宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛してるよは心の支え!!

calendar

reload

うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛してるよは心の支え!!

恋人がうつ病になってしまっていると困っている人はいますか?

大事な恋人が苦しんでいる状態で、接し方が分からずどうすればいいのか悩んでいる方もいるはずです。

うつ病は周りの方の接し方で、改善されるスピードが大きく変わってきます。

とくに愛する恋人だった場合は、恋人だからこそ出来る接し方があります。

どうすればいいのでしょうか?




うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛する恋人が突然病気に!!


大事な恋人が突然うつ病になってしまった方はいます。

突然会社にいけなくなったり、外出できなくなってしまったり、何をするにもマイナス思考になってしまう恋人をみたらあなたはびっくりすることでしょう。

恋人がどうしてうつ病になってしまうのでしょうか?

実は恋愛関係のもつれからくるストレスでうつ病になってしまう恐れがあります。

今回は恋愛関係が原因でうつ病になってしまうケースから考えたいと思います。



うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?恋愛関係から来る原因とは!?


恋愛から来るストレスが原因でうつ病になる可能性もあります。

一体どんなことが原因でうつ病になってしまうのでしょうか?

恋人に浮気をされた

恋人に浮気されたショックが大きすぎて、孤独感や絶望感を味わいうつ病まで発展してしまうケースがあります。

恋人と価値観が合わない

恋人と価値観が合わなければ喧嘩が多発してしまいます。その結果ストレスが溜まり、仕事や睡眠に影響を及ぼす事も。うつ病まで発展してしまうケースがあります。

恋人と失恋してしまった

一番うつ病の発生率が高い、恋人との失恋。関わった時間が長ければ長いほど強いショックを受けやすく、うつ病まで発展してしまうケースがあります。

恋人に嫉妬しやすい

嫉妬をしやすい場合、自分に自信がない場合が多いです。うつ病になりやすい性格の一つで、あまりにも自己愛が低いとうつ病まで発展してしまうケースがあります。

恋人の愛情不足

孤独感を強く感じる人の場合、「愛しているよ」などのような愛情表現がないと、自分は嫌われているのではないか?と感じる場合があります。あまりにも愛情不足を感じてしまうとうつ病まで発展するケースがあります。

うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛してるよは魔法の言葉!!


うつ病になってしまった恋人とはどうやって接していけばいいのでしょうか?

追求していく中がで、うつ病になってしまった原因が恋人自身の場合があります。

恋人だからこそ出来る接し方はどうすればいいのでしょうか?

愛してるよと愛情表現をしてあげる

うつ病になってしまうと、孤独感や、内気さや、自己愛の欠落が起こってしまいます。

「私なんか」「僕なんか」「ひとりぼっちになる」と悲観的な考えの癖がついてしまう恐れがあります。

自分に対する愛情が極端に薄れている状態にあるので、恋人がぽっかりと空いてしまった愛情を埋めて上げるのです。

ですので「そんなあなたでも愛しているよ」と愛情を表現してあげてください。

人肌を感じさせて上げるようにする

人肌に触れると幸福ホルモンが出やすくなります。

キスやハグなど、恋人でしか出来ないようなフォローをしてあげましょう。

相手の体調があまりよろしくない場合は逆効果の場合がありますのでご注意下さい。

ポジティブな言葉をかけてあげる

患者が恋人を信頼していればしているほど、言葉の圧力が変わってきます。

大好きな恋人からの言葉がけが強ければ強いほど、患者に与えるダメージが大きくなってきます。

「いい加減にしてよ」「情けない」「もう別れたい」なんて言葉はさらに症状を悪化させてしまう原因になってしまいます。

「なにか出来る事があったらいってね」「どんなあなたも愛しているよ」などポジティブになるような言葉がけはとても有効です。



おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業