うつ病は悪夢を治りかけの前に多くみる!悪夢を消す3つの方法!

未分類
このページにはプロモーションが含まれています

うつ病や精神疾患を抱えている人は、悪夢を治りかけの前に見る場合が多いようです。

悪夢はどのような時にみるのでしょうか?

悪夢をみることで、寝ていてもぐっすりと眠れたと感じない人はどのようにしたら悪夢をみないようになるのでしょうか?




スポンサーリンク

うつ病は悪夢を治りかけの前に多くみる!悪夢って具体的にどんな夢なの!?


悪夢は一度見ると癖のように何度も何度もみてしまう傾向があるそうです。

睡眠には2種類あり、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。

そして悪夢を見やすい状態にあるのが、浅い眠りの状態であるレム睡眠です。

誰かに追っかけられる夢

自分が苦しんでいる夢

大事な誰かが亡くなってしまう夢

上記のような夢を多く見るようになってしまいます。

スポンサーリンク

うつ病は悪夢を治りかけの前に多くみる!悪夢をみる原因は?


うつ病はなぜ治りかけの前に悪夢をみやすいのでしょうか?

ストレスを抱えている時

うつ病患者の多くは、自尊心が失われておりストレスを抱えやすい状態になっている場合が多いです。

ですのでレム睡眠の状態が多く続き、夢をみやすい体調になっていると考えられます。

とくに強いストレスを感じている場合、良い夢より悪夢をみる回数が多くなると考えられます。

精神的に病んでいる時

精神的に病んでいる時は、思考がネガティブに傾きやすいです。

ネガティブな事を抱えているの、脳疲労をとても強く感じてしまいます。

ですので精神的に病んでいる時は、レム睡眠の状態にある場合が多いです。

結果、悪夢をみてしまう回数が多くなると考えられます。

夢をみる癖がついている時

人間誰もが、夢をみたことがあると思います。

それが悪夢の場合大きなストレスを身体的に感じることでしょう。

とくにうつ病患者の場合、日々ストレスや不安を感じやすい状態になります。

ですので悪夢を一度みることで、それが癖になってしまい何度もみてしまう場合があります。



スポンサーリンク

うつ病は悪夢を治りかけの前に多くみる!悪夢を消す3つの方法!


うつ病患者が治りかけの前によく悪夢をみる原因は分かりました。

ではどうすれば悪夢をみることを軽減させることが出来るのでしょうか?

寝る前に強い光を見ない

スマホやパソコンのような強い光を放つ電気は脳が疲れてしまう原因になります。

ですので夜中に強い光をみるのは控えましょう。

部屋の環境を整える

部屋の温度を25~28度くらいにすることで快適な状態を整えること温度によるストレスを感じなくなります。

なるべくしめつけの少ない衣服に着替え、快適なベットを選ぶ事をオススメします。

その日のストレスは発散させておく

その日にストレスを抱えてしまったら出来る限り発散させておきましょう。

誰かに電話で話したりするのもよいですし、趣味に費やすのもよいでしょう。

身体の疲労と悪夢をみるということはとても密接に関わっています。

逆を言ってしまえば、精神的ストレス、身体的ストレスを綺麗にとってしまえば、深い眠りにつくことができ、悪夢をみないようになるわけです。

身体をしっかり休める事が出来れば、徐々にうつ病の症状も軽減されていく可能性もあります。