【村田版】ワンパンマンラブコメ展開!サイタマがタツマキ抱きつき発狂!

うつ病恋愛感情★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

「ワンパンマン」最新話での驚愕展開がでたことが判明した!圧倒的強さで敵を任してきたサイタマが、タツマキとラブコメ展開になったことが話題に。本記事ではどのような展開が起こったのか詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ワンパンマンラブコメ展開に発展


最近、人気漫画『ワンパンマン』の作者である村田雄介氏の作風が、「なろう系」と呼ばれる、主人公が無双し、ハーレムを築くストーリー展開に近づいているのではないかという説が広がっています。

3月23日に配信された『となりのヤングジャンプ』の最新話では、この説を象徴するような展開が待ち受けていました。具体的には、主人公が複数の女性から好意を寄せられる中でのラブコメディ的な場面が描かれていたのです。

これらの展開は、以前の作品に比べて、より「なろう系」の要素が強くなっていると指摘されています。ただし、ファンの中には、このような展開に対して肯定的な意見もあるようです。

スポンサーリンク

サイタマとタツマキが密着!

サイタマVSタツマキ

『ワンパンマン』の主人公・サイタマが、自分が妹のフブキにふさわしい人物かどうかを見極めるために、彼女のライバルであるタツマキと力比べを行うことになりました。

そして、物語の第227話では、その壮大な戦いが描かれています。タツマキはサイタマに対して、真剣なテストと称して激しい戦いを挑みます。二人の戦いは、様々な場面で展開され、互いに真剣勝負を繰り広げます。

そして、壮絶な戦いがひと段落するところまでが描かれています。この戦いで、サイタマがタツマキを圧倒するシーンもあれば、逆にタツマキがサイタマを追い詰める場面もあります。その結果、サイタマはタツマキに対して真の力を示し、彼女が自分に対して抱いていた疑念を払拭することに成功します。

このように、サイタマとタツマキの力比べは、物語の中でも大きな見せ場のひとつとなっています。読者は、二人の壮絶な戦いがどのような結末を迎えるのか、熱心に注目しています。

イケメンなサイタマの一面

サイタマとタツマキの戦いは、サイタマの実質的な勝利で幕を閉じましたが、注目すべきはタツマキの心情描写です。

タツマキは、誰にも頼らずに生きることを選び、ただブラストだけを尊敬していました。しかし、今回の戦いで、サイタマにその面影を重ね合わせるようになります。そして、サイタマから超能力を認められると、頬を染めてどこかうれしそうな反応を見せました。また、サイタマから頭をポンポンと撫でられるシーンでも、乙女な顔を披露しました。

ワンパンマンVSタツマキ

最終的には、「また抜き打ちテストするからな」という予告をして、典型的なツンデレらしい態度をとっていました。この一連の流れに、ファンたちは大興奮しました。《サイタマに懐くツンデレなタツマキがかわいすぎた…》《頭ぽんされた時の顔かわいい》《今回でハッキリとサイタマ大好きっ娘と化しているタツマキちゃん》と、色めき立っていたのです。

このように、タツマキの心情描写が詳しく描かれたことで、彼女のキャラクターに深みが増し、ファンたちは彼女にますます惹かれているようです。

スポンサーリンク

原作から外れ出した村田先生版ワンパンマン

最近の「ワンパンマン」の展開は、ONEによる原作版から少々逸脱していると言われています。原作でもサイタマとタツマキのバトルは描かれていましたが、ラブコメめいた描写はほとんどなかったのです。

さらに、少し前に描かれた第223話では、『To LOVEる-とらぶる-』のようなお色気ハプニングや、フブキを巻き込んだ三角関係も匂わせられていましたが、これもオリジナル展開であることが指摘されています。

「ワンパンマン」は、主人公がチート級の最強キャラであることなどから、「なろう系」の作風に近いと言われていました。しかし、今回の展開に加えて、ハーレムラブコメめいた描写が次々と投下されているため、その印象はさらに加速しているという見方もあります。

このまま村田先生版のサイタマは、モテモテ主人公とテンプレにハマっていくのだろうか、という懸念があるようです。一方で、このような展開に対して肯定的な意見もあり、ファンの意見は分かれているようです。

スポンサーリンク

ワンパンマンラブコメ展開!サイタマがタツマキ抱きつき発狂!まとめ

人気漫画「ワンパンマン」の作者である村田雄介氏の作風が、「なろう系」と呼ばれる、主人公が無双し、ハーレムを築くストーリー展開に近づいているという説が広がっている。

3月23日の最新話では、主人公と複数の女性とのラブコメディ的な場面が描かれた。この展開は、以前の作品に比べ、より「なろう系」の要素が強くなっていると指摘されている。ただし、ファンの中には、このような展開に対して肯定的な意見もあるようだ。また、原作版から逸脱している展開が多くなっており、作品の印象が変わってきている。

▼あわせて読みたい▼

【アニメ】ワンパンマン3期はいつ?マッドハウス復活?J.C.STAFF再びか?
2022年8月18日に、「ワンパンマン」のアニメ3期の制作決定報告がとなりのヤングジャンプで行われました。この作品は、最強ヒーロー・サイタマがどんな敵でも一撃で倒すという設定を持ち、ギャグ要素もあるアクション作品です。ファンの多くは、3期の...