うつ病克服で楽しく生きる!

人生を好転させるヒント

うつ病を克服した有名人は多い!うつな人ほど本当に強い人!

calendar

うつ病を克服した有名人を知っているでしょうか?

どこからどう見ても元気そうなあの有名人も過去にうつ病になってしまい、苦しい思いをした人が沢山います。

現在のストレス社会では、成人の15人に1人がうつを経験していると言われています。

そして自殺者も年々増えていき年間に3万人を超えてくるようになってきました。

様々なストレスが満ちあふれるこの世の中でうつ病になってもおかしくない人達が増えてきました!

うつ病とは弱い人がかかる病気という偏見もあるのが現状です。

しかし私はうつな人ほど本当に強い人と胸を張って言う事ができます。

現在うつ病を抱えている人はこの記事を読んで少しでも自分に自信を持ってくれたら幸いです!!

うつ病を克服した有名人は多い!うつにかかりやすい人はこんな人!


うつ病を克服して今現在活躍している有名人や、現在うつ病で苦しんでいる人はどんな人なのでしょうか?

真面目

繊細

責任感がある

妥協しない

こうした特徴を備えております。

うつ病は弱い人間や甘えている人がなるものだという偏見を持っている人は一度その考え方をリセットして頂けたら幸いです。

患者も周りから沢山辛い言葉を浴びさせられると思いますが、自信を持って下さい。

このような性格をしている方は、成功条件に当てはまっている人達が多いのです。

うつ病を克服した有名人は多い!どんな方がうつ病だったの?


うつ病を克服した有名人はどんな人がいるのでしょうか?

・レディーガガさん

・岡村隆史さん

‘ユースケ・サンタマリアさん

‘アンジェリーナ・ジョリーさん

‘ブラッド・ピットさん

など様々な有名人がなっております。

現在活躍ている有名人も多く、決して過去にうつ病にかかっていたとは思えないくらいですよね。

私自身もそうでしたが、うつはつらいけど、これらの症状を通して「沢山の価値を」得られる事や大きく考え方を変える事が出来る事を知ってもらいたいのです。

心が休まらないと感じているうつ病患者さんも、現在活躍している有名人もうつ病を復帰をして本当の強さを手に入れて戻ってきているのです。

うつ病を克服した有名人は多い!本当の強さを手に入れるとは?!


うつ病を克服した有名人も本当の強さを手に入れる事が出来ています。

どんな困難な壁に当たっても乗り越えられる自信がつく

うつ病という辛い病を自分自身で乗り越える事が出来たという自信から、どんな壁にぶつかっても大丈夫という思考になるのです。

人に優しく出来るようになる

自らが辛い体験をすることで、人に対して優しく接する事が出来るようになるのです。

自分を大切に出来るようになる

頑張りすぎてうつ病になった経験から、自分の限界値を理解することができます。

休養をとることを覚えれたり、断る時ははっきりと断ることが出来るのです!

自分自身を大切に出来きることで自己愛が上がり、人に優しくすることも出来ます!

そして、自分自信に打ち勝つ力を身につける事で本当の強さを手に入れる事が出来るのです。

うつ病克服ガイドラインーうつ病とは

うつ病でイライラ対処する非常識な3つの方法!

うつ病になりやすい4つの特徴とは!?


うつ病克服ガイドラインー治療方法の悩み

うつ病で食事が辛い!!食事療法で改善したい!!

うつ病で考え方を変えたい!認知行動療法が最適!

うつ病は運動で悪化!?やりすぎ危険!!正しい運動療法とは!?

うつ病克服ガイドラインーお薬の悩み

うつ病の薬で性格は変わるの!合わない薬は危険?

うつ病の薬代が高い!安くする方法はないの?

うつ病の薬を服用中にアルコールは危険?飲んではいけないの?

うつ病克服ガイドラインー周りの人の悩み

うつ病で家族もしんどいは危険?患者との接し方を間違えてませんか?

うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛してるよは心の支え!!

うつ病の接し方で禁句は?妻にかける言葉とは?

うつ病の友達がめんどくさい!3パターンの対応の仕方!

うつ病克服ガイドラインー仕事の悩み

うつ病で職場復帰は逆に迷惑なのか!?1日でも早く仕事をしたい!!

うつ病で仕事のミスが多くなる!4つの見分け方とは?

うつ病からリワークプログラムで職場復帰!症状の波を改善し再発防止!

うつ病で休職!給料に頼らず非常識に生きる方法!


うつ病克服ガイドラインー病院の悩み

うつ病の診断が嘘!?治療に振り回されない為に!!

うつ病で病院に行かないのは危険!?安心して病院受診しよう!!

うつ病と双極性障害の見極めは困難!?誤診で悪化する可能性がある!?

うつ病で病院行きたくない!仮病の可能性は?

オススメ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す