宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で不安感が強い!メンタルをコントロールする3つの考え方!

calendar

うつ病で不安感が強いと訴える患者がいます。

ストレスフリーの生活を送るにはどうすればいいのでしょうか?

毎日、うつ病との不安感を感じながら、仕事の事を考えてしまったり、勉強の事を考えてしまったり、育児のことを考えてしまったり、最近あまり良い事が起こらないと感じている人はいませんか?

このような不安感が強いメンタル状態をコントロールするにはどうすればいいのでしょうか?

うつ病で不安感が強い!メンタルがなかなかコントロールが出来ない!


うつ病で不安感が強いのは症状の一つであります。

不安感を感じる場面は様々あると思いますが、根本的な原因はストレスによることが多いのです。

ストレスから解放され、不安を取り除き輝かしい日々を送っていくにはどうしたらいいのでしょうか?

今回はメンタルをコントロールする考え方のヒントを紹介していきます。

うつ病で不安感が強い!メンタルをコントロールする3つの考え方!


うつ病で不安感が強いと感じる方はどのようにしてメンタルをコントロールすればいいのでしょうか?

不安が起きてしまうのは当たり前

健康な方でも不安な出来事は起きてしまいます。

いやなことがあっても「なんとかなる」「仕方がない」という気持ちになれれば不安は軽減されていきます。

不安はあなたの価値観のずれからわき起こる可能性があります。

こうしなければ恥ずかしい、この年齢でこれはまずい、こんな常識もないなんて…

このような自分で自分を苦しめていませんか?

不安感のある自分を責めずに、その中でも解決方法はいくらでもあることを知ってください!

不安は長くは続かない

不安の感情はずっと続きません。

何かに対して不安な出来事があったとしても、その不安は1日、1ヶ月、1年とたっていくと、どんどん薄れていきます。

そしてまるで他人事のようにそんなこともあったねと言える日がくるでしょう。

この不安感は、時間が解決してくれることを知りましょう。

思い通りにいかなかったらむしろそれでよいと思う事が大切

ものごとがうまくいかないことが続くと、不安感が強く増幅していきます。

そんな時、将来の事を考えすぎてしまい不安感やイライラ感が出てしてしまう気持ちも分かります。

もともとうつ病になる為に生まれてきたわけではありません。

世の中思い通りにいかないことが前提だということに気付きましょう。

思い通りにいかないことは「それはそれで良かった」感じることが出来るようになれば、心にゆとりが生まれます。

この心のゆとりが、結果的に思い通りにいってしまう人生を引き寄せてしまうのです。

うつ病で不安感が強い!不安感はあってもよい!


不安感が強いということは本当に悪い感情なのでしょうか?

ポジティブで前向きな人が世間では評価されがちですが、不安という感情はとても大切です。

不安感があったおかげで、危険をさけることが出来たり、下準備が出来たりするのです。

少しぐらい心配性だっていいじゃないかと開き直ることで気持ちが楽になる場合もあります。

親、マスメディア、学校、会社、様々な場所で刷り込まれたあなたの価値観を捨ててしまい本当にやりたいことはなんなのか?

自分に問いかけてみましょう。

何かに夢中になることでも不安感は激減することでしょう。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業