【あやかしの葬儀屋】ネタバレ1話感想!主人公の正体は?あやかしと人間の異形葬儀屋漫画!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

あおたゆきこ先生の新連載作品、「あやかしの葬儀屋」が、本日の10月25日に少年サンデーS12月号(小学館)で幕を開けました。この作品は、人間とあやかし、生者と死者といった二つの世界をつなぐ異形の葬儀屋たちの物語です。物語は、蛇のあやかしであるカガチと、死者の記憶を見ることのできる人間である八重波の旅を中心に描かれます。本記事ではその1話である汚泥の宝石のネタバレ感想やあらすじを書きたいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【あやかしの葬儀屋】あらすじ

あやかしの死に、穢れあり。 それは土地を蝕み、時に化け者を生む、不浄なる存在。 これは穢れを祓い、異形の死を見つめる、 “あやかしの葬儀屋”の物語――

スポンサーリンク

【あやかしの葬儀屋】1話ネタバレ

宝石の花が咲く沼

あやかしを弔うために、カガチと八重波は、あやかしの専門葬儀屋として、その存在意義を信じていました。彼らの信仰に従えば、あやかしを弔うには人間の罪人でなければならないという考えが根深く、彼らの使命の一部でした。そうした信念を胸に、二人は「宝石の花が咲く沼」として知られる、不気味な場所へと向かったのです。

「宝石の花が咲く沼」は、その名の通り、宝石のような美しい花が水面に浮かび、幻想的な景色を作り出していました。しかし、その美しさには裏に潜む不気味さがあり、それがカガチと八重波の興味を引きました。彼らの目的は、この場所に存在する「宝石」と呼ばれる花に秘められた謎を解明することでした。

調査を進める中で、カガチと八重波は「宝石」が実は「穢れ」と呼ばれる呪いであることを突き止めました。これはあやかしとの関係において重要な発見であり、彼らの任務に新たな展望をもたらしました。水質調査を行っている最中、石を投げつける少女との出会いが、さらなる謎の幕開けとなるのでした。

カガチの正体

石を投げつけられた少女は、妖力を駆使してその場から一瞬で姿を消しました。カガチと八重波は、彼女が一体何者なのかという疑問を抱えながら、更なる調査を進めました。この謎めいた出来事は、新たな謎と冒険の扉を開いたのでした。

花の「穢れ」についての調査が進む中、カガチはそれがあやかしの死を証言する証拠であることを突き止めました。これは、あやかしの世界と人間の世界が交わる境界において極めて重要な事実であり、カガチと八重波の使命に新たな深みをもたらしました。

さらなる村の調査を行っている際、彼らは過去に「マルカ」と呼ばれるあやかしが現れたことを知りました。村の住人たちは、マルカによる襲撃で村が荒廃し、生き残れなかった可能性があることを示唆する話を聞きました。これは、あやかしと人間の関係が複雑で、時に危険なものであることを示しています。

そして、あやかしと人間の共存関係がこの世界で現在も続いていることが明らかになりました。驚くべきことに、カガチ自身もかつてはあやかしの一員であったことが判明し、新たな謎と戸惑いが彼を取り囲みました。

八重波の正体

宝石の花が咲く沼の底にマルカが眠っている可能性を指摘したのはカガチでした。その瞬間、石を投げた少女が再び姿を現しました。彼女は沼に飛び込み、マルカが眠るとされるその場所へ向かいました。しかしこの沼には強力な穢れが漂っており、その呪いは少女の体を次第に蝕み始めました。

危機に瀕した少女を救うため、カガチは大蛇の姿へ変身し、八重波と協力して救出に挑みました。苦闘の末、彼らは少女を呪いから解放することに成功しました。しかし、意外なことに、少女はマルカと共に息を引き取ることを拒絶しました。その瞬間、八重波は驚くべき能力を発揮し、自身の体を変容させ、マルカの記憶の中に入り込むことに成功しました。

この出来事で明らかになったのは、八重波が死者の記憶を閲覧できる特別な能力を持っていることでした。八重波の能力は、物語に新たな謎と可能性をもたらし、彼女とカガチが直面する冒険の途中での重要な要素となったのでした。

マルカの記憶

あやかしであるマルカの記憶の中には、かつて人間たちにいじめられ、自身の甲羅を剥がされる危機に瀕した出来事が鮮明に映りました。マルカは命からがら逃げ出し、その途中で少女と出会います。少女に「ハニ」と名付けたマルカ、お互いが孤独で困難な境遇に置かれていることから、二人はすぐに心を通わせることとなりました。

この出会いから、マルカはハニに対して特別な感情を抱き、ハニを自分の穢れから守るために、自ら沼に身を投じる覚悟を持ちました。

そんなマルカの想いを八重波が代弁し、葬儀屋としての使命を全うすることに成功しました。八重波の特別な能力を活かし、マルカの遺志を伝え、彼女を心から弔うことができました。この出来事は、カガチと八重波にとって、あやかしの世界と人間の関係における新たな一歩であり、感動的な結末となったのでした。

スポンサーリンク

【あやかしの葬儀屋】ネタバレ感想

「あやかしの葬儀屋」のストーリーは非常に魅力的で感動的です。この漫画は、あやかしと人間、生と死といったテーマを巧みに組み合わせ、独自の世界観を構築しています。

カガチと八重波という主要キャラクターは、あやかしを弔う葬儀屋としての使命を背負いつつ、それぞれの能力と個性を通じて物語を豊かにしています。特に、八重波の死者の記憶を覗く能力は、あやかしへの過去へアクセスし感情移入を促します。あやかしは決して悪だけではないことが明白になる。真の悪は人間の方だったという事実が分かってしまう罪悪感さえ味わえる。

あやかしであったマルカは、人間のハニに寄り添い穢れという呪いから守る為に犠牲になった。このシーンは死者の記憶を見れる八重波の力によってハニに直接伝えることができた。ハニという名前はマルカしか知らないことで八重波に疑心暗鬼だった気持ちは綺麗晴れ。一瞬で信じさせる説得力の材料になった。あやかしマルカを弔うだけでなく、ハニの心のもやも綺麗に晴らせてあげたことは、死者の記憶を読めることができる設定が大いに生きた。

「あやかしの葬儀屋」は、あやかしの世界と人間の世界の共存についての深い洞察を提供し、その両者を結びつける異形の葬儀屋たちの冒険を通じて、愛と犠牲の美しい物語を描いています。そのため、この漫画は感動的で印象深い作品と言えるでしょう。

共存や死に対する倫理観をテーマに描く作品が好きな人にはおすすめです。

スポンサーリンク

【あやかしの葬儀屋】ネットの声

スポンサーリンク

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...