宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病ですぐ疲れる!頑張りすぎる人がなる病気!

calendar

reload

うつ病ですぐ疲れる!頑張りすぎる人がなる病気!

うつ病ですぐ疲れるという方がいるのですが、うつ病は頑張り過ぎる人がなる病気なのです!

孤独と絶望を感じやすいくすぐ疲れるというイメージがあるかもしれませんが、実際は心のコントロールが全く出来なくなってしまっているのです。

うつ病がすぐ疲れる理由はなぜなのか?

なぜ頑張りすぎてしまうのか?

楽な生き方を知りたい方はそのまま記事をお読みください!

うつ病ですぐ疲れる!無理して頑張りすぎないで!


うつ病ですぐ疲れてしまう原因はなんなのでしょうか?

無理して頑張りすぎてしまう

うつ病ですぐ疲れてしまう人の特徴として、無理して頑張りやすい性格があります。

常に誰かに認められたいという欲求や、責任感が強い性格の為、これくらい出来なければいけないという感覚になってしまう可能性があります。

そのような思考の癖が、すぐ疲れる原因になってしまいます。

頑張れのプレッシャーに負ける

うつ病患者にむけて一番禁句な「頑張れ」をかけてしまいプレッシャーに感じてしまう方がいます。

患者はすでに頑張っている状態なのに、さらに頑張れといわれどうすればいいか困惑してしまうでしょう。

これ以上どう頑張ればいいのか分からず、深く考えすぎてしまいすぐ疲れる原因になってしまう恐れがあります。

自分を追い込みやすい

〜しなければならない、〜することは当たりまえ。というレッテル張りをする癖が染み付いてます。

それにより出来てない自分がおかしいという感覚に落ち入り、自分を常に追い込み緊張状態にあったり、ストレスを抱え込んでいることになりやすいのでしょう、

その結果すぐ疲れてしまうことになってしまうのでしょう!

うつ病ですぐ疲れる!周りの人は頑張れという言葉は使わない!


うつ病ですぐ疲れる場合どうすればいいのか?

上記のようにうつ病になりやすいタイプは常に頑張ってしまう人達が多いのです。

ですから、「適当」という言葉一番嫌いなのです。

だからこそうつ病の人に、頑張れという言葉は禁句なのです。

頑張れという言葉はさらに深く落ちこんでしまう恐れがあります。

一生懸命頑張ったのに「できない自分がいる」というふうに自分で自分をせめてしまいがちなのです。

自分を責めれば責めるほど、深刻な自体を引き起こしてしまうのです。

だからこそ周囲の人間の「頑張れ」という言葉が危険なのです!

うつ病ですぐ疲れる!自分自身で追い込まないで!


うつ病ですぐ疲れる人は、自分自身を追い込んだり、周りに影響されやすかったりします。

無理して頑張るから強い負担がかかります。


「そんな日もある」

「出来る事をやろう」

「いつも体調が悪い訳ではない」

「うつ病になってこんなに学べた事があった」

「むしろなったおかげで今の自分がある」

うつ病患者も楽観的思考をもつ必要性があります。

もちろんいきなりは難しいと思いますので、少しづつ少しづつ前向きな思考になれるように訓練していきましょう。

思考の癖が変われば行動も、病気に対する向き合い方も変わってきます。

始めは薬の力を借りながら徐々にチャレンジしていき、小さな達成を沢山積み重ねることで大きな達成が待っています。

うつ病ですぐ疲れると言う人は、気持ちの整理をしてみるといいかもしれません。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業