宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病でタバコとコーヒーは危険!嗜好品に潜む罠とは?

calendar

reload

うつ病でタバコとコーヒーは危険!嗜好品に潜む罠とは?

うつ病でタバコやコーヒーを飲んでいる人はいるでしょうか?

もしそうであれば、うつ病を悪化させてしまう原因になってしまう恐れがあります!!

嗜好品に潜む罠とはどんなことがあるのでしょうか?

うつ病でタバコとコーヒーは危険!嗜好品とはどのようなものなのか?


うつ病でタバコとコーヒーは危険なのです。

タバコもコーヒーも嗜好品の分類に入るのですが、嗜好品とはどのようなものを言うのでしょうか?

栄養分として直接必要ではないが,人間の味覚,触覚,嗅覚,視覚などに快感を与える食料,飲料の総称。茶,コーヒー,たばこ,酒,漬物,清涼飲料,氷などがこれで,有機酸,カフェイン,タンニン酸,コカイン,アルコール,苦味物質,揮発油成分を含むものが多い。広い意味では菓子類も含む。

上記のものを嗜好品と定義します。

では嗜好品の中でタバコとコーヒーはどのような悪影響をうつ病患者に与えてしまうのでしょうか?

うつ病でタバコとコーヒーは危険!体に及ぼす悪影響!


うつ病でタバコとコーヒーが悪影響な理由は以下の点になります。

寝付きが悪くなる

コーヒーの成分には脳を興奮させる作用があり、タバコも吸わないと落ち着かない依存性があります。

うつ病はただでさえ眠れなくなってしまいます。

ですので眠れない症状をさらに悪化させてしまい休養がなかなかうまく出来なくなってしまう恐れがあります。

気分が落ち込みやすくなる

特にタバコは吸う事で脳からドーパミンがでやすく、それが切れると気分が落ち込みやすくなってしまうのです。

落ち込みやすくなる症状があるうつ病には、さらに強い気分の落ち込みを感じる事でしょう!

依存性がある

タバコもコーヒーも依存性があります。

それがないと気分が落ち着かないという状態になってしまうとストレスが溜まりやすく、うつ病の症状を悪化させてしまう恐れがあります。

うつ病でタバコとコーヒーは危険!解決方法は?


うつ病でタバコとコーヒーはあまり良くない事は分かりました。

しかし今までタバコとコーヒーを飲んでいた人がいきなり辞めるということは難しい事だと思います。

タバコとコーヒーを飲んだらうつ病患者が亡くなるということはありません。

タバコを吸わなかったり、コーヒーを飲まない方がもちろんいいのですが、吸わなかったり、飲まなかったりすることで極度のストレスを感じるようであれば、医師に相談して限度を守った程度なら良いと思います。

コーヒーだったら1日1杯程度

適度なカフェイン量は頭の回転を早くしたり、行動的になったりする効果もあります。

タバコだったら1日1本程度

体に悪いとされているタバコですが、息を吸って吐くという行動は、ストレス発散にも良いと言われております。

最初は難しいかもしれませんが、徐々に減らしていく方向の方がいいと思います。

タバコがやめられない人は禁煙の本や禁煙外来などを受けてみるといいでしょう。

コーヒーを飲み過ぎる人は、水などで代用するとよいでしょう。

また口元が寂しくなったらガムやアメなどを食べてみると、意識をそらすことが出来ます!!

少しでもあなたのうつ病の状態が良くなる事を願っております。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業