宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病でアルコールをやめられないのは危険!どうすればいいの?

calendar

reload

うつ病でアルコールをやめられないのは危険!どうすればいいの?

うつ病でアルコールをやめられないという方がいます!

アルコールとうつ病は非常に相性が悪く、できればやめたほうがいいのです。

一体どうしてでしょうか?

現在うつ病でアルコールを摂取している方がいましたらこのまま記事を読み進めてください。

うつ病でアルコールをやめられないのは危険!なぜよくないのか?



うつ病でアルコールはあまりよくないのですが、どのような点が良くないのでしょうか?

薬の効果を悪くする

アルコールは抗うつ剤の効果を強くしたり、弱くしたりする恐れがあります。

それにより体調を崩しやすくなる可能性があります。

薬の副作用を強くする

薬の副作用で、目眩や集中力の低下、吐き気などが強く出る可能性があります。

お酒の依存になりやすい

お酒を飲む事が癖になりアルコール依存になる確立があがります。

うつ病でアルコールをやめられないのは危険!どうすればいいのか?



うつ病でアルコールがやめれないという方はどうすればいいのでしょうか?

ノンアルコールにする

ノンアルコールを飲むことで、少しでもお酒を飲んだ気になれる可能性があります。

ガムやアメを代用する

アルコールの変わりに、ガムやアメなどを代用するとよいでしょう!

ガムやアメを口の中に入れるだけで意識をそらす効果が期待されます。

アルコールをきっぱりやめる

アルコールをやめられるのであれば、きっぱりやめることをオススメします。

普段あまり飲まない方や、やめれる方は飲まない事が早期回復への近道になります。

とくに薬を服用中の時はなおさらです。

うつ病でアルコールをやめられないのは危険!我慢するなら飲んだ方が良い?



うつ病でアルコールがやめれないという方がいますが、今までずっと飲んでいた場合は飲まない行為は非常に辛い事でしょう。

うつ病でお酒を飲んだら、生死に関わるというわけではありません。

我慢することでストレスに感じてしまうようであれば、少量なら大丈夫だと私は思います。

もちろん医師との相談が必要です。

薬を飲んでから数時間あける

薬を飲んでから最低でも4時間から5時間はあける

飲む量を少なくする

飲む量を少なくし、350mlくらいの缶にする

毎日晩酌は控える

毎日飲むのではなく、期間をあけて飲む

上記のことは最低限守りましょう。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業