「心を燃やせ」

・主人公が炭治郎から煉獄杏寿郎の移り変わり

・敵役が魘夢から猗窩座

・前半が過去を断ち切る!後半は未来へ継承!

ここまでざっくりテーマが変わると1作品の中に2つの作品があるようにも感じました。

悪夢を断ち切る

キャッチコピーにもあるように、その刃で悪夢を断ち切れとありますが、炭次郎にとって家族と過ごす時間は幸せなはず。しかし、それを悪夢と表現されている。

居心地のいい場所にいたら、なにも変わらないよ!というメッセージ性を感じました。

炭次郎にとって失った家族との思い出は悪夢だったのかもしれません。

そのまま誘惑に溺れてしまえば、今いる仲間たちもいなくなっていたかもしれないのですから。

うつ病患者にとっても失った過去との決別をしなければ、変わることができません。

お薬の力を借りたとしても、最後は自分自身でその悪夢を断ち切らなければ道を開けない。

生をとるか死をとるか

後半から主人公の立ち位置なる煉獄杏寿郎は人間から鬼にならないかという提案される誘惑。

・老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ

・俺はいかなる理由があろうとも鬼にならない

・俺は俺の責務を全うする!

鬼に対して人間の美しさと、独自の価値観を言葉の刃物に乗せて放った。

生きるか死ぬかという誘惑に対して、死を恐れず美徳して捉えた煉獄杏寿郎。

煉獄杏寿郎はとても強い責任感がある人であり、うつ病になりやすい人の特徴でもある。

しかし彼は死を恐れないという考え方や、どんな状態でも責務を全し仲間を助けるという選択をした。

うつ病患者は、まだ起こってもない未来に対して不安感を抱くことが多く、考えれば考えるほど負のスパイラルに落ちてしまいます。

ここでの学びはまずは目の前の責務に集中することで、健全な思考になれるよう私は捉えました。

今出来ることを少しづつ取り組む姿勢が大事です。

鬼滅の刃から学ぶ不安や誘惑の断ち切り方

壁に立ちはだかった時、技を出す時、治療する時の向き合い方は全て呼吸をしている。

深呼吸することで頭にあった嫌な不安感が軽減される場合があります。

鬼滅の刃の映画内でも呼吸の大事さをよくいっていました。

注射が苦手な子供に対して、全集中の呼吸だよと看護婦さんが言ったら落ち着いて注射を受けることができたというニュースも一時話題になりました。

また炭治郎のように一人で悩んだら人に頼り、時に助けてもらい強烈な誘惑を制御し、チームプレイで乗り越え過去の経験を未来に生かし、尊敬する人から学び成長する。

うつ病患者も、深呼吸と頼ることを忘れないようにすることでうつ病を断ち切る一つのアクションになるかもしれません。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業