宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

加藤純一の病気は躁病と発言するひろゆき!配信を長期間休んだ原因とは!

calendar

「加藤純一は躁うつ病の躁病」と自身の配信で断言したひろゆきさん。

人気配信者である加藤純一さんはどんな人物なのでしょうか?

また躁病とはどんな病気なのでしょうか?

今回はこちらの内容を記事にしていきたいと思います。

人気配信者加藤純一さんとは一体どんな人物なのか?

加藤純一さんは、1985年8月17日生まれ、千葉県館山市出身のゲーム実況者である。

別名は「うんこちゃん」。

主にニコニコ生放送や、YouTube、Twitch、AbemaTVで活動している。

医療従事者として働く傍ら、うんこちゃん名義で配信活動を続け、2015年に正式に本名が加藤純一であることを公表し、以降は加藤純一名義で多くの活動を行う。

2020年YouTube上で生配信されたゲーム実況「ポケモンセンター本当に終了のお知らせ verプラチナ本当にラスト」は終盤11万9千人を超える同時視聴者数を集め、Twitterトレンドに「加藤純一」が1位にランクインするなど、ネット上で大きな反響。

2021年には1年間にわたり挑戦してきた「金ネジキ」のクリアを目指す配信にて遂に金ネジキ攻略を達成する。

最高同時視聴者数39.8万人を記録し、自己最高記録を更新した。

Twitterトレンドでは「金ネジキ」が1位を獲得、またその他関連項目が4つランクインしたことが話題に。

加藤純一さんのチャンネルはこちら。

ひろゆき指摘!加藤純一が躁病疑惑!

こちらの動画内でひろゆきさんが

加藤純一は「躁うつ病の躁病の方なんじゃないかなぁ?」

このように指摘したひろゆきさんの発言が話題に。

実際に心配するファンも多く、彼の動画を見ていると、躁病の症状に当てはまる部分が多数あると指摘がありました。

では一体躁病とはどのような病気なのでしょうか?

加藤純一さんと躁病の関係性

躁状態を主とする疾患をいいます。

原因不明の精神疾患で感情の爽快と意欲・行為の興奮を主症状です。

感情は爽快で、意欲と行動性が増し、考えが次から次へとわき出し、多弁となるが、落着きはない。

身体の調子は好調で健康感、能力感にあふれる。

これらを踏まえた上で、加藤純一さんの行動を見ていきみましょう。

感情は非常に爽快的

配信中気分が高揚し、大声を上げ叫んだり、興奮することがよく見られます。

話し方のテンポも非常に早くなりとても多弁。

あまりにゲームが面白すぎて、40時間睡眠を取らずにゲームをしたこともあるそうだ。

アイディアマン

配信内容や企画をほぼ一人で考えつくアイディアマン。

一般の方では到底考えつかないような企画を次々と出していく。

鬼畜なゲームの縛りプレイや、物の例え方や比喩表現も上手いのが特徴的。

落着きがない

ゲーム配信などによく見られるのですが、落ち着きがないプレイが多いです。

じっとしていられない状態で、身振り手振りがとても激しく動かす行為があったり、多くのことをしゃべりすぎてしまう傾向も。

こういった場面をみると躁病の可能性もあるかもしれません。

しかし実際に診断されたわけではないそうなので、断定することが出来ないのが事実。

ただ他の病気で配信が出来なくなるまでになった経験もあります。

不眠症で加藤純一体調不良で配信休止

一週間の記憶がなかった。

呂律が回らなくて、『俺もう脳梗塞じゃん』と思って病院行ったことが明らかに。

先生に「それはただの寝不足ですよ」って言われたそうです。

1日1時間半から2時間の睡眠時間だった。

おそらく不眠症でしょう。

忙しかったわけじゃないと発言してますが、1日1時間半睡眠で忙しくないと発言出来るのは異常ですよね。

結果的に、アルプラゾラムとデエビゴ飲んで夜寝なさいと診断されたお医者さんに言われたそうです。

Twiiterでも配信を休むと宣言。

まとめ

加藤純一さんは、躁病の傾向は非常にあるが実際に病院で診断されているわけではなく、ネットの憶測で言われているだけということ。

実際に体調が悪くなったことがあり、配信を休んだことがあるが、不眠症に近い症状。

しかし彼の無理な配信はいずれ、体を壊してしまうリスクはあるかもしれません。

特に真面目でストイックな加藤純一さんのことです。

無理をして精神的な病にかかるリスクも高まりますので体調が心配ですね。

健康で楽しい配信を続けてもらえることを願ってます。

KaoruTVうつ病を告白!原因はアンチとストーカー!YouTuberが精神病になりやすい理由!こちらもあわせて読まれております。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業