【カグラバチ】コピペ幼女シャル爆誕!ネットミーム化で話題に!ネットの声あり!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

漫画「カグラバチ」のコピペに関する問題が浮上!コピペを多用した幼女のシャルの登場により、ネット上でコピペ幼女として話題!ネットコミュニティではさまざまな声が広がっています。本記事にはネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【カグラバチ】あらすじ

刀匠を志す少年チヒロは、刀匠である父の下で、日々修行に励んでいた。
おちゃらけた父と寡黙な息子。
笑いの絶えない毎日がいつまでも続くと思っていたが…

ある日悲劇が訪れる…
血塗られた絆と帰らない日常。
少年は憎しみを焚べ、決意の炎を心に宿す。

異才が描く、剣戟バトルアクション!

▼あわせて読みたい▼

【カグラバチ】完結まで!最終話や結末は?!外薗健が放つ剣戟バトルアクション漫画!
週間少年ジャンプで連載中の漫画『カグラバチ』は外薗健氏によるこの剣戟バトルアクション漫画です。本気記事では完結までネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。 【カグラバチ】あらすじ ...
スポンサーリンク

【カグラバチ】コピペをしてる?

週刊漫画誌の制作は、作家たちにとって過酷なスケジュールの圧力のもとで行われており、毎週新たな連載作品を提供するという課題に直面しています。この厳しい状況のなかで、一部の作家は作画の手間を減らすためにコピペの技法を採用しようとすることがあります。ただし、このアプローチは適切な使い方が必要であり、誤用すれば読者に不自然さを感じさせる結果となることがあります。

「カグラバチ」も新連載にも関わらず、コピペを極端に多用して盛大な尺稼ぎを行う事例が見受けられました。この作品は、高い画力や謎の海外人気で注目されていたので読者からは賛否の声が

コピペカグラバチ:食べ物屋にて

エピソードでは、食べ物屋を巡るストーリーが進行していたのですが、驚くべきことに、3ページにわたってほぼ同じコマ割りと同じイラストが繰り返し使用され、ただ食べ物の種類が変えられていました。

時折、漫画作品において、敢えてコピペを使って天丼芸などのユニークな演出が行われることはありますが、この場合は3ページにわたって同じ構図が続くため、読者にはしつこさを感じさせました。さらに、このエピソードがシリーズの5話目であったことを考慮すると、個人的には印象があまり良くなかったです。

さらに、驚くべきことに、これは5話以前にも同じ作品内で、顔のコピペが複数回行われていたことが後から気づかれたのです。

コピペカグラバチ:4回連続コピペ

第6話「平穏」では、主人公チヒロが精神感応の能力を持つ妖術師に襲撃される場面が描かれています。特に注目すべきは、このエピソードにおけるコピペの使用です。チヒロが倒れた父親の傍らに立つシーンが、連続して4回コピペされています。

このコピペの手法は、チヒロの精神的な混乱を表現するための演出である可能性が考えられます。しかし、さらに注目すべきは、この場面から直後のページで、印象的なコマが存在することです。

妖術師がチヒロを見下ろし、勝ち誇る表情を浮かべる場面が描かれており、おそらくはここでもコピペが使用されていたでしょう。

コピペカグラバチ:コピペ幼女

特に注目すべきは、幼い子供であるシャルのキャラクターが登場する際、コピペが頻繁に利用されている点です。このコピーアンドペーストの連続使用により、キャラクターの縮尺が何度も調整され、特に顔が拡大表示される際に、解像度の低下が目立つことが多くなっています。

読者の間では、「コピペ幼女」とか「解像度が低い子供」といったネットミームが広まり、これらの現象が議論の的となっています。この状況が、作品においてキャラクターの絵柄の一貫性や品質に対する懸念を引き起こしていることも事実です。

スポンサーリンク

【カグラバチ】コピペしないといけない現状?

コピペの問題以外にも、この作品は第1話と比較すると、絵の品質に関して荒れた印象を受けることがあります。現時点では、作品を評価する際に褒められる要素は主に画力に限られると言えるでしょう。しかし、もし今後バトルシーンなどで絵が乱れるようなことが続くと、この作品が一瞬で打ち切りとなる可能性が高まります。

こうした状況から、この作品の制作においてアシスタント不足が懸念されており、制作のパワーが不足しているのではないかとの懸念が多くの読者やファンの間で共有されています。

実際に、ジャンプの新連載作品では、アシスタント不足という問題が頻繁に発生しています。その一例として、「マッシュル-MASHLE-」の連載開始時、作者の甲本一はアシスタントを十分に確保できなかったため、最初の数話を完璧に描き切ることが難しかったと公に語っています。

一方で、現在「カグラバチ」は、海外読者から大きな支持を受けており、公式プラットフォームである「MANGA Plus」のランキングでも、看板作品と競り合うほどの成功を収めています。

コピペが使われていることは確かですが、それほど気になるほどのレベルではなく、上手に手を抜いている印象を受けます。このまま成功してアシスタントの確保も視野にいれてもらいたい。

スポンサーリンク

【カグラバチ】ネットの声

スポンサーリンク

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...