【感想】警部補ダイマジンネタバレあらすじ!ドラマ化するほど面白い漫画!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

「警部補ダイマジン」という漫画をご存知ですか?今回は、その魅力に迫りつつ、ネタバレあらすじも交えて紹介していきます!さらに、この作品がドラマ化されるほど面白い理由もご紹介します。警察と犯罪者との攻防を描いたピカレスク・サスペンスの名作を、ぜひ一度チェックしてみてください。

スポンサーリンク

警部補ダイマジンあらすじ

『警部補ダイマジン』は、原作:リチャード・ウー、作画:コウノコウジによる日本の漫画作品。『週刊漫画ゴラク』にて、2019年1月18・25日合併号から連載中。 強い正義感をもつ警視庁捜査一課のエースが、法で裁けない犯人に剛腕を振りかざし、悪をもって悪を制すピカレスクサスペンス。

小学校1年生の少女が何者かに連れ去られた事件がありましたが、無事に保護されました。しかしながら、犯人は未だに逮捕されておらず、SNSでは30年以上前から行方不明となっている幼女連続誘拐の犯行だという噂が広がりました。

保護された少女の証言によれば、犯人は無精髭を生やしたボサボサ頭で、白いコートを着た大柄な男だったとされます。主婦たちは公園でこの噂を広めながら、まさに誘拐犯そっくりの男が通り過ぎます。その男の名は台場陣(ダイバジン)で、彼は警視庁捜査一課のエース警部補です。

台場は、公園で転んだ少女を助けていたダンディな男・大手セキュリティ会社の社長・天羽大を監視していました。天羽を尾行した台場は、彼が宿泊するホテルの部屋に潜入し、ロープで首を絞めて天羽を殺害し、自ら命を捨てたように見せかけてその場を去りました。

この事件の真相は謎に包まれています。刑事である台場がなぜ、天羽を殺害したのかについては、まだ解明されていません。

スポンサーリンク

警部補ダイマジンネタバレ感想!面白い3つのポイント!

素早いテンポで進む事件

『警部補ダイマジン』は、素早い展開が魅力のひとつです。物語の始まりから主人公が人を犯し、2話目ではその主人公が奴隷となる展開が待ち受けています。このように、早い段階で主人公に起こる衝撃的な展開が、視聴者を引き込んでいきます。

また、物語の進行は、『アラビアンナイト』の「漁師と大魔神」に見立てたものになっています。強力な大魔神と頭脳明晰な漁師という設定が物語を引き締めています。このような展開により、物語の緊張感や興味深さが増し、視聴者を引き付けます。

主人公の知力さと暴力性

警部補ダイマジンのもう1つの魅力は、知力と暴力を併せ持ち、悪を裁くことができる主人公であることです。台場陣は強い正義感を持ち、法で裁けない犯罪者には剛腕を振るうことを信条としています。しかしながら、彼の行動には独自のルールがあり、そのルールを守るためには時に法に背くこともあります。

一方で、平安才門もまた、魅力的なキャラクターとして描かれています。彼は頭脳明晰で、自分の命に対してこだわりがないという異色の存在です。そして、過去にはややこしい事情を抱えているという謎めいた要素もあるため、物語の展開に大きく関わってくる重要な人物となっています。

登場人物の魅力

『警部補ダイマジン』は、登場人物たちの魅力も大きな特徴です。主人公である台場陣は、強い正義感と剛腕を持ち、法で裁けない犯罪者に対しては自らの手で制裁することを信条としています。

しかし、彼は自分独自のルールを持ち、そのルールを守るためには時に法に背くこともあります。一方で、平安才門は、頭脳明晰で自分の命にこだわりがなく、ややこしい過去を抱えているという謎めいた要素があるため、物語の展開に大きく関わってくる重要な人物として描かれています。

スポンサーリンク

警部補ダイマジンはドラマ化も決定しているほど人気


テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠に、生田斗真と三池崇史という強力タッグで贈る斬新かつ超刺激的な作品が誕生します!本作は、ヒット作『クロコーチ』を生み出したリチャード・ウー(原作)&コウノコウジ(作画)コンビの最新作であり、ピカレスク・サスペンスとして話題の大人気漫画『警部補ダイマジン』(「週刊漫画ゴラク」連載中、日本文芸社刊)のドラマ化です。

強い正義感をもつ警視庁捜査一課のエースが、法で裁けない犯人に剛腕を振りかざし、悪をもって悪を制す――そんなダークヒーローが巨悪に挑む物語です。

生田斗真と三池崇史のコンビは、アクション・コメディー作として根強い人気を誇る「土竜の唄シリーズ」を世に送り出し、映画界でも実績を残しています。本作では、初めてテレビでタッグを組んで、金曜の夜、お茶の間にとびっきりの刺激を届けます。生田斗真は、強い正義感をもつ警視庁捜査一課のエース・台場陣を演じ、三池崇史監督は、圧倒的な映像美で作品を彩ります。

本作は、一度見たら忘れられない強烈な印象を残すこと必至の、斬新かつ超刺激的な作品となっていることになるでしょう!

スポンサーリンク

【感想】警部補ダイマジンネタバレあらすじ!ドラマ化するほど面白い漫画!まとめ

警部補ダイマジンは、素早い展開や主人公の知力と暴力性、登場人物たちの魅力が特徴的な漫画作品で、テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠で生田斗真と三池崇史のコンビでドラマ化されることが決定しています。

物語は、強い正義感を持つ警視庁捜査一課のエースが法では裁けない犯罪者に対して剛腕を振るい、悪をもって悪を制するダークヒーローの巨悪に挑む物語です。生田斗真が台場陣を演じ、三池崇史監督が圧倒的な映像美で作品を彩ります。斬新かつ超刺激的な作品で、一度見たら忘れられない強烈な印象を残すこと必至です。

▼あわせて読みたい▼

【考察】ノイズネタバレ感想つまらない?面白い?Netflix映画と漫画原作の違いとは?
「マンホール」「予告犯」の筒井哲也さんの漫画作品「ノイズ」は、全3巻で完結。実写映画はNetflix国内ランキング1位を獲得をしたことにより再び注目を集めることになりました。今回はネタバレありで実写版と異なる漫画版ノイズの最終回結末や、感想...