宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で病院に行かないのは危険!?安心して病院受診しよう!!

calendar

reload

うつ病で病院に行かないのは危険!?安心して病院受診しよう!!

うつ病で病院に行かないという行動をとっているのは危険です。

自分自身が精神病と認めたくない気持ちはよく分かります。

しかしその考え方は病気を悪化させてしまう可能性が大いにあります。

そういった傾向がある人はライフスタイルにも影響が出てしまう可能性があります。

病院に行かない頑固になってしまっている人はこのまま記事を読み進めてください。




うつ病で病院に行かないとどうなってしまうのか!?


私もうつ病になり病院に行かなかったのです。

メンタルに不調を感じていたのですが、仕事中にも落ち込みがひどくなったり、集中力や意欲が損なわれていることが多くなりました。

次第に業務上のミスが増え、仕事をこなすスピードも低下してきました。

この時に病院に行かないという選択をとってしまったのが選択ミスでした。

頑張り屋さんほど危険なんです。

朝には頭痛や腹痛が起こり、だんだん出社をすることすら困難になっていきます。

仕事が休みがちになり、気付いた頃には出社すらままならぬ状態になっている場合もあるのです。



うつ病で病院に行かないのは危険!?


うつ病で病院に行かないのは症状をさらに悪化させてしまう可能性が高まります。

精神疾患も早期発見、早期治療をすることで完治期間がとても短くなります。

病院に行かないでそのままの状態にしておくと、日常生活に支障をきたす恐れや長期間病に苦しむ場合があります。

実際にメンタルの不調により会社を欠勤したり休職しなければいけない状態になってしまっている人が6割を超えている事が分かっております。

規模が大きい会社レベルになると全体の9割の人がいると言われております。

日常生活に支障が出る前に病院に行かないと決めている人でも、行く準備はしたほうがよいです。

うつ病を治したいなら病院は怖くない事を知る!!


病院に行かない理由として精神病院が怖いというケースもあることでしょう。

精神安定剤が怖い

依存のリスク、おかしくなってしまうんじゃないかという思い。

確かに薬物治療を行えば必ず治るという保証はあります。

薬にも合う合わないがあります。

しかし何か行動を起こさなければ治るものも治りにくくなってしまう可能性があるのは事実です。

新しいお薬の開発も出来ているので、副作用が少ないものや、様々な用途に合わせた安定剤が出てます。

精神科に行くのが恥ずかしい

精神科に行くことが恥ずかしいという気持ちが分かりますが、今はうつ病という病の認知度も増えています。

精神疾患に対する理解度はどんどん広まっており、会社も休業制度を取り入れているところが多いほどです。

今は恥ずかしいという感情は捨て、自分の病気としっかり向き合うことが大切です。

うつ病は病院でしっかりとした治療を受ければ完治出来るという事をしっかりと念頭において下さいね。




おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業