宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で助けて欲しい!不安を受け流す力をつけよう!

calendar

reload

うつ病で助けて欲しい!不安を受け流す力をつけよう!

うつ病で助けて欲しいと悩んでいる人はどうしたらいいのでしょうか?

精神患者の特徴の一つとして起きてもないことを気にしすぎてしまう恐れがあります。

確かに将来の不安や、今後どうしていいか分からないことが沢山あります。

ではどのような心構えをしていけば、不安が消えていくことが出来るのでしょうか?

うつ病で助けて欲しい!不安はどうして起こるのか?



うつ病で助けて欲しいと思っている人がいると思うのですが、不安はどうして起こるのでしょうか?

不安は、無知から起こる場合があります。

どうなるんだろう…大丈夫なのか…

と不安な気持ちが沸き上がってくるのですが、将来のことや亡くなったあとのことは誰も分かりません。

それよりも、どうして自分は不安になるかを考えるほうがいいのではないでしょうか?

うつ病の治し方が分からない

将来仕事につけるか分からない

結婚出来るか分からない

こうして突き詰めていくことで、なんらかの対処ができるものがあることでしょう。

将来の不安を感じ、なにか手を打たないといけないという感情はとても大切です。

しかし、まだ分からない未来に対していつまでも考えすぎてしまうのはストレスになりやすいのです。

うつ病で助けて欲しい!大切な時間を不安にとらわれすぎるのはもったいない!



うつ病で助けて欲しいという人の原因は、まだ起きてもないことに対して考えすぎてしまうという事が分かりました。

ではどうすればいいのでしょうか?

占いなどは気にしない

自分の運命を占いなどにゆだねている人はいませんか?

不安で分からないことだからこそ、面白い事も沢山あります。

占いに行ってみるのもいいのですが、運命は自分で切り開くものです。

今年は大殺界だからダメだ!今年は厄年だからダメだ!

と勝手に決めつけ自ら不安を作る必要はありません。

自分と向き合う時間を作る

普段インターネットや映画やテレビなどから様々な情報に触れています。

今は簡単に情報が手に入る時代です。

人は様々なものにふれることにより、他人と比較してしまったり、あれこれ欲しいという欲求が増してしまいます。

ですのでそういった情報に一切ふれず、自分と向き合い今ある幸せに気付く事が必要だと思います。

ないものねだりより、あるもの掘り出しの思考の癖をつけていくと自然と不安が消えていく事でしょう。

今出来る事をやる

今出来ないことをやろうとするから不安になってしまうのです。

だからこそ今出来る事をひたすらやるのです。

そうすることで、今出来ないことでも出来るようになったりするのです。


うつ病で助けて欲しい!どんな自分も好きになると良い!



うつ病で助けて欲しいという人の不安の解消法は分かりました。

それでもまだまだうまく心のコントロールが出来ない場合は、医師の診断をもう一度受けるといいでしょう。

しかし医師は薬の処方をしてくれるのですが、最終的には自分自身でうつ病と向き合わないといけない場合があります。

そのままの自分を受け入れ、好きになることが必要なのです。

自分のことが認められるようになると、徐々に自己愛が向上してきます。

そして自己愛が満たされていくと、余裕が出てきて周りの人にも幸福を与えてあげることが出来るようになります。

自分を愛したように、人を愛する事で、人や物やお金が集まってきます。

その時に大事なのが見返りを求めない事です。

欲しいと思うから逃げてしまう法則に気付きましょう!!

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業