【感想】歴史メンタリスト打ち切りか?不謹慎なネタが多く炎上?閲覧数ガタ落ち?

このページにはプロモーションが含まれています

「歴史メンタリスト」の展開に注目が集まり、打ち切りなのではという声も。その理由は、最近のエピソードで取り上げられた不謹慎なネタと、閲覧数の急激な落ち込みによるものです。ファンや視聴者からの反応は、賛否両論となっており、物議を醸しています。一部の視聴者は、不謹慎なユーモアが作品に適していないと感じ、炎上騒ぎに発展しました。その結果、閲覧数も急落し、作品の未来に暗雲が立ち込めていると言えます。本記事はネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

歴史メンタリストあらすじ

コロナによって世界が変わった――にも関わらず、何も変わらない朔太郎(大学院生)は、突如、現れた仏くんによって【歴史メンタリスト】に任命される!!日本史上の偉人たちの偉業に隠されたダメダメっぷりに心を乱されながらも、朔太郎は彼等のひたむきな姿に自分を見つめ直していく…(はず)。そんな人生応援歴史コメディ開幕!!

▼あわせて読みたい▼

【感想】歴史メンタリストネタバレ!仏の正体とは?鳥トマトが放つ歴史コメディー漫画!
漫画「歴史メンタリスト」についてネタバレ感想をお届けします。この作品は、鳥トマトさんによって描かれた、歴史とコメディが融合した魅力的な漫画です。もしまだ読んでいない方は、今すぐ注意してください!ネタバレが含まれる内容となっています。 歴史メ...
スポンサーリンク

歴史メンタリスト不謹慎なネタが多く炎上?

大学院生の朔太郎は、コロナ禍による変化の中で普通の日常を送っていました。しかし、ある日、突然現れた仏くんというキャラクターが朔太郎を「歴史メンタリスト」として指名し、彼に歴史の偉人たちの「人間らしさ」を見つけ出す使命を与えます。

朔太郎は最初、歴史の偉人たちの実際の姿と、その「ダメダメっぷり」に戸惑いますが、徐々に彼らのひたむきな姿勢から学び、自分自身を見つめ直すきっかけを得ます。歴史の舞台で活躍した偉人たちの人間性や弱点を発見し、笑いと感動を交えながら物語が進行します。

歴史メンタリストは、歴史をテーマにしたコメディ作品であり、歴史の偉人たちの人間性を浮き彫りにしながら、朔太郎の成長と自己成長を描いていくものでした。しかし主人公の友達が緊急事態宣言を無視してオープンしている店で酒を飲むという不謹慎なネタがあったり、偉人である一休さんが成仏するのではなく、むしろ主人公がカウンセリングを受けてメンタルを回復させるというアプローチに賛否が巻き起こりました。

これにより、ストーリーのコンセプトが一貫性を持たせない部分にマイナス点を覚える読者も。

スポンサーリンク

歴史メンタリスト閲覧数ガタ落ち?

「歴史メンタリスト」の今週のエピソードでは、ランキングで10位に低下し、視聴者の評価が大きく分かれる事態が生じています。視聴者の反応を大別すると、擁護派と否定派に大別されます。

まず、擁護派からの声には、歴史の偉人たちの性格描写が面白く、フィクション要素やストーリーテリングの質が高いという評価が寄せられています。彼らは、ギャグ要素が織り交ぜられたコメディの要素にも満足し、物語の進行に引き込まれたと述べています。彼らにとって、「歴史メンタリスト」は歴史の枠を超えて、エンターテインメントとして楽しめる要素が魅力となっているようです。

一方、否定派からの意見では、エピソード内に設定や登場人物の発言に矛盾が見られたとの指摘が挙がっています。また、主人公の存在意義についても不明確さを感じる声があります。彼らは、物語の整合性や主題の明確さに不満を抱いており、これが視聴者の評価の分かれる原因と考えられます。

このように、「歴史メンタリスト」の最新エピソードは、視聴者の期待と評価に関して様々な意見が交錯しており、今後の展開に注目が集まっています。

スポンサーリンク

歴史メンタリストは打ち切られる?

もし「歴史メンタリスト」がジャンプ+で閲覧数やアンケート結果を重要視している場合、現在の状況が続けば、作品が打ち切られる可能性も考えられます。しかし、まだまだ逆転の余地は大いにあります。

視聴者の評価や関心を引き寄せるために、今後のエピソードに改善点を取り入れ、物語をさらに魅力的にすることが重要です。視聴者のフィードバックを真摯に受け止め、作品の質を向上させる取り組みが、打ち切りの危機を克服する鍵となります。期待と信念をもって、作品を進化させていくことが、再び人気を取り戻す道だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

歴史メンタリストネットの感想

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...

まとめ

「歴史メンタリスト」の最新エピソードは、ジャンプ+において閲覧数やアンケート結果の重要性を考慮すべき状況にあります。閲覧者からの評価は賛否が分かれており、打ち切りの危機に瀕している可能性も指摘されています。しかし、改善の余地があるとともに、視聴者の意見を受け入れて作品を向上させ、人気を取り戻すチャンスも存在します。これからの展開に期待と信念を寄せつつ、物語の進化が鍵となるでしょう。