宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病の希死念慮を薬を使わず治す方法!

calendar

reload

うつ病の希死念慮を薬を使わず治す方法!

うつ病を発病すると希死念慮という症状に教われるどうしても薬を使いたくなってしまう時があります。

薬を使ってもよいのですが、それだけでは希死念慮を一時的に押されることが出来ますが、再び嫌なことが起こってしまうとまたその感情が増幅してしまう恐れがあります。

うつ病の希死念慮を薬を使わず治したい!そもそも希死念慮ってどんな症状?


うつ病が進行していくと希死念慮と呼ばれる症状が出てきます。

希死念慮とは一体どのような症状なのでしょうか?

うつ病をはじめとした精神疾患は治療に時間がかかる事があります。

そしてその経過中でもっとも生じさせてはいけないのが、患者さんが自ら命を断ってしまう事です。

自らの命を立ってしまいたくなる感情の事を希死念慮と呼びます。

うつ病で一番見逃してはいけない症状で希死念慮は早期に発見しその感情が増幅する前にしっかり抑えましょう。

うつ病の希死念慮を薬を使わずしたい!死にたいの裏側!


希死念慮の正体は実は「生きたいけど辛い」ということなのです。

誰しもが生命を維持したいという願望をもっております。

しかし、苦悩や苦痛がずっと続くと人間は「辛い」という感情がどんどん増幅していき「死にたい」という形に変わってしまいます。

実際ほとんどの問題は解決できる可能性があるのに、「死」という選択肢をとることが一番簡単だと考えてしまうのです。

医師から気分を安定させるお薬はもらうことが出来るのですが、一時的にその感情が治まったとしても、考え方が変わらなければずっと薬に頼りっぱなしになってしまう可能性が高いです。

薬に頼りっぱなしということが決していけないわけではありません。

今の新薬のおかげで多くの人が社会復帰を果たし、前向きに歩きだしてます。

しかし回復した人達の共通点が、考え方を大幅に変える事が出来たということなのです。

うつ病の希死念慮を薬を使わず治す方法があるの?


さきほども書きましたが薬を使うことがいけないわけではありません。

しかし薬を使いながら徐々に考え方を変えていく必要があるのです。

具体的にはどうしていけばいいのでしょうか?

人間関係を絶たない

希死念慮が強くなってくると、人間関係を絶たせてしまいがちになってしまうのですが、そんなときこそ人と関わる事はとても大事なのです。

コミュニケーションを取る事で、自分のストレスを発散しやすく、溜め込まないようにすることが出来るのです。

信頼出来る人がいないという方も、医師にはその症状をしっかり伝えたり、よって来てくれる人を大切にしましょう。

自傷行為をしない為に

希死念慮が沸き出すと自傷行為をしてしまう恐れがあります。

自傷行為をしない為にこそやってはいけない行動がこちら

・アルコールの過剰摂取
・薬の過剰摂取
・拒食に過食

上記行動で自分の体に傷を付ける行動をやめましょう。

希死念慮がある時ほど、やりがちなのですが適度な量をしっかりと守りましょう。

入院も視野にいれる

最悪の場合は入院も視野にいれましょう。

入院することで、希死念慮を軽減させる為の様々なプログラムが用意されています。

自己判断に頼らず専門家の意見もしっかりと聞き入れましょう。

熱中出来る趣味を見つける

希死念慮が起こる原因として、辛いことが頻繁に続く時がほとんです。

ですので熱中できる趣味を見つける事で気をそらす事が出来るのです。

些細な事でもいいのです。

元気な頃にやっていた趣味や、以前からやってみたかった事にこれを機会に熱中してみるといいでしょう!

知識をつける

不安という感情は「無知」から来ている場合が多いのです。

もし辛い出来事があって案外簡単にその不安を解消できる方法があったら気持ちの部分で楽になると思います。

その解決方法がずっと見当たらないからこそずっと希死念慮が沸き上がってしまうのでしょう。

少しでも知識がつき、考え方が変わってくれたら嬉しいです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業