宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病でこころとからだが休まらない!どうすればいいの?

calendar

reload

うつ病でこころとからだが休まらない!どうすればいいの?

うつ病でこころとからがが休まらない人は、自分を信じることが必要なのです。

現在うつ病を発症し、社会的不安や、なんの為に生きているか分からない、生きづらい世の中だと思っていると感じているとしたらこのまま記事を読み進めて下さい。

うつ病でこころとからだが休まらない!もう生きるのがつらい!


うつ病でこころとからだが疲れてしまっている人は沢山いることでしょう。

「これから社会復帰できるか?」

「安定した収入を確保できるのか?」

「両親の介護の心配」

「夢や希望が見当たらない」

このような心配事がうつ病になると、健常者より強く感じてしまいがちになると思います。

しかし未来や周囲のことをあまりにも深く考えすぎてしまうと、不安が強くなってしまいます。

まずは、自分自身に目をむけてみる事をオススメします。

うつ病でこころとからだが休まらない!周りに合わせすぎていませんか?


うつ病でこころとからだが休まらないという場合は、周りに合わせすぎて生きていませんか?

心の情報をもっと活用することで、今の自分の気持ちに気付いてあげることが出来ます。

なんだか居心地の悪さを感じているいる人は、自分の思考としていることが一致していない場合があります。

だから居心地の悪さを感じてしまうのでしょう。

その原因となっているのが周りと合わるという行為です。

日本人は特にそうなのですが、周りに合わせないといけない風潮が他の国に比べると特に強いです。

うつ病でこころとからだが休まらない!やりたくない気持ちに気付く!


こころとからだを休ませるには、やりたくない気持ちに気付くことがもっとも早く解決する方法に近いです。

就職活動、結婚活動、身体能力の差など他人と比較する癖がある場合があります。

もし、周りにこうした方がいいと言われても、自分の感情でおかしいなと思ったらその感情に従った方が良い場合があります。

みんながするから当たり前の考えから解放されると、あなたの能力は格段に上がり、うつ病の症状も非常に回復していく可能性があります。

もっともっと自分を感じ、その感情に素直に従うのです。

辛いときは辛いと言いましょう。

泣きたい時は素直に泣きましょう。

嫌なことがあったら逃げてもいい時もあります。

自分に素直になることで、こころとからだがとても休まり、うまくいく近道が力を抜いた時に、突然やってきたりするものです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業