【ザシス】共犯者や意味が分かると怖いタイトル!ネタバレ感想!森田まさのりが放つサスペンス!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「ザシス」は森田まさのり先生が描くサスペンスホラー作品です。犯人と共犯者は一体誰なのか?またタイトルの意味とは?本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【ザシス】あらすじ

中学教師・山内海はある日、殺人事件のニュースを目にする。殺されたのは鈴木侑己、中学時代の同級生だった。数日後、山内の恋人で文芸書の新人編集・八木沢珠緒は、公募小説の落選作に事件と酷似した内容が描かれた作品を見つける。『ザシス』――作者名は佐伯遥人。やがて小説と同じように、旧友に同窓会の案内状が届いて…。森田まさのりが挑む初のサスペンスホラー

スポンサーリンク

【ザシス】作品情報

タイトル: ザシス

著者: 森田まさのり 

カテゴリ: 青年マンガ

出版社: 集英社

レーベル: グランドジャンプ

スポンサーリンク

【ザシス】共犯者は誰

ザシスの犯人は遥人の母親だった

小説の通りに次々と人々の命が奪われるという奇妙で恐ろしい事件が起こりました。この事件はまるでフィクションの世界が現実に侵入してきたかのように、町中の人々を恐怖に陥れました。まさに小説の筋書き通りに人々が次々と命を落としていく様は、誰もが悪夢から覚めることができないような感覚に陥りました。

そんな中、遥人の母親は一人息子が家に帰ってこないことに強い不安を抱き始めました。彼女の心配は日に日に募り、ついには息子の携帯電話のGPS機能を使って居場所を特定することにしました。しかし、彼女がその場所にたどり着いた時、目の前に広がっていたのは信じがたい光景でした。遥人は無惨にも土に埋められ、その姿は息も絶え絶えの状態で発見されました。この衝撃的な出来事は、彼女の心に深い傷を刻みました。

さらに彼女は、息子の部屋から彼が書いていた小説を発見しました。その小説には、彼が学校で受けていたいじめの詳細が克明に記されていました。これを読んだ彼女は、息子がどれだけ辛い思いをしていたかを初めて知ることとなりました。息子が抱えていた苦しみと、それを誰にも言えなかった悲しみが、彼女の心に痛烈に突き刺さりました。

この出来事をきっかけに、彼女の心の中には復讐の炎が燃え上がり始めました。息子のために、彼を苦しめた者たちに報いを与えなければならないという強い執念が、彼女の心を支配するようになりました。その復讐心と、遥人への異常なまでの愛が、彼女をついに殺人鬼へと変貌させてしまいました。

彼女は、息子が書いた小説の筋書きに従い、復讐の計画を遂行し始めました。小説の中で描かれた方法で、次々といじめの加害者たちの命を奪っていったのです。まるで小説の登場人物になったかのように、彼女は一つ一つの復讐を実行し、その度に息子への愛情と復讐の喜びに浸りました。

この奇妙で恐ろしい事件は、町全体を震撼させ、人々に計り知れない恐怖をもたらしました。そして、遥人の母親の復讐劇が終わるまで、誰もその恐怖から逃れることはできませんでした。彼女の行動は、息子への深い愛情と復讐心がどれほど強力なものかを示す悲劇的な物語となりました。

母親と共犯者だったのがまさかの遥人

山内海が車を運転中に引いてしまい、亡くなったと思われていた佐伯遥人が、実は生きていたことが明らかになりました。この驚くべき事実が判明するまでには、いくつかの決定的なシーンや出来事があり、それらが物語の中で緊張感を高める重要な役割を果たしていました。

まず第一に、遺体だと思われていた遥人が涙を流している場面がありました。通常、死んでいるはずの人間が涙を流すことはあり得ないため、このシーンは彼の生存を強く示唆するものでした。暗い森の中、月明かりに照らされた遥人の顔に一筋の涙が光る様子は、見る者に不自然さとともに深い感動を与えました。この涙の一滴は、彼がまだ生きていることを示す確固たる証拠であり、物語の展開に大きな影響を与えました。

さらに、母親が遥人に対して話しかけている場面も、彼の生存を暗示するものでした。母親は、遺体のそばに座り込み、まるで生きているかのように息子に対話していました。彼女の態度や言葉遣いには、まだ希望を捨てていない母の愛情と直感が表れており、観客にも遥人がまだ息をしているのではないかという期待感を抱かせました。彼女の言葉の一つ一つが、遥人の存在を確かめるための祈りのように聞こえ、その切実な願いが彼の生存の可能性を強く感じさせるものでした。

そして、物語のクライマックスでは、いじめの主犯格であった晋太郎が殺害されるシーンが描かれています。この殺害を実行したのが他ならぬ佐伯遥人だったことが明らかになったとき、物語は一気に緊張のピークに達しました。遥人は自らの手で晋太郎に復讐を果たし、その一連の行動が彼の生存を裏付ける決定的な要素となりました。晋太郎が恐怖におののきながら逃げ惑う中、遥人は冷静かつ計画的に追い詰め、最終的には決着をつけるのです。このシーンでは、遥人がただ生き延びただけでなく、彼自身が能動的に動き出し、自分の苦しみを解決しようとする姿が描かれています。

これらのシーンや出来事を通じて、佐伯遥人が生きていることが次第に明らかになり、その存在が物語の核心に迫る重要な要素となっていました。涙を流す場面、母親との対話、そして復讐の実行という三つの決定的なシーンが組み合わさることで、彼の生存が観客に確信を与え、物語の緊張感と感動をさらに高めていました。

スポンサーリンク

【ザシス】タイトルの意味は

「ザシス」という言葉の意味は何だったのでしょうか?その答えは物語の中で明かされており、遥人がいじめられていたときに「座視された」ことから、「ザシス」という小説のタイトルが生まれたのです。「座視」とは、黙って見ているだけで、その出来事に関わろうとはしない態度を意味します。遥人がいじめを受けている間、周囲の人々はその状況をただ見ているだけで、誰も助けの手を差し伸べることはありませんでした。

遥人は、この無関心な態度に対して深い憎悪を抱いていました。いじめの加害者だけでなく、見て見ぬふりをしていた人々にも怒りの矛先を向けていたのです。彼の小説「ザシス」は、単なる復讐劇を超え、社会の無関心さや冷淡さに対する強い批判を含んでいました。この作品を通じて、遥人は自身の痛みや絶望、そしてそれに対する周囲の無関心さを訴えかけていたのです。

遥人の体験とその感情を反映したこのタイトルは、彼がどれほど孤独で無力感に苛まれていたかを象徴しています。誰も助けてくれないという現実の中で、彼は一人きりでその苦しみに立ち向かわなければならなかったのです。

最終的に、この「ザシス」というタイトルは、読者や視聴者に対して深いメッセージを投げかけます。無関心でいることの罪深さ、そしてその無関心が被害者にどれほどの苦しみを与えるかを鋭く問いかけるものです。

遥人の物語は、いじめという社会問題に対する警鐘であり、同時に誰もが見て見ぬふりをすることの恐ろしさを示しています。彼の憎悪は、ただの怒りではなく、無視されたことへの深い悲しみと絶望から生まれたものでした。

スポンサーリンク

【ザシス】共犯者とタイトルの意味の感想

犯人の意外な正体

小説の通りに次々と人々の命が奪われるという奇妙で恐ろしい事件が起こりました。この事件は、まるでフィクションの世界が現実に侵入してきたかのように、町中の人々を恐怖に陥れました。小説の筋書き通りに人々が次々と命を落としていく様は、誰もが悪夢から覚めることができないような感覚に陥りました。

そんな中、遥人の母親は一人息子が家に帰ってこないことに強い不安を抱き始めました。彼女の心配は日に日に募り、ついには息子の携帯電話のGPS機能を使って居場所を特定することにしました。しかし、彼女がその場所にたどり着いた時、目の前に広がっていたのは信じがたい光景でした。遥人は無惨にも土に埋められ、その姿は息も絶え絶えの状態で発見されました。この衝撃的な出来事は、彼女の心に深い傷を刻みました。

さらに彼女は、息子の部屋から彼が書いていた小説を発見しました。その小説には、彼が学校で受けていたいじめの詳細が克明に記されていました。これを読んだ彼女は、息子がどれだけ辛い思いをしていたかを初めて知ることとなりました。息子が抱えていた苦しみと、それを誰にも言えなかった悲しみが、彼女の心に痛烈に突き刺さりました。

この出来事をきっかけに、彼女の心の中には復讐の炎が燃え上がり始めました。息子のために、彼を苦しめた者たちに報いを与えなければならないという強い執念が、彼女の心を支配するようになりました。その復讐心と、遥人への異常なまでの愛が、彼女をついに殺人鬼へと変貌させてしまいました。

彼女は、息子が書いた小説の筋書きに従い、復讐の計画を遂行し始めました。小説の中で描かれた方法で、次々といじめの加害者たちの命を奪っていったのです。まるで小説の登場人物になったかのように、彼女は一つ一つの復讐を実行し、その度に息子への愛情と復讐の喜びに浸りました。

この奇妙で恐ろしい事件は、町全体を震撼させ、人々に計り知れない恐怖をもたらしました。そして、遥人の母親の復讐劇が終わるまで、誰もその恐怖から逃れることはできませんでした。彼女の行動は、息子への深い愛情と復讐心がどれほど強力なものかを示す悲劇的な物語となりました。

共犯者が自分の息子

山内海が車を運転中に引いてしまい、亡くなったと思われていた佐伯遥人が、実は生きていたことが明らかになりました。この驚くべき事実が判明するまでには、いくつかの決定的なシーンや出来事があり、それらが物語の中で緊張感を高める重要な役割を果たしていました。

まず第一に、遺体だと思われていた遥人が涙を流している場面がありました。通常、死んでいるはずの人間が涙を流すことはあり得ないため、このシーンは彼の生存を強く示唆するものでした。暗い森の中、月明かりに照らされた遥人の顔に一筋の涙が光る様子は、見る者に不自然さとともに深い感動を与えました。この涙の一滴は、彼がまだ生きていることを示す確固たる証拠であり、物語の展開に大きな影響を与えました。

さらに、母親が遥人に対して話しかけている場面も、彼の生存を暗示するものでした。母親は、遺体のそばに座り込み、まるで生きているかのように息子に対話していました。彼女の態度や言葉遣いには、まだ希望を捨てていない母の愛情と直感が表れており、観客にも遥人がまだ息をしているのではないかという期待感を抱かせました。彼女の言葉の一つ一つが、遥人の存在を確かめるための祈りのように聞こえ、その切実な願いが彼の生存の可能性を強く感じさせるものでした。

そして、物語のクライマックスでは、いじめの主犯格であった晋太郎が殺害されるシーンが描かれています。この殺害を実行したのが他ならぬ佐伯遥人だったことが明らかになったとき、物語は一気に緊張のピークに達しました。遥人は自らの手で晋太郎に復讐を果たし、その一連の行動が彼の生存を裏付ける決定的な要素となりました。

晋太郎が恐怖におののきながら逃げ惑う中、遥人は冷静かつ計画的に追い詰め、最終的には決着をつけるのです。このシーンでは、遥人がただ生き延びただけでなく、彼自身が能動的に動き出し、自分の苦しみを解決しようとする姿が描かれています。

これらのシーンや出来事を通じて、佐伯遥人が生きていることが次第に明らかになり、その存在が物語の核心に迫る重要な要素となっていました。涙を流す場面、母親との対話、そして復讐の実行という三つの決定的なシーンが組み合わさることで、彼の生存が観客に確信を与え、物語の緊張感と感動をさらに高めていました。

ザシスのタイトルの意味の回収は鳥肌

「ザシス」という言葉の意味は何だったのでしょうか?その答えは物語の中で明かされており、遥人がいじめられていたときに「座視された」ことから、「ザシス」という小説のタイトルが生まれたのです。「座視」とは、黙って見ているだけで、その出来事に関わろうとはしない態度を意味します。遥人がいじめを受けている間、周囲の人々はその状況をただ見ているだけで、誰も助けの手を差し伸べることはありませんでした。

遥人は、この無関心な態度に対して深い憎悪を抱いていました。いじめの加害者だけでなく、見て見ぬふりをしていた人々にも怒りの矛先を向けていたのです。彼の小説「ザシス」は、単なる復讐劇を超え、社会の無関心さや冷淡さに対する強い批判を含んでいました。この作品を通じて、遥人は自身の痛みや絶望、そしてそれに対する周囲の無関心さを訴えかけていたのです。

遥人の体験とその感情を反映したこのタイトルは、彼がどれほど孤独で無力感に苛まれていたかを象徴しています。誰も助けてくれないという現実の中で、彼は一人きりでその苦しみに立ち向かわなければならなかったのです。

最終的に、この「ザシス」というタイトルは、読者や視聴者に対して深いメッセージを投げかけます。無関心でいることの罪深さ、そしてその無関心が被害者にどれほどの苦しみを与えるかを鋭く問いかけるものです。遥人の物語は、いじめという社会問題に対する警鐘であり、同時に誰もが見て見ぬふりをすることの恐ろしさを示してくれました。

【ザシス】コミックス情報

ザシス1巻ネタバレ


山内海という中学の教師が、職員室でホラー小説に没頭している最中に、男子生徒とその母親がいじめを受けていると主張して校長のもとへやって来ます。しかしその出来事は、実際には男子生徒のでっち上げだったのです。

この一件で、学校が評価主義であるという現実に驚く山内。一方、彼の彼女である新人編集者の八木沢珠緒は、公募小説の落選作『ザシス』を目にします。その作品こそが、恐ろしい出来事の幕開けだったのです。

ある日、二人が食事中に殺人事件のニュースを目にします。被害者は山内の中学時代の同級生である鈴木侑己でした。数日後、珠緒は『ザシス』をもう一度読み返し、事件と驚くほど似ている内容に気付きます。

そして、さらなる事件が発生!小説の中で描かれた恐ろしい方法が現実に起こり始めます。その小説の中には、届いた同窓会の案内状の差出人も登場し、その名は中学時代にいじめを受けていた『ザシス』の作者、佐伯遥人と同じでした。

しかし、その後には思いもよらない衝撃の事実が明らかになります。佐伯遥人はすでに死亡していたのです。それから先も、連続する恐ろしい事実や衝撃の展開。

ザシス2巻ネタバレ


中学の教師である山内海は、彼の元同級生である鈴木が殺害されたという悲劇に見舞われた。この悲劇は続き、新人賞を逃した小説『ザシス』と奇妙に絡み合っていく。「ザシス」の作者は、海のかつての同級生であり、中学時代に虐められていた佐伯遥人だ。復讐の糸が絡みつくかと思われたが、海はこれを否定する。

なぜなら、1年前に彼が遥人をひき逃げした後、彼を埋葬しようとした同級生たちによって目撃されたからだ。しかし、その場所を調査すると、掘り返された形跡しか見当たらなかった。予想外にも、遥人が主催する同窓会が近づいていた。誰もが状況を理解できないまま、犯罪は続発し、また一つの命が奪われていった。同窓会に招かれた同級生たちは、主催者の遥人が姿を見せないことに不安を感じていた。

その時、予約がなかったことを知らされ、遥人名義の手紙が届いた。手紙には別の会場に来るよう指示があり、その場所には広い部屋と大きなモニターが用意されていた。モニターに映し出されたのは、遥人がいじめられた際の音声と、その後に命を奪われる被害者たちの映像だった。

ザシス3巻ネタバレ


同窓会に集められた元クラスメートたちは、ある日、かつて佐伯遥人が座視していた和真がモニター越しに見える中、クロスボウで命を奪おうとする異様な光景に直面しました。和真の命を狙う犯人は、驚くべきことに、遥人が書いた小説の筋書きに忠実に従っていました。その背後には、息子の命を奪われたことに対する復讐の念に燃える彼の母親がいたのです。

彼女は冷酷な計画を実行に移し、遥人の死体にクロスボウを持たせて引き金を引かせようとしました。そうすることで、息子の復讐を遂げようと考えていたのです。しかし、その瞬間、山内海が彼女の行動を止めようと果敢に立ち向かいました。緊迫した状況の中で、クロスボウの矢は予想外の方向に飛び、母親の頭を貫きました。

この一連の悲劇的な事件に終止符が打たれたかに見えました。しかし、さらなる衝撃が待ち受けていました。実は、遥人のいじめの主犯は晋太郎だったのです。そして、物語の最後には、死んだと思われていた遥人らしき人物が登場し、犬を使って晋太郎の命を奪ったという驚愕の展開が待っていました。

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...