うつ病克服で楽しく生きる!

人生を好転させるヒント

うつ病は脳の病気!気の持ちようでは治らない事を知ろう!

calendar

reload

うつ病は脳の病気!気の持ちようでは治らない事を知ろう!

うつ病は脳の病気という事をご存知でしょうか?

「気の持ちようだよ」

「甘えだよ」

「ネガティブな人」

と勝手にレッテルをつけてしまうのは辞めましょう。

これだけうつ病という言葉が認知されてきたのですが、まだ理解に乏しい人がいるのも事実です。

患者自信も、自分がネガティブなダメな人間と思わないようにしっかりとうつ病に関する知識をつけましょう。

そして周りにいる人も、うつ病は気の持ちようではなく脳の病気だということを理解しましょう。

うつ病は脳の病気!増え続ける精神病患者!


ストレス社会と呼ばれる現代社会!

学校や職場、または家庭で大きな負担を抱えている人も沢山いることでしょう。

精神患者と呼ばれる人は、ここ数年で大きく増えました。

100人に1人がなる病気で、もはや他人事ではなくなってきていることも事実なのです。

うつ病は脳の病気!憂うつな気分が数週間続いたら危険信号!


うつ病は脳の病気なのですが、憂うつになる時は健康な人でもあります。

では健康な憂うつ状態と、うつ病の憂うつ状態はどんなことが違うのでしょうか?

憂うつになってくると食事が喉を通らない、睡眠がなかなか取れない、意識がもうろうとするような症状が現れます。

私は憂うつな状態が数週間続くようであれば精神科の受診を受けてみる事をオススメします。

うつ病は脳の病気!気の持ちようと言われるのが辛い!


うつ病の事をあまり理解していな人は、患者に対して気の持ちようという方もいるでしょう。

しかしうつ病は脳の病気なのです。

脳の誤作動が原因で、気の持ちようだけではどうにもすることが出来なくなってしまうのです。

うつ病では、何らかの原因で神経の細胞と細胞の間にあるセロトニンとノルアドレナリンの量が減って、情報がうまく伝わらないために、さまざまな症状があらわれると考えられています。

うつ病患者と健常者の脳内神経の流れの違いを見れば歴然です。

うつ病は脳の病気!薬物治療で治る時代!


患者の中では脳の病気と理解していたとしても、もう二度と治る事が出来ないのではないかと不安に思う方もいることでしょう。

医療技術の進歩により、うつ病は薬物治療で治る事ができます。

脳内の神経伝達物質を強める抗うつ剤をしようすることで、不安や緊張を和らげる効果があるのです。

ですから安心して治療に望んでください。

治療最中に、うつ病のことを理解できない人から様々なことを言われるかもしれません。

しかしそれにめげず、自分は病気だからしょうがないと受け入れたり、自己否定を繰り返すのはやめましょう!

うつ病克服ガイドラインーうつ病とは

うつ病でイライラ対処する非常識な3つの方法!

うつ病になりやすい4つの特徴とは!?


うつ病克服ガイドラインー治療方法の悩み

うつ病で食事が辛い!!食事療法で改善したい!!

うつ病で考え方を変えたい!認知行動療法が最適!

うつ病は運動で悪化!?やりすぎ危険!!正しい運動療法とは!?

うつ病克服ガイドラインーお薬の悩み

うつ病の薬で性格は変わるの!合わない薬は危険?

うつ病の薬代が高い!安くする方法はないの?

うつ病の薬を服用中にアルコールは危険?飲んではいけないの?

うつ病克服ガイドラインー周りの人の悩み

うつ病で家族もしんどいは危険?患者との接し方を間違えてませんか?

うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛してるよは心の支え!!

うつ病の接し方で禁句は?妻にかける言葉とは?

うつ病の友達がめんどくさい!3パターンの対応の仕方!

うつ病克服ガイドラインー仕事の悩み

うつ病で職場復帰は逆に迷惑なのか!?1日でも早く仕事をしたい!!

うつ病で仕事のミスが多くなる!4つの見分け方とは?

うつ病からリワークプログラムで職場復帰!症状の波を改善し再発防止!

うつ病で休職!給料に頼らず非常識に生きる方法!


うつ病克服ガイドラインー病院の悩み

うつ病の診断が嘘!?治療に振り回されない為に!!

うつ病で病院に行かないのは危険!?安心して病院受診しよう!!

うつ病と双極性障害の見極めは困難!?誤診で悪化する可能性がある!?

うつ病で病院行きたくない!仮病の可能性は?

オススメ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す