【あくたの死に際】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!竹屋まり子が描く夢追い小説家漫画

このページにはプロモーションが含まれています

竹屋まり子先生が描く漫画「あくたの死に際」は裏サンデーで連載されており、物語は大企業で順調な仕事と私生活を築いていたはずの黒田マコトが、些細な積み重ねから心を病む様子を描いています。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【あくたの死に際】あらすじ

書かずに死ねるか。

大企業に勤めて仕事も順調、
彼女とも良い感じな
社会人・黒田マコトは、
実生活の小さな積み重ねによって
心を病んでしまう。

休職し療養に励む黒田は、
学生時代の文芸部の後輩・
黄泉野季郎と再会する。

卒業後、売れっ子小説家になっていた
黄泉野に焚き付けられ、
黒田は再び筆を執ることにするが、
それは艱難辛苦の道だった―――

スポンサーリンク

【あくたの死に際】作品情報

タイトル: あくたの死に際

著者: 竹屋まり子

カテゴリ: 青年マンガ

出版社: 小学館

レーベル: 裏サンデー

スポンサーリンク

【あくたの死に際】完結まで

1巻ネタバレ


大企業で成功を収め、充実した社会人生活を送る黒田マコト。しかし、日々の些細な出来事が次第に彼の心を侵し、心の病を抱えるようになっていく。その結果、休職し療養に努める中、かつての文芸部の後輩で売れっ子小説家となった黄泉野季郎と再会する。再び筆を執ることを決意した黒田だが、その道は険しいものだった。

スポンサーリンク

【あくたの死に際】ネタバレ感想

漫画「あくたの死に際」はマコトと黄泉野の物語は、才能と成功、そして内なる情熱の喪失という複雑なテーマを探求しています。マコトは才能に恵まれつつも、社会的地位や安定を手に入れ、その結果、内なる熱を失いつつありました。黄泉野の言葉や行動は、彼の平凡さや安穏への葛藤を露呈し、自己を疑問視する苦悩をもたらします。

この物語は、幸福と創造の狭間での葛藤を掘り下げます。マコトは結婚し、家庭を持ち、表面上は幸せそうに見えますが、その一方で創造性や情熱を求める内なる渇望に苦しんでいます。その違いを感じる親友たちの創作活動は、人々の心に響き、新たな視点や感動を与えています。これに対し、自身がそのような創造に貢献できないことへの後悔や焦燥が、マコトの内なる燻る想いとして描かれています。

物語の中で、作家としての苦悩や負の感情が、物語をより深みのあるものにするという観点も提示されます。幸せから生まれる物語もありますが、物語の真の魅力は、現実の苦しみや葛藤から生まれるものであるとも説かれています。この対比により、物語を生み出す作家の内面が探求され、創作と現実の狭間での葛藤が描かれています。

黄泉野の言葉や行動は、マコトに強い影響を与えます。彼のセリフや振る舞いは、物語に深みを与える一方で、マコトの内面をさらに複雑に描写しています。物語がどのような展開を見せるのか、マコトの筆がどこまで走るのか、その先に何が待っているのか、これからの展開に期待が膨らみます。

30代から夢を追いたい人にはおすすめな漫画になります。

スポンサーリンク

【あくたの死に際】ネットの感想

【あくたの死に際】最終話や結末話は

漫画「あくたの死に際」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...