【極楽街】つまらない?打ち切り?「解決屋」を営むタオとアルマのバトル怪物漫画!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「極楽街」を読んだ読者の中につまらない、打ち切りと感じる声がありました。一体どのような部分がそう感じられてしまったのでしょうか?今回はなぜ極楽街がそのような評価が出ているのか調べてみました。

スポンサーリンク

【極楽街】あらすじ

華やかに賑わう“極楽街”でどんな難題にも報酬次第で引き受ける「解決屋」を営むタオとアルマ。 その裏では人や動物の死体を使って造られた「禍(マガ)」という怪物専門の「殺し屋」として活動。 この世の全ての禍を駆逐するその日まで戦うことを誓う―――!!

スポンサーリンク

【極楽街】作品情報

タイトル: 極楽街

著者: 佐乃夕斗

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 集英社

レーベル: ジャンプSQ

スポンサーリンク

【極楽街】つまらない?打ち切り?

少年漫画のあるあるてんこ盛り

画力に魅了される作品には、時折後悔の念を覚える場面がたくさんあります。その内容には、まさに少年漫画ならではの典型的な要素がたくさん盛り込まれており、その中には、時には共感性羞恥を感じることもあります。

例えば、マガと能力のバトルが繰り広げられる場面や、半分が人間で半分がマガというキャラ設定、感情論によって強くなるキャラクターたち、ラスボスっぽい人登場、などが挙げられます。キャラクターのデザインの要素が魅力的であるにもかかわらず、何故か作品の世界観に十分に没入できないことがとても残念に思います。読者として、作品の世界観に深く浸れないことは、物語への没入感を損なう要因にもなりますし、時にはストーリーの理解にも影響を及ぼすことがあります。

そんな作品に対する感想を抱くことは、個々の感性や価値観の違いもあるものです。異なる視点から作品を評価し、新しいジャンルやアプローチの作品を探求することで、新たな発見や感動を得ることができるかもしれません。

主人公のキャラの掘り下げ

キャラクターの掘り下げが不十分であり、主人公とその仲間が日常的にどのような生活を送っているのかがほとんど描かれていない印象でした。中華屋の娘さんなんかは、2話以降にも登場していた方が良かったのではないでしょうか?

主人公たちの際立ったエピソードが欠けていたように感じられ、それが物語のパンチに欠ける印象をもたらし、新しさや鮮烈さが感じられなかった理由の一つかもしれません。

主人公とその相棒がどんな人物なのか、彼らの関係性がどのようなものなのか、その描写が欲しかったです。特に二人が一緒にいるときのやり取りや、日常の様子について、もう少し掘り下げて描かれていれば良かったなと思います。

禍の扱い

作品中では、「禍」という存在に関する具体的な説明や描写がなく、読者にはアルマが禍のハーフであるという事実のみが示されています。

しかし、アルマが特異な体質を持って生まれたのか、生まれた時からそうだったのか、それとも人間と禍の間に生まれた子供なのか、その背後に重要な秘密があるかどうかはまだ明らかにされていません。

この事実に関わる重大な秘密が存在しない場合、早めにこの事実を読者に提示することで、物語の展開に深みを与えるかもしれません。アルマの過去や彼の存在に関する謎を解き明かすことで、物語の興味深さや読者の物語への没入感を増すことができるでしょう。

スポンサーリンク

【極楽街】面白い評価の方が多い

王道の少年漫画として位置づけられる作品は、一部の読者にとっては興味を引かないかもしれませんが、初めてダークファンタジーに触れる方々にとっては、非常に魅力的な作品と言えるでしょう。この作品は、従来の王道漫画とは異なる独特の雰囲気や深みを持っており、新しいジャンルへの門戸を開いてくれるものとして、注目されるべきです。

特に、その作品は驚くほどの高い画力を誇り、描かれた絵だけでも充分に価値があります。緻密で美しいイラストは、読者を作品の世界に引き込み、物語の空気感や雰囲気を鮮明に伝えてくれます。この絵の力強さは、物語の魅力を倍増させ、読者に感動的な体験をもたらすでしょう。

ダークファンタジーの世界を初めて探求する方々にとって、この作品は新たな冒険への扉を開けてくれることでしょう。物語の深遠さや不気味さ、そしてその魅力的なビジュアル表現は、読者の心を掴み、彼らを驚きと興奮に満ちた世界へと誘います。

スポンサーリンク

【極楽街】コミックス情報

極楽街1巻


華やかで煌びやかな賑わいがある極楽街は、無間組が支配する下町です。この街は表面上は賑やかですが、その裏には深い闇が潜んでいます。ヘビースモーカーの女性、タオと半禍(ハンカ)の少年、アルマは、この無秩序な街で「問題解決屋(トラブルシューター)」を営んでいます。

彼らは街で起こるあらゆるトラブルを解決し、生活費を稼いでいます。そんな二人のもとに、失踪した獣人の友人を探して欲しいという依頼が舞い込みます。同時に、街では行方不明者や変死した動物が増え、極楽街に不穏な空気が漂い始めています。

闇の底に潜む極楽街の真実を明らかにするため、「問題解決屋」が本来持つ姿を見せる時が来ました。

極楽街2巻


アルマはタオとともに、連続首吊り死体事件の捜査を進めていました。現場で神社前に立ち寄った際、謎の黒髪の男性に出会います。男性は臆病そうで無害に見えましたが、どこか陰があり、不気味な雰囲気を醸し出していました。夜という名で知られるその男性は、黄泉という人物と手を組んでおり、黒髪の女性に何かカプセル状の物質を飲ませ、禍に変えようとしたが、命が尽きてしまいます。夜と黄泉は「俺たちは家族だ」と述べており、その真相は依然として不明なままです。

一方で、“蛇穴(サラギ)”として知られる著名な少女・ネイと共に行った任務を通じて、アルマの“弱点”が露呈しました。その弱点とは、タオの許可がない限り、繋縛の杭から解放されないことでした。この事実が明らかになり、アルマにとって新たな局面が訪れることとなりました。

極楽街3巻


食人鬼事件の容疑者として追われるカナタ。彼を友として信じるアルマは、禍(マガ)であるカナタを救い出すべく、夜の極楽街を疾走します。禍としての本能が騒ぎ始め、制御を失いつつあるカナタに対し、アルマは決死の説得を試みます。二人が苦悩する中、黄泉が現れ、さらなる“絶望”を告げます。アルマは自身を繋縛する杭を抜き、カナタの命を奪ってしまいます。

その後、黄泉に対し闘争本能をむき出しに挑みます。タオとサラギも戦いに参戦しますが、黄泉には全く歯が立ちません。それでも黄泉は逃げるように姿を消してしまいます。

【極楽街】ネットの感想

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...