宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で朝がしんどい原因は!?目覚めが良くなる4つの方法!!

calendar

reload

うつ病で朝がしんどい原因は!?目覚めが良くなる4つの方法!!

うつ病の患者でよく質問されるのが、朝がしんどい原因を知りたいということです。

朝がしんどくて憂鬱な気持ちが数週間続いたら注意!!

朝がしんどい原因をしっかりと理解し、目覚めが良くなるようにしていきましょう。




うつ病で朝がしんどい原因はどんな症状を感じるの!?


日々の生活の中で憂鬱な気分になる時はありますが、その原因の一つとして朝がしんどいということが大きく関わってきます。

仕事や趣味に対する興味も徐々に薄れていき、様々な症状に悩まされます。

眠れない

食欲がなくなる

だるさを感じる

などいった身体的状態を感じている方はいますか?

これらの症状は朝がしんどい原因に密接な関係があります。

うつ病で朝がしんどい原因は脳がリラックスしていない!!


うつ病で朝がしんどい方のほとんどが脳に疲れを感じています。

頭が重い感じがする

深く考えこんでしまう

将来に不安を感じる

上記の重いはありますか?

起きている限り脳は自然と働いてしまっています。

とくにうつ病になるとその働きは通常よりも多く働いてしまう可能性があります。

逆に脳を休める事によって、朝がしんどいという体調を改善することが出来ます。

ではどうすれば脳の疲れをとりリラックスさせることが出来るのでしょうか?



うつ病で朝がしんどい原因は脳!!脳をリラックスさせる方法は!?


朝がしんどい原因は分かりました。

では実際どうすれば朝すっきり目覚める事が出来るのでしょうか?

休養を十分取る

十分な休養をとることが最優先です。

仕事の量を減らしたり、自宅で仕事をするのではなく、一度全ての抱えているものを遮断してください。

うつ病になったら休む事が仕事なのです。

薬物療法でぐっすり眠る

脳の神経伝達物質の異常で、興奮したりうつ状態になったりしてしまいます。

その結果心が休まる事が出来ずリラックスできません。

そんな時はしっかりお薬を使って気持ちをコントロールしてください。

そうすることで、ゆっくりと睡眠ができる体の環境を整えることが出来ます。

精神療法で心のストレスを改善

ストレスで眠れなくなっている可能性があり、朝がしんどい原因になっていることがあります。

しっかりとストレスの原因をカウンセリングで導きだし、認知療法や、対人関係療法で心が楽になるようにしていきましょう。

そうすることでぐっすりと眠れるようになり、朝のしんどさが軽減されます。




おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業