出席番号0番完結まで!最新話ネタバレ感想!太田トオミが描くオカルトバトル開幕!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

漫画「出席番号0番」は週刊少年サンデーで新連載された作品です。本記事では完結までネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

出席番号0番あらすじ

オカルト好きの中学二年生・佐渡イオは”教室には居るが絶対に気づかれない”怪奇現象・出席番号0番と出会う。0番との束の間の楽しい学園生活を送る中、突如二人は異界へ漂流し…!? 教室で出会った二人が、セカイを揺るがすーー青春オカルトバトル開幕!!

スポンサーリンク

出席番号0番ネタバレ感想/strong>

出席番号0番の男

クラスの中で浮いた存在として、変わり者との噂が絶えない佐渡イオ。その彼女は、出席番号が”0番”という特異な立ち位置でクラスメイトたちに存在を感じさせない存在として、不思議な存在として扱われていました。しかし、ある日、イオはいつものようにクラスメイトたちに、オカルト研究部への入部を勧めている最中に、一人のオカルト好きな少女と運命的に出会うことになりました。

この出会いが、佐渡イオの生活に革命的な変化をもたらすことを意味していました。不思議な少年との出会い、オカルトにまつわる謎めいた出来事、そして日常から飛び出したオカルトバトルの連続。彼女の青春は、これからも予測不可能な不思議な展開に満ち溢れていく。

異界へアクセス

出席番号が0番であるという異なる存在に気づいた佐渡イオは、彼をオカルト研究部へ誘うことを決意しました。しかし、彼女は驚くべき秘密を発見することになりました。出席番号0番に近づくと、異界と呼ばれる不思議な次元へアクセスできることが明らかになったのです。この異界には怪異として知られる奇怪な存在たちが住んでおり、出席番号0番は彼らによって危険にさらされることとなりました。

異界での遭遇は、出席番号0番が怪異によって襲われ、首をはねられるという衝撃的な結末を迎えました。しかしながら、出席番号0番自体は本来、生きている存在ではなく、その異界で受けた傷も一瞬で回復することが判明しました。そして、その特異な力を活かして、出席番号0番は異界の化物たちとの闘いに挑みました。

彼女の青春は、異界の秘密と化物たちとの戦いによって、ますます複雑で奇妙な方向へ向かうこととなるでしょう。

怪奇現象

佐渡イオと出席番号0番、アスカと名付けられた存在は、異界から無事に現世に帰還しました。佐渡イオは、この新たな仲間に名前を授け、それによって彼らの存在がクラスメイトたちにも認識されるようになりました。しかし、この変化が生じた直後、クラス中で突如として大きな騒ぎが巻き起こり、それと同時に未曾有の怪奇現象が発生しました。

この驚くべき出来事の背後にある意味や理由は、まだ解明されておらず、佐渡イオとアスカは謎に包まれた新たな試練に立ち向かう覚悟を決めなければなりません。クラスメイトたちの突如として騒ぎ立つ挙動や怪奇現象は、何か大きな運命のはじまりを予示しているのかもしれず、彼らの青春は未知の領域への探求と、驚きに満ちた冒険が続くことでしょう。

スポンサーリンク

出席番号0番ネットの感想

スポンサーリンク

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...