宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で病院行きたくない!仮病の可能性は?

calendar

うつ病の疑いがあるのに、病院行きたくないという方がいます!!

周りの人はそのような光景をみると仮病ではないのか?どうして病院に行きたくないんだろう?

このような感情が芽生えてしまう可能性があります。

どのような思考が患者に働くのでしょうか?




うつ病で病院行きたくない!どのような心理なの?


うつ病で「病院に行きたくない」心理はどのようなことがきっかけで起こっているのでしょうか?

2週間以上憂うつな感情が続くようであれば疑いがあればうつ病の可能性は十分あります。

早期発見、早期治療をすることで短期的に改善出来るのですがなぜ患者は行きたくないのでしょうか?

自分を病気と認めたくない

自分が精神病ということを受け入れる事が出来ず、拒絶してしまうケースがあります。

あんな元気だった自分がうつ病であるわけがない、自分にはやらなきゃいけないことがまだまだある。

このように責任感が強い人もなりやすいので、「病院行きたくない」という感情が湧き出てきます。

精神病院が怖い

精神病院のイメージは人それぞれ。あまり良い印象を持っていない場合があります。

自分はもっとおかしくなってしまうんじゃないか?

このように疑いだすと「病院行きたくない」という感情が湧き出てきます。

仮病の可能性がある

わざと仮病を使う事で、体調を気遣ってもらえるようになりそれが快感になってしまったケースがあります。

「病院行きたくない」ではなく「病院に行かなくてもいいレベル」と自分で知っているから拒絶する場合もあります。

行きたくても行けない

うつ病患者になると起きる事も辛い場合があります。

病院に行きたくても行けないケースは、かなり重度のうつ病になってしまっている場合があります。

医師との相性

一度病院にいっても、医師との相性が悪い為病院を拒絶してしまうケース。

それを誰かに伝える事なく一人で抱えこんでしまうとさらに病院は全部こうゆうものだとレッテル張りをしてしまいます。



うつ病で病院行きたくない!どうすればいい?

うつ病で病院行きたくないという場合どうすればいいのでしょうか?

私も病院に行きたくないと強く思っていたことがありましたが、病院に行かなければと思うようになりました。

どのようなことが行動する原動力になったのでしょうか?

未来に恐怖を感じた

仮病以外はうつ病を放置しておくとどんどん外出することが怖くなったり、体にだるさを感じやすくなります。

その結果未来を恐怖を感じ、症状が強くでるほどこのまま自分はどうなってしまうのだろうか?

こんなに毎日辛い思いをするなら病院に行ったほうがましだという原動力に変わりました。

医師が変わった

病院に行きたくない理由が医師の場合があります。

うつ病は症状をしっかり言わないとなかなか薬の処方が難しい病気です。

心を閉ざし、素直に自分の症状を言えない医師の場合はかえって悪影響の場合があります。

薬の処方のミスや、誤診の可能性があります。

ですので医師と、患者の相性はとても大事です。

どうしても医師が苦手な場合は、病院を変えてみるとよいです。

薬を変えた

抗うつ剤を飲んだことがある人は共感できると思いますが、自分の身体に合う合わないが出てきます。

薬を飲み副作用が強くてさらに体調が悪くなってしまった、経験がトラウマになってしまうと病院に行きたくないという感情になってしまうケースがあります。

ですので薬が自分に合わないと感じたらすぐに処方を変えてもらうことをオススメします。

うつ病で病院行きたくない!行かなくても治ったケースがある!


うつ病は一瞬で治ってもおかしくないという方もいます。

私は病院できちんと治した方がよいと思いますが、このような考え方も参考にしてみるといいでしょう。

うつ病はハッピーじゃない状態が継続する事で起こる。宝くじが1億円当たったけどうつ病ですと言う人は少ないということ。

自分のうつを正当化し、その状態にとどまっていることが心地よいと感じている。簡単にそのハッピーじゃない状態をやめればいい!

このように述べていました。

たしかにうつ病になった原因を不幸と感じてしまわなければ、深く悩み込む必要もないという考え方は勉強になりました。

しかし患者にとってなかなかそれができないのも事実!

あくまでこのような考え方もあるということで参考にしてみてはいかかでしょうか!!




おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業