【聖母の断罪】1巻ネタバレ感想!1人目の断罪人は小和瀬!回避は桐谷の命日ではなく誕生日!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「聖母の断罪」の1巻が発売されました。深刻ないじめをテーマにした作品で、主人公の桐崇が遭う苦難や母親の過去、復讐劇などが描かれています。桐崇の母親は保健室の先生になる夢を持ちながらも、息子のために母親としての愛情を重視し、家族の絆が強調されています。桐崇はいじめに耐え抜き、母親も彼のために立ち上がります。物語は復讐から断罪へと展開し、読者にいじめの深刻さや家族の大切さ、復讐の影響を考えさせる内容です。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【聖母の断罪】あらすじ

親子3人で幸せな家庭を築いていた流一家。だが、息子の桐崇は学校でひそかに虐めにあっていた。 そして起きてしまったある事件をきっかけに、息子を想う母・真里の愛が暴走していく――。

スポンサーリンク

【聖母の断罪】1巻ネタバレ感想!面白いポイント!

聖母の断罪1巻ネタバレ感想:保健室の先生

明星真理亞となった母親は、息子をいじめていたかつての同級生たちが通う学校で保健室の先生として勤務することになりました。彼女は日々業務をこなしながら、徐々に彼らの素性を知っていくこととなります。特にいじめの中心人物である岡谷が精神科を目指していることや、その仲間の小和瀬が女子生徒の八屋のいかがわしい動画を撮影していることなどが明らかになります。

真理亞の特徴的な口癖である「保健室の先生はなんでも知っているのよ」という言葉は、彼女の恐ろしい知識や洞察力を強調し、読者に恐怖感を抱かせます。物語は小和瀬が自室でスマホを見ている場面から展開します。彼は今までの悪事や桐谷へのいじめの動画が送り付けられてくるのを目撃します。

怪しい挙動を見せる八屋に対して、小和瀬は彼女が動画の送り主だと勘違いし、彼女を部屋に監禁します。八屋をお風呂に沈めて怒りを爆発させるシーンが描かれます。しかしその瞬間、真理亞の姿が後ろから現れます。彼女は「懺悔室へようこそ」と呟き、その姿勢や表情は読者に恐怖感をもたらします。

聖母の断罪1巻ネタバレ感想:小和瀬に対する断罪

真理亞は、小和瀬に対する断罪の手段として、酸素を奪うという厳しい方法を選びました。小和瀬はこれまで多くの人から大切なものを奪ってきました。真理亞は、その行為に対して酸素を奪うことを決意しました。彼女は、断罪から逃れる方法として2つの選択肢を提示しました。まず、手首につけられた手錠に、小和瀬が犯した最も重大な罪に関連する4桁の数字を入力することです。もう1つは、自分の手首を切って手錠から解放することです。そうしなければ、迫りくる水が小和瀬の酸素を奪うと警告しました。

小和瀬は、その日が桐谷の死の記念日であることに気づき、その数字を入力しようとしましたが、恐怖からかうまく思い出せず、自分の手首を切ろうとしました。しかし、再び恐怖が募り、結局は水による溺死を選ぶこととなりました。その正解の数字は何だったのか?真理亞は、小和瀬の学生手帳と共に「それはあなたが生まれたことよ」と呟きました。そして、脱出するための4桁の数字は小和瀬の誕生日だったのです。こうして、生まれたことそのものが罪とされ、死をもって断罪が具現化される過酷な結末が描かれました。

聖母の断罪1巻ネタバレ感想:桐谷の命日ではなく誕生日

明星真理亞は、小和瀬に対する断罪の方法として、酸素を奪うという非常に過酷な手段を選択しました。小和瀬は過去に多くの人から大切なものを奪ってきた存在であり、その行為に真理亞は強い怒りと復讐心を抱いていました。真理亞は、小和瀬に対して酸素を奪うという行為を通じて、彼の過去の行いへの制裁を行おうとしました。

真理亞は、小和瀬に対して2つの選択肢を提示しました。1つ目は、手首につけられた手錠に、小和瀬が犯した最も重大な罪に関連する4桁の数字を入力することです。もう1つは、自らの手首を切り、手錠から解放されることです。この選択肢を選ばない場合、迫りくる水が小和瀬の酸素を奪うという運命を告げました。真理亞は、この方法を通じて、小和瀬に彼の罪に向き合わせることを試みました。

小和瀬は、その日が桐谷の死の記念日であることに気づき、その数字を入力しようとしましたが、恐怖からか数字が頭から消えてしまいました。結局、その数字を思い出せないまま、自らの手首を切り落として手錠から解放しようとしました。しかし、再び恐怖が彼を支配し、最終的には水による溺死を選ぶこととなりました。小和瀬は、過去の罪と向き合うことができず、その結果として過酷な末路を辿ることとなりました。

その正解の数字は何だったのか?真理亞は、小和瀬の学生手帳と共に「それはあなたが生まれたことよ」と呟きました。そして、脱出のための4桁の数字は、小和瀬の誕生日だったのです。こうして、真理亞は小和瀬に対して、彼の生まれたことそのものを罪として押し付け、その結果として死をもって断罪を具現化させる過酷な結末が描かれました。

スポンサーリンク

【聖母の断罪】1巻コミックス情報

聖母の断罪:1巻あらすじ

親子3人で幸せな家庭を築いていた流一家。だが、息子の桐崇は学校でひそかに虐めにあっていた。そして起きてしまったある事件をきっかけに、息子を想う母の愛が暴走していく──。

スポンサーリンク

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...
スポンサーリンク

まとめ

「聖母の断罪」の1巻が、深刻ないじめのテーマを描いた感動的な作品として登場しました。特に1人目の断罪人、小和瀬の運命に迫る展開には目が離せません。しかし、その結末には予想外の回避方法が待っていました!

小和瀬の断罪は、桐谷の命日に関する数字を入力するという過酷な試練が待ち受けていましたが、実際の回避法は意外なものでした。それは、小和瀬自身の誕生日を入力することでした。この驚きの展開に、読者は目を見張ること間違いありません。

作品は、いじめの問題を通じて家族の絆や復讐の意味にも触れており、心に響く要素が満載です。1巻の展開だけでも、その奥深いテーマに引き込まれることでしょう。

▼あわせて読みたい▼

【感想】聖母の断罪ネタバレあらすじ!カズキが描く鬱展開!復讐より過激な断罪漫画が面白い!
「聖母の断罪」は、いじめによって苦しむ主人公・桐崇と、彼を守るために復讐に走る母親の物語です。原作カズキ先生、作画亀島先生が描く鬱展開に圧倒されながらも、復讐よりも過激な断罪が待ち受ける展開が面白く、読み進むにつれてどんどん引き込まれていき...