うつ病は笑顔の練習をするとよい!苦しい時こそ笑顔をつくろう!

未分類
このページにはプロモーションが含まれています

うつ病になってしまうと笑顔になることが少なくなってしまう可能性があります。

普段から眉間にシワを寄せていませんか?

あごに力が入りすぎていませんか?

顔が緊張状態になっていると、交感神経の働きが非常に悪くなってしまうのです。

あなたはちゃんと笑えていますか?

スポンサーリンク

笑顔を普段から意識した生活を!


ふだんから笑顔になることを意識しながら生活をしたことがありますか?

しっかりと口角を上げて笑顔をつくる!

気分が悪い時はどうしても口角が下がり気味です。

普通の人であれば、気分が悪いから口角が下がり落ち込んだ顔になっていると思われがちです。

しかし不機嫌な症状をするからこそ気分が悪くなる可能性があるのです。

ストレス社会なので、イライラしてしまったり、うつ病の症状が苦しい場合もあります。

でもその不機嫌な表情があなたのイライラをさらに加速させているのです。

スポンサーリンク

気分を変える事より、表情を笑顔に変えてみる!


気分を変える為に様々なことをするかと思います。

リフレッシュする為に運動したり、何もやる気が出ない時は全く動かなかったり、趣味に没頭してみたり。

どれも気分を変える為には良い行動かもしれません。

しかし私が体感した中で一番簡単な方法が、表情を変えるということです。

それを習慣化させるだけでも気分が落ち着き、幸福ホルモンがでると言われているのです。

それだけ口角を上げるということは、精神面では非常に効果があります。

だからこそ、苦しい時ほど笑顔を作ってみることが大切なのです。

スポンサーリンク

まとめ


うつ病の患者は笑顔を忘れがちになっている。

気分が落ち込むから笑顔にならないは本当なのか疑ってみる。

本当は不機嫌な表情を常にしているから、気分が落ちこんでしまっている可能性があることを知ることが大事。

口角を上げると、血流がよくなり、呼吸をしっかりできるようになることで体調がよくなります。

気分を上げる方法はたくさんありますが、お金も時間もかからない表情を変えるという手段も取り入れてみたらいかがでしょうか?