【確定?】ワンピースの正体はポールシフトを起こせる装置!タイトル伏線も回収!

このページにはプロモーションが含まれています

人気少年漫画であるワンピース。その正体「ポールシフトを引き起こす装置」である可能性を考察しました。この記事では、その考察の根拠となる証拠について紹介していきます。

スポンサーリンク

ワンピースの正体を紐解くポールシフトとは?

ポールシフトとは、地球の自転軸の位置が移動する現象であり、地球の内部の変動によって引き起こされることがあります。長期的に見ると、自転軸の位置が移動することで、北極星の位置が変化するなどの天文現象にも影響を与えます。

過去には、ポールシフトが原因で生じた大規模な地殻変動が地球上で起こったと考えられています。この現象は、地球の物理的な変化に伴って引き起こされるため、地震や火山活動など、自然災害にも影響を与える可能性があります。

また、ポールシフトは、人類にとっても重大な影響を与える可能性があるため、科学者たちは、この現象を研究していると同時に、予防策や対策の開発にも力を入れています。

スポンサーリンク

ポールシフトとワンピースの関係性を示唆する

尾田先生はジブリ好き

ポールシフトは、ワンピースという漫画作品の中でも重要なテーマとなっています。ワンピースの作者である尾田栄一郎氏は、ポールシフトを描いた作品に影響を受けており、ワンピースにもそのテーマが反映されています。

例えば、『未来少年コナン』という作品では、超磁力兵器によって地軸がねじ曲がり、大陸が引き裂かれて海に沈んでしまうという設定があります。

水位の高さで説明がつく

ポールシフトが起こると、水位の高い場所と低い場所が入れ替わることがあります。これは、地球の自転軸が移動することで、遠心力の影響が大きく変化するためです。そのため、ワンピースの世界においても、水位の上昇が重要な要素となっています。

たとえば、ワノ国が海底にあるという設定や、海の中にあるインペルダウンが存在するという設定は、水位の変化によって説明がつくものです。

サウスバードの矛盾

また、ポールシフトによって地球上の磁場が乱れるという設定は、ワンピースの世界においても反映されています。

ワンピースに登場するサウスバードは、体内の自覚で南を向いている鳥であり、彼らの子供たちは顔の向きが90度変わってしまっています。これは、磁場が乱れた結果として起こる現象です。

ビンクスの酒の歌詞

ビンクスの酒の歌詞にある「輪をかく鳥の唄」というフレーズは、磁場が乱れた結果として方向感覚がおかしくなった鳥を表しているという解釈があります。

地球の磁場が乱れることで、鳥たちが正確な方向感覚を失ってしまうため、彼らは輪を描くような不規則な飛行をするようになると考えられています。

スポンサーリンク

ワンピース時間の流れが遅い

ポールシフトが起こっても崩壊しない青い星

もしポールシフトが起こり惑星の軸がずれることによって起こる問題は非常に深刻なものです。しかしワンピースの世界においては、自転が遅く、異常に1日が長いということが指摘されています。

たとえば、船で初日にアルビダ、モーガン、バギーを倒してゾロを仲間にし、ナミと手を組んでいるという場面が描かれ、クロコダイルを倒した次の週にはエネルを倒しているという不可解な時間の流れが存在しています。

メリー号は40日で燃やしている

また、メリー号をもらって以降、たくさんの冒険をしているにも関わらず、40日くらいでメリー号を燃やしてしまっていることから、時間の流れが非常に不自然であることが窺えます。

更に、ロビンの「生ぎたい」という感動シーンがありましたが、まさかの仲間になってからわずか2週間でこのような展開に至ることも、辻褄の合わせについて疑問を投げかける要素です。

これらの不可解な点を考慮すると、ワンピースの世界において1日が異常に長く、自転が遅いという設定が存在することで、すべての辻褄が合う可能性があることが示唆されています。

スポンサーリンク

キャラクターの台詞が意味深

カイドウは、「ひとつなぎの大秘宝ワンピース」を古代兵器と表現しました。この発言は、ワンピースの物語の中でも特に注目されています。また、白ひげは「あの宝を誰かが見つけた時、世界はひっくり返るのさ」という言葉を残しており、これもワンピースファンにとっては非常に興味深いものとなっています。

さらに、ロジャー自身もレイリーに「一緒に世界をひっくり返さねえか」と発言しており、ワンピースの物語の核心である「ひとつなぎの大秘宝ワンピース」の重要性がうかがえます。

これらの伏線をすべて回収できるのがポールシフトを発生させる装置です。

スポンサーリンク

ポールシフトを起こせる装置でタイトル回収

水位の不可解な疑問、磁場の乱れ、1日が長い、キャラクターの台詞などから、「ひとつなぎの大秘宝ワンピース」は「青色の星」の傾きを変えられる(ポールシフトを起こせる)装置だと考えられます。この装置を用いて、「青色の星」が90度傾くと、レッドラインが崩壊し、2つに分断された海がひとつになることができるとされています。これは、タイトルの伏線が回収されるということを意味しています。

ひとつなぎの大秘宝ワンピースはポールシフトを起こせる装置であるとすると、それを手に入れた者は、世界を大きく変えることができるということになります。そして、その力を手にした者がどのような行動をとるのかが、物語の行方を決める重要な要素になっているといえます。

【確定】ワンピースの正体はポールシフトを起こせる装置!まとめ

人気漫画「ワンピース」に登場する「ひとつなぎの大秘宝ワンピース」の正体が、「ポールシフトを引き起こす装置」である可能性について考察されています。

まず、ポールシフトとは、地球の自転軸の位置が移動する現象であり、地球の内部の変動によって引き起こされることがあります。そして、この現象がワンピースの世界観にも反映されており、水位の変化や磁場の乱れなどが描かれていることが紹介されています。

また、ワンピースの世界において時間の流れが異常に遅いことや、キャラクターたちの台詞からも、「ひとつなぎの大秘宝ワンピース」が非常に重要な存在であることが示唆されています。

そして、これらの情報から、「ひとつなぎの大秘宝ワンピース」が、「青色の星」の傾きを変えることができる(ポールシフトを起こせる)装置である可能性があることが示唆されています。この装置を手に入れた者は、世界を大きく変えることができるということになります。

このように、ワンピースの世界観において、ポールシフトと「ひとつなぎの大秘宝ワンピース」が密接に関連していることが示唆されています。しかし、これが実際に物語の核心であるかどうかは、今後の展開に注目が集まります。

▼あわせて読みたい▼

【朗報】ワンピースワノ国編から神作画連発!制作会社変わったレベル!作画担当や監督の変更が大成功か!
アニメワンピースは2019年7月にワノ国編に突入してからというもの、神作画が連発しており、制作会社変わったレベルの勢い。劇場映画のようなクオリティーを毎週継続している狂気。東映のアニメーターの仕事っぷりがネットを騒がしている。 今回はワノ国...