宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病は疲れたら休むが鉄則!しっかり寝ても疲れがとれない人はどうすれば!

calendar

うつ病は疲れた休むが鉄則なのですが、休みたくても日々疲れが溜まってしまう人がいます。

私が推薦する一番も休養方法が睡眠です。

しかししっかり寝ても疲れがとれないという方がいます!

睡眠は体を休める効果だけでなく、病気の予防であったり、廊下の防止だったり、様々な効果があります。

うつ病は疲れたら休むが鉄則!睡眠は心を綺麗に保つ最上級の休養方法!


うつ病は疲れたら休むのが鉄則です。

その一番よい方法として私は睡眠を推奨しております。

睡眠はただ取ればいいのではなく、質も大事になってきます。

質が落ちた睡眠をとっても体がしっかりと休養がとれません。

ではどうすれば良質な睡眠がとれるようになるのでしょうか?

うつ病は疲れたら休むが鉄則!睡眠の質をあげるには?


体を休ませる為に、睡眠の質をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?

呼吸法をマスターし深い眠りに入る

寝る前に大きな深呼吸をすることをオススメします。

まずは鼻から大きく息を吸って、遠くにあるろうそくの火を消すようなイメージで細くゆっくり吐いていきます。

これを数回繰り返すだけで、リラックス効果が高まります。

寝過ぎは逆効果

理想的な睡眠は、6〜7時間です。

それ以上は逆に体に負担をかけ、疲れがたまってしまう場合があります。

長い時間同じ姿勢でいたりすると、血行不良の原因なったり、疲れによるだるさを感じる事でしょう。

テレビ、携帯は寝る1時間前

寝る前の1時間前はテレビや、携帯はみない方が良いです。

脳波強い光の刺激を受けてしまうと、交感神経が刺激され、興奮状態に入りやすくなります。

昼寝の効果は抜群

昼寝を10分から15分取るだけでも短い時間でぐっと疲れがとれますので効果的です。

うつ病は疲れたら休むが鉄則!そもそも眠る事が難しいという方!


うつ病は疲れたら休むが鉄則であることは十分理解出来たと思います。

そしてその最適な方法として、睡眠が大事だということも分かりました。

しかしそもそも眠ることが出来ないという人はどうすればいいのでしょうか?

その場合は、医師に相談し睡眠薬を頂いたり、軽い運動をして体を動かしてみることもよいでしょう。

また「寝なければいけない」という強迫概念に襲われている人の場合、人間寝なくても眠くなったら勝手に眠くなるという意識をもっておくことで気持ちが楽になります。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業