宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病でアルコール依存症が合併しやすい!?解決するには!?

calendar

うつ病でアルコール依存症が合併しやすいことを知っていますか?

現在うつ病でお酒を飲んでいる人は、飲み方を注意する必要があります。

ではどうしてうつ病とアルコール依存症が合併しやすいのでしょうか?




うつ病でアルコール依存症が合併しやすい!?どうしてお酒を飲んでしまうの!?


どうしてうつ病になるとお酒を飲みたくなってしまうのでしょうか?

うつ病患者のほとんどの原因は落ち込んだ気分をお酒で解消しようとする衝動にかられてしまうそうです。

健康な人でも落ち込んだ時にお酒に逃げてしまう人がいると思いますが、うつ病患者の場合もお酒に逃げてしまう可能性が多いのです。



うつ病でアルコール依存症が合併しやすい!?どのような症状がでるの!?


お酒を飲み過ぎてしまってアルコール依存症になってしまった場合どのような症状がでてしまうのでしょうか?

お酒の飲む時間がコントロールが効かなくなる

お酒がどんどん強くなっていき、朝、昼、夜と時間帯が関係なく毎日飲んでも平気になってしまう。

飲む量がコントロール出来なくなる

酔いに強くなってしまっているので、どんなに飲んでも酔うことがなくなり、飲む量がコントロール出来なくなる。

生活習慣や人間関係にも影響が

急に暴力的になったり、暴言を吐いたり性格や人格が全く変わってしまう恐れあり!!



うつ病でアルコール依存症が合併しやすい!?解決策は!?


うつ病でアルコールとの接し方はどうしたらいいのでしょうか?

お酒のを飲む量を控える

お酒を飲む量を控え、適量を守りましょう。

飲む時間を決める

飲む時間帯を決める事により、飲み過ぎを抑える事が出来ます。

お酒をきっぱり辞める

うつ病をきっかけにお酒をきっぱり辞めるという手もあります。

うつ病でアルコール依存症が合併しやすい!?アルコールはうつ病を悪化させる原因にも!!


うつ病にとってアルコール摂取は様々なデメリットがあります。

お薬の効果を強めたり弱めたりする

うつ病で処方されるお薬の効果を強めたり弱めたりする可能性があります。

ですのでお薬を飲んだら最低でも3時間くらいは時間をあけるとよいでしょう。

お薬の副作用を強く出してしまう可能性がある

お薬の副作用を強くしてしまう効果があります。

人によって個人差がありますので、少しでも体調に異常を感じたら気をつけてください。

うつ病でアルコール依存症が合併しやすい!?アルコールは適度に飲むのが良い!!


アルコールは沢山飲み過ぎると悪影響ですが、適度に飲む分でしたら気分転換になり、楽しい気持ちになります。

飲み過ぎずたしなむ程度が丁度良い事でしょう!!

うつ病になったからといって、お酒は絶対に飲んではいけないというわけではありません。

もちろん飲まないのに超した事はないのですが、お酒を飲む事が好きな人にとっては適度にたしなむことは心の安らぎを与えてくれる事でしょう!!




おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業