宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病の薬代が高い!安くする方法はないの?

calendar

うつ病の薬代を高く感じる人もいることでしょう!

患者にとって一番の治療法は休養になります。

そして次に大事なのが薬物療法になります。

落ち込みを改善する抗うつ薬や、眠れないときに飲む睡眠薬は、なくてはならない存在です。

しかし長期間薬をを飲むと、薬代がかかってきます。

うつ病で働けない状態でいる場合、薬代を高いと感じてしまう方もいることでしょう。

ではどうしたらいいのでしょうか?



うつ病の薬代が高い!薬はうつ病にとって大事な治療法!


薬は医師から処方された分量を、しっかりと飲む必要があります。

思い悩み、涙もろさ、不安、神経過敏など随伴症状が起きるようであればしっかり飲む必要があります。

しっかりと安定したライフスタイルを送れるようになるまではお薬を飲む必要があります。

ですので長い期間薬の服用しないと完全完治する時間が遅くなってしまう可能性があります。

しかしうつ病の薬を飲み続けるという事は、それないりに薬代がかかってしまいます。

うつ病の薬代が高い!一体どれくらいかかるの?


うつ病の薬代は、診察内容や薬の種類にもよりますが、保険を使って1回で大体3000円〜5000円で診察できます。

働けてない人もいるので、毎月の出費は大きく感じる方もいるはずです。

入院になる可能性もあるので、大きな出費も重なる可能性があります。

うつ病で薬代が高いと思っている場合どうしたらいいのでしょうか?



うつ病の薬代が高い!医療費を安くする方法は?


うつ病で薬代が高いと感じている人は、どうすればいいのでしょうか?

同じ成分で値段が安い薬に変えてもらう

薬の中には同じ成分でも薬の会社が違うだけで、安い単価の薬もあります。

医師からのすすめもあるかもしれませんから、しっかりと話を聞いてみると良いかもしれません。

自立支援制度を行う

自立支援制度という国の制度があります。

うつ病の診断書を持って、市役所に申請を出す事で医療費を3分の1にさせることができます。

しっかりと医師の指示に従って薬を飲む

薬を頂いても、医師の指示通り飲まず体調が良いからといって自己判断で薬を辞めてしまう場合があります。

するとうつ病がまた再発して、長期的な治療になる可能性があります。

しっかり医師の指示を聞いて適切な処置を行って下さい。

うつ病の薬代が高い!短期治療で回復させてしまえば薬代はかからない!


薬物療法の他に精神療法、そして環境庁製をし、心のバランスがうまくとっていきましょう。

とにかく無理をせずに、治療に専念し今抱え込んでいるストレスを全て発散させることが大事です。

自尊心が低い場合は、〜でなければいけないというレッテル張りをやめ、〜でも大丈夫という考え方をすることで前向きな気持ちにもなってくるでしょう。




おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業