うつ病克服で楽しく生きる!

人生を好転させるヒント

うつ病の朝と夜は健常者と全く違う3つのポイント!

calendar

reload

うつ病の朝と夜は健常者と全く違う3つのポイント!

うつ病患者で朝と夜に症状が悪化する人がいます。

朝起きるのがしんどい、夜寝付きが悪いなど様々な症状があると思います。

しかし健常者の人が「そんな誰でもある事だ」と罵倒されてしまう場合があります。

ではうつ病患者と健常者ではなにが違うのでしょうか?




うつ病の朝と夜どんな症状があるの?


うつ病で朝と夜は一体どのような症状があるのでしょうか?

朝のだるさを感じる

寝起きが悪い

朝に脱力感を感じる

夜の寝付きが悪い

夜に不安感や恐怖感が襲ってくる

このような症状が現れます。

一見健常者でも感じる症状なのですが、具体的にうつ病との違いはなんなのでしょうか?


うつ病の朝と夜!健常者との違いは?


うつ病で朝と夜に起こる症状を書いたのですが、健常者との違いがあまり分からないという方もいらっしゃいました。

では具体的にどのようなところが違うのでしょうか?

脱力感の時間

布団から出ようとしてもなかなか、仕事や上司のことを考えると脱力感が湧きます。

健常者の人は自力で立ち上がる事が出来るのですが、うつ病患者になるとなかなか自発的に立ち上がれなくなってしまいます。

脱力感を感じる時間が長く、数週間苦しむ場合があります。

夜眠れない日が多い

健常者も寝付きが悪いときはありますが、うつ病患者になると2日以上寝れない日が続く可能性があります。

また寝ても数時間で目覚めてしまい、疲れがあまりとれない状態が多く続きます。

睡眠薬を使わないとぐっすり眠れることが出来ないのも特徴です。

食事がのどを通らない

うつ病は朝と夜どちらも食事がのどに通らない場合があります。

健常者の場合は朝が少食の人がいますが、夜はきちんと食べる事が出来ています。

うつ病の朝と夜は本当に辛い!健常者も理解も大事!


うつ病で朝と夜の体調不良は、健常者の体感とは全くことなります。

「それはなまけものだ!」

と感じる健常者の方は少し見方を変えてみることをお勧めします。

うつ病患者は、朝と夜に感じる脱力感が継続的に続くため、さらにやる気をなくしてしまい負のスパイラルに襲われてしまう状態になってしまうのです。

もちろん健常者の方の言葉がけも大事になってきますので、気をつける必要があります。

本来うつ病は怠け者がなる病気ではなく、頑張り屋さんで責任感が強い人がなる病気です。

なりたくてこうなってしまったわけではないことを念頭においてください。




うつ病克服ガイドラインーうつ病とは

うつ病でイライラ対処する非常識な3つの方法!

うつ病になりやすい4つの特徴とは!?


うつ病克服ガイドラインー治療方法の悩み

うつ病で食事が辛い!!食事療法で改善したい!!

うつ病で考え方を変えたい!認知行動療法が最適!

うつ病は運動で悪化!?やりすぎ危険!!正しい運動療法とは!?

うつ病克服ガイドラインーお薬の悩み

うつ病の薬で性格は変わるの!合わない薬は危険?

うつ病の薬代が高い!安くする方法はないの?

うつ病の薬を服用中にアルコールは危険?飲んではいけないの?

うつ病克服ガイドラインー周りの人の悩み

うつ病で家族もしんどいは危険?患者との接し方を間違えてませんか?

うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛してるよは心の支え!!

うつ病の接し方で禁句は?妻にかける言葉とは?

うつ病の友達がめんどくさい!3パターンの対応の仕方!

うつ病克服ガイドラインー仕事の悩み

うつ病で職場復帰は逆に迷惑なのか!?1日でも早く仕事をしたい!!

うつ病で仕事のミスが多くなる!4つの見分け方とは?

うつ病からリワークプログラムで職場復帰!症状の波を改善し再発防止!

うつ病で休職!給料に頼らず非常識に生きる方法!


うつ病克服ガイドラインー病院の悩み

うつ病の診断が嘘!?治療に振り回されない為に!!

うつ病で病院に行かないのは危険!?安心して病院受診しよう!!

うつ病と双極性障害の見極めは困難!?誤診で悪化する可能性がある!?

うつ病で病院行きたくない!仮病の可能性は?

オススメ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す