【打ち切り】バーサスつまらない?ONEワンパンマン原作の更新放置か?

竜とそばかすの姫面白くない脚本細田守★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

日本の漫画家、ONE氏による最新作「バーサス」の1巻が2021年4月7日に発売されました。ONE氏は「ワンパンマン」や「モブサイコ100」などの作品で知られており、本作でも原作を務めています。本記事では、読者の中でつまらない、打ち切りなのではという点を深掘りしていきたいと思います、

スポンサーリンク

バーサスあらすじ


「バーサス」という作品は、強大な敵によって支配され、蹂躙された世界が舞台となる、バトルファンタジー作品である。この世界では、魔王とその配下である47体の魔王によって支配され、勇者たちが魔王軍に挑戦しても敗北していた。しかし、勇者・ハロゥの仲間であるゼイビィは、異なる時空から別の世界の兵士たちを召喚することに成功し、彼らの現代的な装備であれば魔王軍を倒せると考えた。

しかし、彼らもまた、別の「人類の敵」に襲われていたことが判明し、ハロゥたちに助けを求める兵士たちであることがわかった。作品の作画はあずま京太郎氏、構成はbose氏が担当しており、講談社の月刊少年シリウスで連載されている。読者たちは、この新しい作品にどのような展開が待ち受けているのか、楽しみにしている。

スポンサーリンク

バーサスは打ち切りされるほどつまらないのか?

風呂敷を大きく広げすぎている

この物語では、13の世界が繋がり、人類が13種類の危機に直面しています。それぞれの世界では、人間の種族や衣服、世界観は異なり、また、天敵の種類も魔族、ロボット、巨大怪獣、宇宙人など、多様なものが存在しています。

設定自体は非常に面白く、読者たちは物語の展開に期待を寄せていますが、物語があまりにも大きな枠組みになってしまうと、ストーリーをまとめるのに時間がかかってしまう可能性があります。

また、長期にわたる連載になるバトルものはマンネリ化してしまう可能性もあるため、ONE氏はこの作品でどのように読者を引き付け、興味を持たせていくのか、注目されています。

主人公の存在意義

ONE先生は、これまでの作品「ワンパンマン」や「モブサイコ」などで、主人公に常に最強の立ち位置を与えてきました。しかし、今回の「バーサス」では、その手法を意図的に封印し、新しいアプローチに挑戦していると思われます。この作品の主人公は、能力値があまりにも低いため、サブキャラクターたちに比べて目立たなく、今でも存在価値を見出せないままです。このままでは、この主人公は必要のない存在になってしまうのではないかと思えてしまうほどです。

ONE先生は、これまでの作品で主人公に最強の立ち位置を与えることで、読者たちを魅了してきました。しかし、今回は新しい手法で物語を進め、読者たちに新たな驚きや感動を与えることに注力していると考えられます。この作品においても、ONE先生の才能が存分に発揮され、どのように物語が展開していくのか、今後の展開に注目が集まっています。

キャラデザが量産系

「ワンパンマン」にはハゲマント、そして「モブサイコ100」にはおかっぱ学生といった、個性的なキャラクターが登場し、多くのファンを魅了しました。

一方で、「バーサス」のキャラクターデザインや作画は非常に美しく、それが問題となっているという意見もあります。美しさは確かにあるのですが、一部からは「量産系の絵柄」と見なされ、キャラクターデザインの個性が出ていないため、よくある異世界ものと勘違いされる可能性もあると指摘されています。

上記がつまらないと言われる原因でしょう。しかしながら、ストーリー構成はとても良くできており、打ち切りの可能性は極めて少ないと思われます。

▼バーサスの魅力はこちらから▼

【感想】バーサスネタバレあらすじ!ONE先生渾身の異世界作品が凄い!
日本の漫画家、ONE氏による最新作「バーサス」の1巻が、2021年4月7日に発売された。ONE氏は「ワンパンマン」や「モブサイコ100」などの作品で知られており、本作でも原作を務めている。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思いま...
スポンサーリンク

ONE先生はワンパンマン原作の更新放置か?

バーサスは絶好の発進を見せてくれましたが、「ワンパンマン」の原作が止まっているようです。ワンパンマンはONE氏の漫画が原作であり、2021年8月現在でも原作漫画は完結していません。ONE氏は、ワンパンマンの更新をしながら別の漫画の連載も抱えているため、「となりのヤングジャンプ」による配信スピードが早すぎると、原作漫画のストックが不足してしまう可能性があります。

そのため、現在の配信ペースが丁度良いという見方もあります。原作漫画のストックがなくなってしまうと、配信が不定期になってしまう可能性があるため、スピード配信には注意が必要です。

また、「となりのヤングジャンプ」による早すぎる配信が、ONE氏を追い込んでしまう可能性もあるため、面白い原作を描くには時間が必要なのかもしれません。ONE氏が自分の作品に時間をかけて取り組むことができるよう、適切なペースでの配信が求められるでしょう。

スポンサーリンク

漫画rawで読むと危険!

違法な漫画rawを利用して漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法な漫画rawの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼あわせて読みたい▼

【危険】違法サイトで無料読みするとウイルス感染の可能性!
違法サイトで漫画を無料で閲覧してしまうとウイルスにかかる可能性があることを知っていますか?人気漫画を中心に続々と被害にあっている。本記事では違法サイトを使った人の末路を紹介をしたいと思います。 違法サイトは危険/strong> 許可...
スポンサーリンク

【打ち切り】バーサスつまらない?ONEワンパンマン原作の更新放置か?まとめ

「バーサス」は、13の世界が繋がる物語で、多様な設定と展開があるが、風呂敷を広げすぎてストーリーがまとまりにくくなる可能性がある。また、主人公の能力値が低く、存在価値が見出せず、これまでのONE氏の作品とは異なるアプローチで物語が進むため、注目を集めている。

キャラデザや作画は美しいが、キャラクターの個性が出ておらず、異世界ものと勘違いされる可能性もあると指摘されている。また、「ワンパンマン」の原作が更新されていないという情報もあるが、ONE氏が別の漫画の連載も抱えているため、適切なペースでの配信が求められる。

▼あわせて読みたい▼

【感想】バーサスネタバレあらすじ!ONE先生渾身の異世界作品が凄い!
日本の漫画家、ONE氏による最新作「バーサス」の1巻が、2021年4月7日に発売された。ONE氏は「ワンパンマン」や「モブサイコ100」などの作品で知られており、本作でも原作を務めている。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思いま...
タイトルとURLをコピーしました