【悲報】ゴールデン・ガイはパクリ?ゴールデンカムイと比較される理由!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

『ゴールデン・ガイ』が『ゴールデンカムイ』のパクリ漫画か?という疑惑が持ち上がっている。両作品には類似点があるが、果たして真相は?本記事では今回はその比較と検証をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゴールデン・ガイあらすじ

「代紋<エンブレム>TAKE2」「モンタージュ」の渡辺潤が描く極道×徳川埋蔵金の壮絶バイオレンスミステリー!!横浜を拠点とする暴力団組織・亀鶴一家に所属する大仏組組長・桜井凱。小人数ながら個性豊かな組員を束ね、明るく日々を過ごす中、事件が勃発。若き組員が殺されたのだ。背後に映る亀鶴一家内部で敵対する茜組の陰謀。そして、深淵にある“徳川埋蔵金”の存在……。欲望、暴力、因縁が交錯する戦慄の物語、堂々開幕――ッ!!

スポンサーリンク

ゴールデン・ガイはゴールデンカムイのパクリ?

主人公の顔の傷

まずは、ゴールデンガイの主人公・桜井凱の特徴からご紹介します。彼には顔に大きな傷跡があるということが挙げられます。過去のケンカによってできた無数の傷跡もあり、鮮やかに敵を倒す姿が魅力的です。

一方、ゴールデンカムイの主人公・杉元佐一にも類似した特徴が見受けられます。彼の顔にも傷跡があることがわかります。しかも、傷跡はほぼ同じ場所にあります。

また、杉元佐一も戦争で兵士として戦ったことから、体中に無数の傷跡があるという設定があります。時代的な背景は異なりますが、両者ともに戦いによってできた傷が身体に残るという共通点があるのです。

金塊をめぐる物語構成

ゴールデンガイは、主人公のガイが徳川の埋蔵金を探す中で、組織の陰謀に巻き込まれていくストーリーです。一方、ゴールデンカムイは、主人公の杉元がアイヌの埋蔵金を探すため、アシリパと共に旅をする物語です。

両作品は金塊を手に入れる目的に違いがありますが、金塊を探すという点で共通しています。

また、敵勢力に邪魔されるという展開も似ており、金塊のヒントを得るために戦うという点でも類似しています。

タイトルの類似

さらに、ゴールデン・ガイとゴールデンカムイというタイトルの類似点も挙げられています。両方のタイトルに「ゴールデン」という言葉が含まれており、金色や財宝を連想させる単語です。また、「ガイ」と「カムイ」の発音も似ており、聞き取りやすい音であることも共通しています。

これらの類似点から、読者からは「ゴールデンガイはゴールデンカムイのパクリでは?」という疑問が出てくるのも理解できます。

スポンサーリンク

ゴールデン・ガイはパクリではない?

渡辺潤先生による極道サスペンス漫画『ゴールデンガイ』は、個性豊かな組員たちが徳川埋蔵金を手に入れるため、敵対する勢力との戦いを描いています。

しかし、連載当初には、ストーリーの中心にある金塊を追うという点で、『ゴールデンカムイ』との類似性が指摘され、パクリ漫画では?との疑惑が浮上しました。『ゴールデンカムイ』と『ゴールデンガイ』の両作品には、北海道を舞台にした物語や、秘宝を巡るストーリーなど、共通する要素が見受けられます。

ただし、『ゴールデンガイ』の方は、極道を題材とした本格的なサスペンス作品であり、『ゴールデンカムイ』のようなアクションや冒険要素はあまりない点が大きく異なります。また、ストーリーの展開や登場人物、作画なども全く異なり、『ゴールデンカムイ』との直接的な関連性はないと言えます。

それでも、似たような要素があるため、比較されることは避けられません。しかし、それは両作品が独自の魅力を持っている証拠でもあります。総じて言えるのは、『ゴールデンガイ』は『ゴールデンカムイ』のパクリ漫画ではなく、独自のストーリーや世界観を持つ優れた作品であるということです。

スポンサーリンク

ゴールデン・ガイはパクリ?ゴールデンカムイと比較される理由!まとめ

『ゴールデンガイ』と『ゴールデンカムイ』には、主人公の顔に傷跡があることや、金塊を探すという共通点があります。また、タイトルにも類似点があり、疑問が浮上したこともあったようです。

しかし、両作品は異なる要素や作風があり、独自の魅力を持つ優れた作品であるということです。

▼あわせて読みたい▼

【悲報】LILI-MENはパクリ?チェンソーマンや東京喰種に類似?ネタバレ感想レビュー!
LILI-MENは講談社より1月6日発売されたヤンマガKCスペシャルで連載されている作品である。調べてみると「パクリ」というワードが検索されており、チェンソーマンや東京喰種の作品名があげられていた。 一体どのような点がパクリと言われて...