宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病は脳の病気!気の持ちようでは治らない事を知ろう!

calendar

reload

うつ病は脳の病気!気の持ちようでは治らない事を知ろう!

うつ病は脳の病気という事をご存知でしょうか?

「気の持ちようだよ」

「甘えだよ」

「ネガティブな人」

と勝手にレッテルをつけてしまうのは辞めましょう。

これだけうつ病という言葉が認知されてきたのですが、まだ理解に乏しい人がいるのも事実です。

患者自信も、自分がネガティブなダメな人間と思わないようにしっかりとうつ病に関する知識をつけましょう。

そして周りにいる人も、うつ病は気の持ちようではなく脳の病気だということを理解しましょう。

うつ病は脳の病気!増え続ける精神病患者!


ストレス社会と呼ばれる現代社会!

学校や職場、または家庭で大きな負担を抱えている人も沢山いることでしょう。

精神患者と呼ばれる人は、ここ数年で大きく増えました。

100人に1人がなる病気で、もはや他人事ではなくなってきていることも事実なのです。

うつ病は脳の病気!憂うつな気分が数週間続いたら危険信号!


うつ病は脳の病気なのですが、憂うつになる時は健康な人でもあります。

では健康な憂うつ状態と、うつ病の憂うつ状態はどんなことが違うのでしょうか?

憂うつになってくると食事が喉を通らない、睡眠がなかなか取れない、意識がもうろうとするような症状が現れます。

私は憂うつな状態が数週間続くようであれば精神科の受診を受けてみる事をオススメします。

うつ病は脳の病気!気の持ちようと言われるのが辛い!


うつ病の事をあまり理解していな人は、患者に対して気の持ちようという方もいるでしょう。

しかしうつ病は脳の病気なのです。

脳の誤作動が原因で、気の持ちようだけではどうにもすることが出来なくなってしまうのです。

うつ病では、何らかの原因で神経の細胞と細胞の間にあるセロトニンとノルアドレナリンの量が減って、情報がうまく伝わらないために、さまざまな症状があらわれると考えられています。

うつ病患者と健常者の脳内神経の流れの違いを見れば歴然です。

うつ病は脳の病気!薬物治療で治る時代!


患者の中では脳の病気と理解していたとしても、もう二度と治る事が出来ないのではないかと不安に思う方もいることでしょう。

医療技術の進歩により、うつ病は薬物治療で治る事ができます。

脳内の神経伝達物質を強める抗うつ剤をしようすることで、不安や緊張を和らげる効果があるのです。

ですから安心して治療に望んでください。

治療最中に、うつ病のことを理解できない人から様々なことを言われるかもしれません。

しかしそれにめげず、自分は病気だからしょうがないと受け入れたり、自己否定を繰り返すのはやめましょう!

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業