宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で寝れないのは危険!徹夜になりがちな人を改善させる4つの方法!

calendar

近年うつ病患者に限らず寝れない人や、徹夜をする人達が急増しています。

それに伴い睡眠に関する書籍も多く出版されています。

みなさんは睡眠のゴールデンタイムを知っているでしょうか?

もし知らない方はこのまま記事を読み進めてください!

うつ病患者も知るべき睡眠のゴールデンタイムとは?


睡眠のゴールデンタイムとは、PM10時からAM2時の時間を指します。

この時間に眠る事で成長ホルモンが活性化されたり、1日の疲労回復を手助けするのです。

でも都合で「こんな時間には寝れない」という方も、ゴールデンタイムに1時間でも睡眠を取ることを心がけて欲しいのです!

良く眠れるようになる3つの方法!


うつ病が悪化して眠れなくなり、夜型生活が慢性化してしまうと、夜に寝ることが難しくなってしまいます。

特にうつ病完治をしたい方は朝型生活をしっかりと身につける必要性があります。

どうやって改善していけばいいのでしょうか?

目を閉じて体を横に倒す

長年の夜生活でゴールデンタイムにあまり眠くならないという方もいるかもしれません。

そんな人は、目を閉じて体を横になることから始めてみるといいでしょう。

そうすることで、心身が休まる効果があります。

軽い運動をする

軽い運動も睡眠を促す方法としてとても良い方法です。

疲労が溜まり眠くなる可能性も高まりますし、血流の流れもよくなり良質な睡眠をとれるようになります。

決まった時間に寝る習慣をつける

人間は習慣に基づいて動く生き物です。

生活リズムをゴールデンタイム(PM10時からAM2時)の間にベットに入り寝ることを習慣化させていきましょう。

睡眠薬を使う

どうしても寝れないという方は、お薬の力を使うことも必要でしょう。

ただあまりにも過剰に摂取しなよう、医師と相談しながらお薬を調整していきましょう!

夜はしっかり睡眠!朝はゆっくりはじめること!


朝慌ただしく過ごしてしまっている方は、交感神経の動きが上下するので体力を使いがちです。

よって日中の活動に支障をきたすのです。

ですから夜はしっかり睡眠をとり、朝を慌ただしく過ごさないことで午後のパフォーマンスが劇的に上がるのです。

まとめ


うつ病患者にとって寝れないのはよくない。

徹夜をすることは、疲労回復効果を妨げるので心身が休まらない。

ゴールデンタイム(PM10時からAM2時)を意識しながら、睡眠を取る事が重要。

その為に、薬を使ったり、血流の流れをよくするような活動を取り入れる。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業