【漫画】あかね噺アニメ化いつから開始?売り切れ続出するほどの人気作品!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

あかね噺はワンピース作者である尾田栄一郎先生も推薦するほどの落語をテーマにした作品。漫画は売り切れる書店も多くあるようで、その人気が伺えます。本記事ではあかね噺のアニメ化の可能性や、放映が決定したらいつから開始するのか予想したいと思います。

スポンサーリンク

あかね噺ネタバレ感想あらすじ

幼い頃、父の魔法の様な落語に魅せられた朱音は、父のある一席を機に自身も噺家としての道を歩み始める。17歳になった朱音が目指すのは落語界の最高位「真打」になること――。一流の技量を習得するため、様々な試練が朱音を待ち受け…!? 新生落語ヒロイン、ここに誕生!!

スポンサーリンク

あかね噺のコミックスは重版決定するほど人気


あかね噺の紙の単行本1・2巻の累計部数が、20万部を突破しました。現代では電子書籍が主流となっている中、このようなスタートダッシュを切れたことは、間違いなく人気作としての評価が高いことを示しています。

また、週刊少年ジャンプの読者アンケートでも常に上位にランクインしており、多くの読者から支持を受けていることが分かります。これらの実績から、あかね噺が今後もますます人気を集めることが予想されます。

スポンサーリンク

あかね噺アニメ化の可能性はあるの?

あかね噺は、2022年2月14日から週刊少年ジャンプにて連載が開始され、今やその人気は絶大です。1周年を迎えるにあたり、単行本も重版がかかるほどの好調な売れ行きを示しています。

さらに、この作品は数々のマンガ賞に輝くなど、高い評価を得ており、次にくるマンガ大賞2022のコミックス部門では第3位にランクインし、このマンガがすごい!2023オトコ編では第4位に選ばれました。また、マンガ大賞2023でも2位を受賞するなど、その実力は確かなものとなっています。

そんなあかね噺ですが、まだアニメ化については正式な発表はありません。しかし、このように多くの賞を受賞し、人気が高い作品であることから、アニメ化の可能性は非常に高いと思われます。今後の展開に注目が集まります。

スポンサーリンク

あかね噺アニメ化いつから開始?

現在、あかね噺のアニメ化について正式な発表はされていませんが、2024年にアニメ化が発表され、2025年に放送開始される可能性が高いと考えられます。

例えば、最近のジャンプ作品である「SAKAMOTO DAYS」「逃げ上手の若君」「ウィッチウォッチ」などは、連載2周年を迎えてもまだアニメ化が発表されていない状態です。一方で、「夜桜さんちの大作戦」「アンデッドアンラック」「マッシュル-MASHLE-」などは、連載2周年を迎えてからアニメ化が発表されています。

あかね噺は、2023年1月31日時点で連載開始から1周年を迎えており、アニメ化の発表があるとしても、2周年を迎えてから3周年を迎えるまでの期間になる可能性が高いと考えられます。

連載開始は2022年2月14日からであり、2周年以上になるのは2024年以降になります。そのため、早ければ2024年にアニメ化が発表され、放送開始は2025年頃になる可能性が高いと思われます。ただし、公式なアナウンスがあるまでは確実なことは言えません。

スポンサーリンク

あかね噺アニメ化いつから開始?売り切れ続出するほどの人気作品!まとめ

落語をテーマにした人気漫画「あかね噺」が、紙の単行本1・2巻の累計部数が20万部を突破し、週刊少年ジャンプのアンケートでも常に上位にランクインしている。

アニメ化についてはまだ正式な発表はないが、数々のマンガ賞を受賞し、人気が高いことから、アニメ化の可能性は非常に高いと思われる。アニメ化発表がある場合、2024年に発表され、放送開始は2025年頃になるかと思います。

あくまで予想なので、今後の発表を楽しみに待ちましょう。

▼あわせて読みたい▼

【漫画】あかね噺ネタバレ感想あらすじ!尾田栄一郎も絶賛の落語漫画とは?
「あかね噺」は、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画であり、「落語」というニッチなテーマを扱っています。この作品は、マンガ大賞2023にもノミネート、さらにワンピースの作者である尾田栄一郎先生も絶賛しており、今もっとも注目を浴びている作品の一...