【解説】葬送のフリーレン!南の勇者が強すぎチートと言われる理由!ネタバレあり!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

「葬送のフリーレン」で人気のキャラクター南の勇者が強すぎると評価され、チートと言われる理由について解説します。本記事にはネタバレやあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

葬送のフリーレンあらすじ

勇者ヒンメルたちと共に、10年に及ぶ冒険の末に魔王を打ち倒し、世界に平和をもたらした魔法使いフリーレン。
千年以上生きるエルフである彼女は、ヒンメルたちと再会の約束をし、独り旅に出る。

それから50年後、フリーレンはヒンメルのもとを訪ねるが、50年前と変わらぬ彼女に対し、ヒンメルは老い、人生は残りわずかだった。
その後、死を迎えたヒンメルを目の当たりにし、これまで“人を知る”ことをしてこなかった自分を痛感し、それを悔いるフリーレンは、“人を知るため”の旅に出る。その旅路には、さまざまな人との出会い、さまざまな出来事が待っていた―。

スポンサーリンク

葬送のフリーレンの南の勇者とは?


南の勇者が登場する話数は、漫画「葬送のフリーレン」の63話です。

物語の中で、フリーレン一行が立ち寄った村には、南の勇者の像が設置されており、彼の偉業を知らなかったシュタルクたちに、フリーレンがその功績を説明します。

当時の人類にとって最大の脅威は、北側諸国を中心に大陸の要所を支配していた「七崩賢」と呼ばれる集団でした。特に、黄金のマハトはフリーレンたちにとっても倒すことができない化け物でした。

フリーレン一行は、実は七崩賢の内、2人しか倒しておらず、残りの2人は逃亡し、残る3人を倒したのは南の勇者でした。

南の勇者は、たった1年で魔王軍の前線部隊を壊滅させ、当時の魔王軍の補給経路の心臓部だった北部高原最北端まで到達しました。

そこで、魔王の腹心である全知のシュラハトと、終結した全七崩賢と戦い、最後は討たれました。1対8というあまりに不利な戦いでしたが、南の勇者は七崩賢の内3人を討ち取り、最後は全知のシュラハトと相打ちにまで持ち込んだとされています。

フリーレンも語っていたように、南の勇者の偉業はまさに「人類最強」という二つ名に相応しいものでした。彼の勇気や強さは、読者を魅了し、物語に大きな盛り上がりを与えました。

スポンサーリンク

葬送のフリーレンの南の勇者が強すぎる!

南の勇者は、その実力から「人類最強」という二つ名にふさわしい存在です。

彼の戦闘スタイルは、剣二本を使った二刀流であることが明らかになっています。また、未来視の能力との相性も良さそうですね。

作中では、魔王軍の最高戦力である8人のうち、魔王の腹心である全知のシュラハトと七崩賢の内3人を相討ちするという、非常に不可解な戦果を上げました。この戦いでは、南の勇者はたった1人で理不尽極まりない布陣に挑みました。

勇者ヒンメルと単純に比較することはできませんが、南の勇者の個人戦力は、おそらく勇者ヒンメルをも凌駕すると考えられます。

彼の偉業は、読者の心を掴み、物語を一層盛り上げる要素の一つとなっています。南の勇者の強さや魅力について、ますます多くの人々が興味を持っていることでしょう。

スポンサーリンク

南の勇者が強すぎチートと言われる理由

南の勇者の未来視の能力

「葬送のフリーレン」の南の勇者は、未来視の能力を持っていました。彼は、物語の中でフェルンたちには秘密にしていましたが、実はフリーレンと面識がありました。ヒンメルの勇者パーティに加入する前、南の勇者はフリーレンに仲間になってほしいと誘ったことがあります。しかし、フリーレンはその誘いを断り、南の勇者はそれを予想していたかのように、あまり残念そうな様子を見せませんでした。

さらに、南の勇者はフリーレンに自分の秘密を打ち明けました。彼は、1年後に北部高原の地で自分が、全知のシュラハトと七崩賢の8人を相手に戦い、そこでシュラハトと相打ちになって命を落とすことを予知していました。この時、南の勇者は自分の未来を予知できたのですが、実はシュラハトも千年先まで見通す未来視の能力を持っていたのです。

シュラハトとの戦い

南の勇者とシュラハトの戦いは、未来視の能力を持つ両者同士の戦いでした。互いに自身の最期を知りながらも、それぞれの種族の最善の未来のために、不可避の戦いを選んだのでした。そして、彼らは相打ちという選択をしたのです。

フリーレンとの会話の中で、南の勇者は、ヒンメルの勇者パーティが世界を救うことを予言しました。そして、「道は必ずこの私が切り拓く、たとえ私の偉業が歴史の影に埋もれようとも」と言い残し、死地へと旅立ちました。

その後、魔王は勇者ヒンメルとフリーレンたちの勇者パーティによって倒されました。なお、南の勇者と同じく未来視の能力を持つシュラハトも、その未来をしっかりと予知していました。しかし、魔王が倒されることを知っていたからこそ、魔族の存亡をかけ、千年先の魔族の未来を守るために自身の命を賭して、南の勇者との相打ちを選んだのです。

南の勇者とシュラハトの戦いは、互いに自身の未来を知りながらも、運命に逆らい、それぞれの立場で最善を尽くす、人間味あふれる戦いでした。物語の中で描かれるキャラクターたちは、全てが自身の信念に従い、自身の使命を全うする姿が描かれています。南の勇者は、その強さと決意を持って、物語の中で輝く存在となりました。

チートと言われる由縁

「葬送のフリーレン」に登場する南の勇者は、剣二本を用いた二刀流の剣士で、未来視の能力を持っています。そのため、戦闘スタイルと相性が良く、強力な戦闘力を発揮することができます。南の勇者は、人類最強の異名を持つことにふさわしい存在であり、彼の強さは多くの人々によって高く評価されています。

南の勇者が最強と評価される理由は、その過去の功績にあります。彼は、魔王軍の最高戦力である七崩賢の内3人を討ち取りました。この戦いは、たった1人で8人の強力な敵と戦い、その中でも七崩賢の3人を討ち取ったという驚異的な戦績を挙げたことにより、南の勇者の強さは世界中に知れ渡りました。

さらに、魔王を倒した勇者ヒンメルたちの勇者パーティは、七崩賢を2人しか倒せていませんでした。このことから、南の勇者は個人の戦闘力としても、勇者ヒンメルを上回ると考えられています。そのため、南の勇者は人類最強という異名にふさわしい存在であり、彼の強さは多くの人々によって高く評価されているのです。

スポンサーリンク

南の勇者に対するネットの反応

【解説】葬送のフリーレン!ネタバレ!南の勇者が強すぎチートと言われる理由!

「葬送のフリーレン」に登場する南の勇者は、剣二本を用いた二刀流の剣士で、未来視の能力を持ち、人類最強の異名にふさわしい存在です。

彼は、魔王軍の最高戦力である七崩賢の内3人を討ち取り、勇者ヒンメルたちの勇者パーティが倒せなかった2人も含めた5人を倒したことで、その強さが世界中に知れ渡りました。南の勇者の強さや決意は、物語に大きな盛り上がりを与え、彼がチートと言われる理由は、戦闘スタイルと未来視の能力が相性が良く、強力な戦闘力を発揮することができるためです。

▼あわせて読みたい▼

【漫画】あかね噺ネタバレ感想あらすじ!尾田栄一郎も絶賛の落語漫画とは?
「あかね噺」は、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画であり、「落語」というニッチなテーマを扱っています。この作品は、マンガ大賞2023にもノミネート、さらにワンピースの作者である尾田栄一郎先生も絶賛しており、今もっとも注目を浴びている作品の一...