【あの子の子ども】結末や最終話は?完結までネタバレ感想!ハッピーエンドになるのか?

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「あの子の子ども」はドラマ化も決定しており蒼井まもる先生が別冊フレンドで連載している作品です。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【あの子の子ども】あらすじ

高校2年生の福は同い年の幼なじみ、宝と恋人同士。ある日、体調に異変を感じた福は以前、宝との行為中に避妊に失敗したことを思い出す。福は誰にも会わないよう、家から遠く離れた町で妊娠検査薬を使って…?

スポンサーリンク

【あの子の子ども】作品情報

タイトル: あの子の子ども

著者 蒼井まもる

カテゴリ 少女マンガ

出版社 講談社

レーベル 別冊フレンド

スポンサーリンク

【あの子の子ども】完結まで

漫画「あの子の子ども」はまだ完結しておりません。こちらがコミックス情報になります。

あの子の子ども1巻あらすじ


「わたし 妊娠したかもしれない」

女子高生の福(さち)には、幼なじみの恋人・宝がいた。
ある日、体調に異変を感じた福は、妊娠検査薬を購入する。
家から離れた、遠い町のファミレスで検査薬を使用した福の目に飛び込んできたのは、“陽性”を表す2本の線だった――。

「女子高生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第1巻発売!

あの子の子ども2巻あらすじ


宝との約束の前に1人でクリニックを訪れ、
問診票の「中絶希望」欄にチェックを入れた福。

でも、超音波検査で目にしたのは
お腹の中でたしかに息づく、小さな“いのち”の姿で――。

宝との未来は? 高校は? 親にはなんて言えばいいの!?
中絶の期限まで残り3週。
福はどんな決断を下すのか――…。

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第2巻発売!

あの子の子ども3巻あらすじ


意を決してお母さんに妊娠していることを告げた福。
でも、お母さんの反応は期待していたものとは違った。

見放されたと感じた福は、たった1人、泣きながら夜を明かす。
そのときふと、お腹の中に15ミリの命が宿っていることを思い出し、
「中絶はしたくない」という考えが育ち始めて……。

迎えた宝の家族との話し合いの日。
中絶一択の宝のお母さんと、自分で責任を取りなさいと言う福のお母さんを前に、
福と宝が取った行動とは。
そして、2人の未来はどうなるのか――…!?

巻末には性教育講師・にじいろ先生によるQ&Aコーナーも収録。

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第3巻発売!

あの子の子ども4巻あらすじ


「中絶はしない」と決意した福。
変わっていく周囲の環境や、向けられる社会からの好奇の視線に宝と福はどう立ち向かっていくの――?

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、新たな少女漫画、待望の第4巻発売!

あの子の子ども5巻あらすじ


妊娠という事実を一人で抱え込み、
頑張れば頑張るほど、孤立を深めていく福。

たった一人、味方でいて欲しい、宝ともついに衝突をして―――!?

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、蒼井まもるの意欲作、待望の第5巻発売!

あの子の子ども6巻あらすじ


大切な人との衝突、親友とのすれ違い、心ない誹謗中傷・・・。
懸命に、厳しい現実と立ち向かい、悩み迷い、それでも前を向く福。

いくつもの涙を乗り越えて、
福が切り拓く未来とは―――!?

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、蒼井まもるの意欲作、待望の第6巻発売!

あの子の子ども7巻あらすじ


妊娠がわかってから、家族や学校、まわりの人の反応…
様々な苦難にぶつかり、選択を迫られてきた。

たくさんの涙や失敗を乗り越えて、
なにが自分のためになるのか、福は選ぶことができるようになっていた。

通信制への転学を決め、親友の矢沢とも仲直りした。
宝とお母さんには和解の兆しが。

妊娠7か月を迎え、春の訪れも束の間、
再び、波乱の予感が―――!?

「高校生の妊娠」というテーマを真正面から描く、蒼井まもるの意欲作、待望の第7巻発売!

スポンサーリンク

【あの子の子ども】ネタバレ感想

高校生の妊娠

『あの子の子ども』は、高校生の妊娠という重いテーマを扱いながらも、登場人物たちのリアルな心情や葛藤を丁寧に描写することで、多くの読者の心に深く訴えかける作品です。以下に、この漫画の魅力を詳しく紹介します。

まず、物語の中心にいる福と宝の関係性が非常に現実的で、共感を呼びます。福は妊娠という重大な問題に直面し、自分の将来や社会的なプレッシャーに押しつぶされそうになります。その際に福が母親から聞いた「命に責任を持てるようになってからね」という言葉が重くのしかかり、彼女の心の中で繰り返されます。このシーンは、読者に対して生命の重みと、それに対する責任について考えさせる非常に強力なメッセージを送ります。

未成年の主張から学ぶ

一方、福のパートナーである宝は冷静で誠実な高校生として描かれています。彼は福の不安や悩みに真摯に向き合い、支えようと努力します。しかし、福は宝の言葉に対して「他人だから何とでも言える」という疑念を抱き続けます。

このような複雑な感情のやり取りは、現実の若者たちが直面するコミュニケーションの難しさを巧みに表現しています。

さらに、この作品は単に妊娠の現実を描くだけでなく、読者に対して教育的な側面も提供しています。福が生理周期に関する知識を持っていないことや、衝動的な行動が妊娠に繋がる過程が描かれることで、読者は妊娠に関する基本的な知識や、それに伴う責任について学ぶことができます。

特に若年層の読者にとっては、自分たちの行動がどのような結果を招くかを考えさせられるきっかけとなるでしょう。

柔らかいタッチで描かれる重いテーマ

また、物語の中で登場する院長先生の対応も非常に印象的です。先生は未成年の妊娠に対して批判的な態度を取らず、理解と共感をもって接します。

福の不安や恐怖に真剣に耳を傾け、冷静かつ温かみのある対応を見せる姿は、医療従事者としての理想的な姿を示しています。このような大人の存在が、未成年にとってどれだけ重要かを読者に伝えています。

『あの子の子ども』は、重いテーマを扱いながらも、絵の柔らかいタッチと優しい雰囲気が読者を引き込みます。キャラクターたちのリアルな表情や感情の描写が、物語に深みを与え、読者が感情移入しやすい作品となっています。

また、重いテーマにもかかわらず、ストーリーは決して暗くなく、希望と成長の要素が随所に散りばめられています。

この作品は、単なるエンターテインメントとして楽しむだけでなく、妊娠や命の重みについて深く考えるきっかけを提供するものであり、子供から大人まで幅広い読者に訴えかける力を持っています。『あの子の子ども』は、人々が共感し、学び、考えることができる素晴らしい漫画です。

スポンサーリンク

【あの子の子ども】おすすめ読者

『あの子の子ども』は多くの読者層に訴求する内容を持っているため、以下のような人々に特におすすめです。

性教育を学びたい未成年

まず、青春時代を過ごしている中高生にとって、この漫画は非常にリアルで共感しやすい内容です。高校生の妊娠というテーマを通じて、恋愛や性、命の重みについて深く考えさせられる機会を提供します。

若者が自分の行動や選択が持つ影響について考えるための一助となるでしょう。また、性教育の一環としても役立つ内容が含まれているため、自然な形で知識を身につけることができます。

未成年の子供がいる親

次に、親や教育者にとってもこの漫画は非常に有益です。子どもたちが直面する可能性のある問題を理解し、適切なサポートやアドバイスを提供するためのヒントを得ることができます。

物語の中で描かれる大人の対応や姿勢は、親や教師としての理想的な在り方を示しており、子どもたちとのコミュニケーションの取り方について考えるきっかけとなるでしょう。

妊娠や育児に興味がある方

さらに、妊娠や育児に関心がある若い女性にもおすすめです。この漫画は、妊娠や出産に関する現実的な問題や課題を描いており、実際の経験や知識を深めるための参考になります。特に若年層の読者にとって、妊娠や育児がもたらす責任と喜びについてリアルな視点から学ぶことができます。

また、恋愛漫画やドラマチックなストーリーが好きな読者にもおすすめです。この漫画は、シリアスなテーマを扱いながらも、キャラクターの成長や人間関係の変化を描くことで、感情移入しやすいストーリー展開となっています。登場人物たちのリアルな心情や葛藤が描かれることで、読者は深い感動を味わうことができるでしょう。

単純にラブストーリーが好きな人

最後に、社会問題に関心がある人々にもこの漫画は一読の価値があります。高校生の妊娠というテーマは、現代社会においても重要な問題であり、この漫画を通じてその現実を理解することができます。社会的な視点から物語を読み解くことで、妊娠や出産に関する社会のサポート体制や教育の在り方について考えるきっかけとなるでしょう。

『あの子の子ども』は、幅広い読者層に訴求するテーマとストーリーを持っており、多くの人々にとって貴重な読書体験を提供する作品です。