【あの子の子ども】イライラ!気持ち悪い!彼氏の宝にリアリティーがない!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「あの子の子ども」調べてみると「イライラ」「気持ち悪い」といった言葉が検索されています。一体どのような理由で検索されているのでしょうか?本記事はそれらを深掘りしていきたいと思います。もし本作品のネタバレが嫌だという方は気をつてください。

スポンサーリンク

【あの子の子ども】あらすじ

高校2年生の福は同い年の幼なじみ、宝と恋人同士。ある日、体調に異変を感じた福は以前、宝との行為中に避妊に失敗したことを思い出す。福は誰にも会わないよう、家から遠く離れた町で妊娠検査薬を使って…?

スポンサーリンク

【あの子の子ども】作品情報

タイトル: あの子の子ども

著者 蒼井まもる

カテゴリ 少女マンガ

出版社 講談社

レーベル 別冊フレンド

スポンサーリンク

【あの子の子ども】イライラや気持ち悪いといった感情

漫画「あの子の子ども」を調べると「イライラ」や「気持ち悪い」と言った言葉が検索されています。一体なぜなのか?

この漫画のテーマが未成年に悪影響か?

この漫画のテーマは、現代の未成年の若者が妊娠してしまった場合どのような葛藤があり、対処をしなければいけないのかがテーマとして描かれています。

しかし、中高生に読ませたいかと問われると、そうでもないと感じます。理由としては、一見厳しい現実を描いているようで、実際にはまだ「ぬるい」と感じるからです。

この作品は「妊娠するということをちゃんと考えてね」というメッセージを込めていると捉えました。しかし、もしかすると「まだ子供なのに妊娠しちゃったあなた!不安だよね、わかるよ!でもがんばれ!」という要素も含まれているのかもしれません。

この漫画の主人公たちは恵まれ過ぎている

ストーリーには、16歳で妊娠してしまう福と、その相手の宝という二人の登場人物がいます。彼らは「不良ではない」「普通の良い子たち」として描かれており、「これは平凡な中高生にも起こりうる話なんだ」という意図があるように思われます。しかし、福は「なんとなく頭が弱い子」、宝は「理解のある彼氏」に近い存在で、全然標準的ではないと感じます。

個人的には、福の抜けた感じに少しイライラします。そして、宝が豹変しないかハラハラしました。福の心理的な不安定さには共感しつつも、宝や兄、親、周囲の人々の良識を見て「恵まれた環境だな」とも思いました。

学校が福を辞めさせたがるのは当然の流れです。そもそも、まともな生徒は妊娠なんてしないので、妊娠中の生徒に配慮したカリキュラムなんて組んでいないのです。学校が「ママになることはすごく大変。みんなで支えてあげましょう」なんてことにはならないのは当たり前で、そこを「世間は厳しい・冷たい」と描くのは気持ち悪いと感じる人もいることでしょう。

スポンサーリンク

【あの子の子ども】彼氏の宝にリアリティーがないが理想のパートナー

相手の男の子がとても素晴らしくて、現実にはなかなかありえないように感じます。

実際の高校生の男子がこんなに落ち着いた態度を取るのは難しいでしょう。本当にこんな素晴らしい男の子との子供を妊娠することができたら、きっと安心して一緒にいられると思いますし、体力的にも若いうちの方が子育てには向いていると感じます。

それでも、現実にはなかなか同じような男子高校生は存在しないものです。彼のような完璧な態度や振る舞いを持つ男子が実在するなら、確かに理想的ではありますが、現実の世界では多くの困難や課題が伴うことでしょう。

それでも、理想のパートナーと共に若いうちに子育てをすることができたら、とても素晴らしいことだと思います。

▼あわせて読みたい▼

【あの子の子ども】結末や最終話は?完結までネタバレ感想!ハッピーエンドになるのか?
漫画「あの子の子ども」はドラマ化も決定しており蒼井まもる先生が別冊フレンドで連載している作品です。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。 【...
スポンサーリンク

【あの子の子ども】コミックス情報

あの子の子ども1巻あらすじ


「わたし 妊娠したかもしれない」

女子高生の福(さち)には、幼なじみの恋人・宝がいた。
ある日、体調に異変を感じた福は、妊娠検査薬を購入する。
家から離れた、遠い町のファミレスで検査薬を使用した福の目に飛び込んできたのは、“陽性”を表す2本の線だった――。

「女子高生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第1巻発売!

あの子の子ども2巻あらすじ


宝との約束の前に1人でクリニックを訪れ、
問診票の「中絶希望」欄にチェックを入れた福。

でも、超音波検査で目にしたのは
お腹の中でたしかに息づく、小さな“いのち”の姿で――。

宝との未来は? 高校は? 親にはなんて言えばいいの!?
中絶の期限まで残り3週。
福はどんな決断を下すのか――…。

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第2巻発売!

あの子の子ども3巻あらすじ


意を決してお母さんに妊娠していることを告げた福。
でも、お母さんの反応は期待していたものとは違った。

見放されたと感じた福は、たった1人、泣きながら夜を明かす。
そのときふと、お腹の中に15ミリの命が宿っていることを思い出し、
「中絶はしたくない」という考えが育ち始めて……。

迎えた宝の家族との話し合いの日。
中絶一択の宝のお母さんと、自分で責任を取りなさいと言う福のお母さんを前に、
福と宝が取った行動とは。
そして、2人の未来はどうなるのか――…!?

巻末には性教育講師・にじいろ先生によるQ&Aコーナーも収録。

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第3巻発売!

あの子の子ども4巻あらすじ


「中絶はしない」と決意した福。
変わっていく周囲の環境や、向けられる社会からの好奇の視線に宝と福はどう立ち向かっていくの――?

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第4巻発売!

あの子の子ども5巻あらすじ


妊娠という事実を一人で抱え込み、
頑張れば頑張るほど、孤立を深めていく福。

たった一人、味方でいて欲しい、宝ともついに衝突をして―――!?

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、蒼井まもるの意欲作、待望の第5巻発売!

あの子の子ども6巻あらすじ


大切な人との衝突、親友とのすれ違い、心ない誹謗中傷・・・。
懸命に、厳しい現実と立ち向かい、悩み迷い、それでも前を向く福。

いくつもの涙を乗り越えて、
福が切り拓く未来とは―――!?

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、蒼井まもるの意欲作、待望の第6巻発売!

あの子の子ども7巻あらすじ


妊娠がわかってから、家族や学校、まわりの人の反応…
様々な苦難にぶつかり、選択を迫られてきた。

たくさんの涙や失敗を乗り越えて、
なにが自分のためになるのか、福は選ぶことができるようになっていた。

通信制への転学を決め、親友の矢沢とも仲直りした。
宝とお母さんには和解の兆しが。

妊娠7か月を迎え、春の訪れも束の間、
再び、波乱の予感が―――!?

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、蒼井まもるの意欲作、待望の第7巻発売!