宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病は冷えやすい体の方がなりやすい!血流の流れを良くするには?

calendar

うつ病は冷えやすい体の方がなりやすい場合があります。

とくにその症状を訴える女性が多いです。

男性に比べて、筋肉量が少ない女性の体はとても冷えやすく、冷え性になってしまいがちなのです。

体の冷えとうつ病との関係性も高いので、冷えを感じる方は参考になって頂けたら嬉しいです。

うつ病は患者は冷えやすい体を治す必要がある!体が冷えるとどうなるの?


成人女性の2人に1人が冷え性に悩まされています。

冒頭にも書いたのですが、女性は筋肉量が少ないのにも関わらず脂肪が多く、生理の際に血液と熱を奪われやすいからと言われております。

体が冷えるとどうなってしまうのでしょうか?

免疫力が低下する

血流が悪くなる

疲労回復しにく体になってしまう

このような原因が起こってしまう可能性があります。

どうすればいいのでしょうか?

冷え性の原因はなに?


うつ病患者の症状を悪化させてしまう体の冷えはどのようなことが原因で起こってしまうのでしょうか?

過剰な冷暖房

精神的ストレス

食生活の乱れ

露出の多い服

上記原因に心当たりがある人は、体の冷えを感じる恐れがあります。

どうすれば冷えやすい体を改善させる事ができるのでしょうか?

うつ病患者を苦しめる冷えやすい体を改善する簡単な方法!


冷えやすい体を改善するには様々な方法があります。

どの方法も続けていけるようなものでなければ、長期的効果を感じる事は出来ないでしょう。

うつ病患者の場合はとくにそうなのですが、出来る事と出来なくなってしまった事があるはずです。

体を温める方法として、運動療法というのがあります。

しかしうつ病患者にとって、運動することすら体に負担をかけ逆にストレスになってしまい症状を悪化させてしまう場合があります。

そこで私がオススメするのが、食べ物を使って体を温める方法なのです。

体を温める食材

体を冷やしやすい食べ物ばかり食べていませんか?

体を温める食材を紹介しておきます。

にんじん、りんご、そば、黒砂糖、えび、かぼちゃ、たまねぎ、ショウガ、こちらの食材が体を温めるといわれている代表的な食べ物です。

起きたら温かい白湯を飲む

うつ病患者でも水分摂取はするはずです。

体を内部から温めるもっとも早い方法として、温かい飲み物を飲むという行為です。

とくに朝に飲む白湯は、基礎代謝をあげ、内臓の温度を上昇させることで体調が非常によくなる場合があります。

水分がもっとも失われている朝は、最低でもコップ1杯の白湯を時間をかけてゆっくり飲むとよいでしょう。

カフェインの過剰摂取はNG

お茶や紅茶やコーヒーはカフェインが含まれています。

カフェインは少量であれば、集中力をアップさせる効果があったりするのですが過剰に摂取すると冷えやすい体の原因になってしまいます。

カフェインは利尿作用があり、水分を大量に排出してしまうと、その分体が冷えてしまう恐れもあるのです。

どうしてもお茶が飲みたい場合は、出来る限りカフェインの少ないものを摂取するとよいでしょう!

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業