宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病の薬を服用中にアルコールは危険?飲んではいけないの?

calendar

うつ病で薬を服用中にアルコールは飲んでいいのかという質問がありました。

医師に処方された通りに薬を飲まなかったり、副作用を恐れて薬を飲まない人もいます。

うつ病をしっかりと完治するには薬としっかり向き合わなければいけません。

そんな中でアルコールと薬との関係性をしっかりと把握する必要があります。




うつ病の薬を服用中にアルコールは飲んでいいの?まずは薬としっかり向き合う事が大事!


まず第一前提に薬としっかり向き合う必要があります。

薬をしっかり飲んでくださいといっても、患者は無視する可能性もあります。

しっかり飲んでいる状態の中で、アルコールを摂取することはいいのでしょうか?

医師によると抗うつ剤とアルコールの組み合わせは良くないと言われています。

一体薬服用中アルコールを飲むとどんな副作用があるのでしょうか?

うつ病の薬を服用中にアルコールは飲むと悪化する恐れ?


薬の効能や注意でもしっかりと書いてありますが、薬とアルコールはどのような点が悪い関係性になってしまうのでしょうか?

薬の効果を弱めたり強めたりする

抗うつ剤の効果を弱めたり強めたりしてしまう為、うつ病の治りを遅くしてしまう場合があります。

身体への影響にも強く出てしまう可能性があります。

薬をアルコールで飲むという行為は本当に危険です、

薬の副作用を強くしてしまう

薬の副作用を増加させてしまう可能性があります。

注意力や、集中力の低下。

目眩や頭痛を促す場合があります。

アルコール依存になりやすい

うつ病患者は自尊心が低下しやすいです。

その為に心にぽっかりと空いてしまった隙間を何かで埋めようとします。

それがアルコールだった場合、依存症を引き起こしてしまう場合があります。



うつ病の薬を服用中にアルコールは飲んではいけないの?


うつ病の薬を服用中にアルコールは飲んではいけないのでしょうか?

今までアルコールを飲んでいた人が突然飲んではいけないとなるとストレスになってしまうことでしょう。

アルコールを飲まないことでストレスを感じてしまうようであれば、多少は飲んでもいいと私は思います。

飲み過ぎる事は注意すること

薬を飲んだら3時間以上は時間をあける

体調が悪い時は飲まない

このような点については注意すべきだと思います。

もちろん飲まないことが一番いいのですが、医師と相談しながらアルコールと関わっていきましょう。




おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業