【シャーマンキングFLOWERS】完結まで!結末や最終話まで!ネタバレ感想!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「シャーマンキングフラワーズ」は武井宏之先生が連載していた、シャーマンキングの正統続編。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【シャーマンキングFLOWERS】あらすじ

シャーマンファイトから、14年後のふんばりが丘…。伝説の戦士・葉の一人息子・麻倉花は、シャーマンとしての才能を発揮出来ず、鬱屈した生活を送っていた。その花の前に、もうひとつの麻倉家を名乗る二人が現れ──!!次世代シャーマン達の物語が幕を開ける!!

スポンサーリンク

【シャーマンキングFLOWERS】作品情報

タイトル: シャーマンキングFLOWERS

著者: 武井宏之

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 集英社

レーベル: ヤングジャンプコミックスDIGITAL

スポンサーリンク

【シャーマンキングFLOWERS】完結まで

1巻ネタバレ


麻倉花は、現在のシャーマンキングである麻倉ハオの甥であり、優れたシャーマンの才能を持つ中学生です。彼は麻倉家という名門シャーマンの家系で、将来の家督を継ぐことが期待されています。しかし、育て親である玉村たまおの指導に従い、霊を使ったケンカは禁じられており、花は戦う相手もいないため、シャーマンとしての能力を無駄にしていました。退屈な日々が続いていました。

ある日、花は自身の持霊である阿弥陀丸を連れて、墓地で不良たちと遭遇し、ケンカを売られてしまいます。花はオーバーソウルを用いて阿弥陀丸とともに勝利を収めますが、帰宅するとその出来事がたまおに知られ、厳しい叱責を受けます。そんな気が滅入った花の前に、謎の少年である麻倉葉羽が現れます。たまおの懸念に反して、花は葉羽を容易に打ち負かしますが、次に葉羽の姉である麻倉路菓が登場します。葉羽と路菓は、もう一つの麻倉家の運命を背負う姉弟であり、闇に消えた過去を抱えています。花は彼らとの出会いと闘いを通じて、日常の退屈さから解放され、新たなシャーマンたちとの戦いに巻き込まれていくのです。

2巻ネタバレ


麻倉花は、麻倉葉羽と麻倉路菓の襲撃を受け、ケガを負いますが、辛くも命を取り留めることができました。彼女を救ったのは、アルミ・ニウムバーチと名乗る存在でした。後日、病院で目を覚ました花の前に現れたアルミは、「3代目イタコのアンナ」と名乗り、花の許婚であることを告げます。アルミの登場は、「フラワーオブメイズ」と呼ばれる新たなシャーマンたちの戦いの幕開けを意味していました。

花は梅宮竜之介を介してアルミの話を聞き、玉村たまおからシャーマンとしての戦いを禁じられていた本当の理由を知ります。その頃、たまおは裏・麻倉家の本拠地である京都を訪れていました。たまおは突如として敵の本拠地に向かい、大天狗のオーバーソウルを用いて屋敷を襲撃します。麻倉葉虚を圧倒したたまおは、裏・麻倉家の陰謀を解明しようと試みます。

一方、退院した花は通常通り学校に行きますが、そこに転入生として葉羽が現れます。花と葉羽は、フラワーオブメイズが開催されるまでの間、一時的な休戦を結び、友情を築いていくことになります。さらに、アルミも同じクラスに転入し、花は彼女に振り回される日々が始まります。

3巻ネタバレ


麻倉花は、麻倉葉羽と一緒にショッピングモールに向かいましたが、そこで麻倉路菓と彼女の手下である一原竜次に襲撃されます。花は自身の持霊である阿弥陀丸を使って対抗しようとしましたが、阿弥陀丸は既に路菓の手によって人魂の姿に石化され、無力にされてしまっていました。

葉羽は花を助けようとしましたが、自身も負傷し、花は意識を失います。しかし、花は謎の力を目覚めさせ、室内の塵や埃を媒介にして子鬼のオーバーソウルを発動し、さらには闇に包まれた真っ黒な巨大な鬼「闇鬼」を召喚します。花の制御を失った状態でしたが、アルミ・ニウムバーチの介入により、事態は収拾されます。

その後、葉羽は路菓を操って花を襲わせた真相を解明すべく、天照山車の本体を捜索し始めます。しかし、本体は何らかの手段により、石化した阿弥陀丸とともに鴨川羊介に回収されてしまいます。路菓は正気を取り戻し、同時に目を覚ました花は、阿弥陀丸を失った現実に落胆し、怒りに駆られます。しかし、アルミによって叱責され、落ち着かされます。

そこに現れた玉村たまおは、路菓たちを夕食に招き、黒幕の詳細を聞き出そうとするのでした。

4巻ネタバレ


持霊の阿弥陀丸を奪われた麻倉花は、一人でいつもの墓地に立っていました。心配事が頭をよぎる中、阿弥陀丸のことを思案していた花の前に、謎の少年である伊吹ガッコが突如現れます。ガッコにケンカを売られた花は、阿弥陀丸の支えを失い、無防備な状態で彼との戦いに巻き込まれます。花は子鬼を発動させますが、そのまま闇鬼に取り込まれ、自我を喪失します。

「チームハオ」を名乗るガッコは、新たなオーバーソウル「オーガハンター」を用いて全身を鎧で覆います。オーバーソウル同士の激しい戦闘が繰り広げられ、鬼花と化して制御を失った花は、ガッコの「鬼斬り包丁」によって斬られ、気を失います。しかし、ガッコとナマハを目にし、再び鬼を使おうとする花に、アルミ・ニウムバーチが制裁を与えます。

そして、ガッコが「フラワーオブメイズ」という神々の争いの参加者であり、花がそのチームハオのボスであること、またアルミがチームの総監督を務めることが判明します。一方、横茶基地にはシャーマンの少年である道黽が到着していました。

5巻ネタバレ


河原で闇鬼を使用して命を落とした麻倉花は、精霊王「グレートスピリッツ」の内部に身を置き、そこで現王の麻倉ハオと再会します。ハオは花を現世に帰す前に、花と14歳の麻倉葉を対決させることを考えています。花は自身の父である昔のハオとの対決に挑むことになり、自信満々で葉に立ち向かいます。しかし、葉のオーバーソウルによって攻撃を弾かれ、簡単に敗北してしまいます。この戦いを通じて、葉から「決定的に不足しているもの」について指摘を受けた花は、敗北し、気を失います。

花が目を覚ますと、プチ修羅地獄にいて、そこには謎の男である桜井が現れます。一方、花の死後のふんばり温泉で新たな事件が発生し、ルドセブとセイラームがゴーレムと共に現れます。伊吹ガッコたちは驚きますが、そこに謎の少女であるブラックメイデンが登場します。ブラックメイデンは道黽の母親の仇であり、黽は彼女に立ち向かいますが、彼女の凶悪なオーバーソウルの前に敗北し、重傷を負って倒れます。玉村たまおの力により状況は一旦収まりますが、同時にルドセブたちもチームヤービスの一員であることが判明します。

6巻ネタバレ


プチ修羅地獄に送り込まれた麻倉花は、戦闘機である零戦に乗る日本兵である桜井と遭遇します。桜井は花に自身の生きた時代について語り出し、その時代の出来事や感情を共有します。同時に、麻倉ハオはすでに戦死している桜井を、花の新たな持ち霊にしようとたくらみますが、ハオの策略を阻止しようと、チームヤービスの大将である鴨川羊介が花の前に現れます。

花は羊介との激闘の中で、彼と過去に出会ったことを思い出します。しかし、羊介の圧倒的な読心能力やコピー能力に対抗するすべはありませんでした。結局、花は敗北し、新たな次元へと移動させられます。そこは日本軍の基地で、零式戦闘機が並び、花は終戦間際の状況であることを理解します。花は桜井とその仲間たちと出会い、基地での生活を共にします。

しかし、基地は敵軍の攻撃を受け、花は桜井に導かれて彼の零戦に乗り込みます。戦局はますます厳しくなりますが、花は自己犠牲の覚悟を持つ桜井たちの姿勢から、「自分に足りないもの」を見出すことに成功します。

前作シャーマンキングを無料で見るならこちらがおすすめ


U-NEXTの特徴
・無料登録で600ポイント(新作漫画1冊分)
・31日間で解約すればお金がかからない
約22万本のアニメや映画やドラマも見れる
毎月1,200円分のポイントがもらえる
2分で簡単!無料登録!
スポンサーリンク

【シャーマンキングFLOWERS】打ち切りエンド?

完全に打ち切りエンドで幕を閉じました。単行本の帯や表紙裏に、最終巻であることを示す文字は見当たらず、その代わりに「最終廻」という表記が、ページをめくると突如現れました。この漫画は単行本のみにおける演出であり、その衝撃が一層際立ちました。

物語の中で、主人公の花はコミューンで答えを見つけ、無事に蘇生できるのでしょうか?メンとブラックメイデンとの確執はどのように解決されるのか?ハオとは異なる形で登場する難敵である羊介との対峙はどのように進展するのでしょうか?そして、何よりも気になるのは、ハオが一体何をしようとしているのかです。お金がないように見えますが、ヤービスのカードを欲しがっているようです。

作者の武井さんの作品が未完結に終わることが多い傾向に気づきます。もしその原因が作品の雰囲気が一般の受け入れにくいものである場合、それも理解できますが、作者自身が作品を続ける意志を持っていない場合、それは残念です。どの作品であれ、一度題材を掲げたなら、きちんと結末を示してから完結させてほしいと思います。

2024年にアニメ化が決定しているのですが、どのように締めてくるのか?

スポンサーリンク

【シャーマンキングFLOWERS】ネタバレ感想

前作の「シャーマンキング」とは異なる雰囲気で楽しむことができた「フラワーズ」。新たに登場した三代目アンナや今後の展開が気になるキャラクターである道黽、前作からのキャラクターや新たな登場人物との絡み合いが、物語をどのように広げていくのか非常に楽しみです。

特に、主人公の花のオーバーソウル(O・S)は、格好よく描かれ、テンションが上がります。しかし、物語には残念な点も存在します。それは戦闘シーンの描写に関するもので、前作の「シャーマンキング」の後半部分や「ユンボル」、「ウルティモ」にも共通して言えることです。戦闘がやや大雑把に描かれており、特に必殺技の応酬など細かな描写が不足しています。キャラクターたちがあっさりと敗北したり、傷を負ったりする場面が多いため、もう少し戦闘の見せ場が欲しいと思います。キャラクターたちの魅力的なデザインや戦闘スタイルが描かれているため、それらをもっと生かす余地があると感じます。

「フラワーズ」は少なくとも前作の「シャーマンキング」を楽しんだ人にはおすすめできる作品だと思います。しかし、作者の作品が未完結で終わることが多いことから、それに対する不安も感じます。どんな作品であれ、一度題材を掲げたなら、きちんと着地点を示してから終わってほしいと思います。

【シャーマンキングFLOWERS】ネットの感想

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...