【エデンズゼロ】完結まで!結末や最終話まで!ネタバレ感想!真島ヒロが描くSFファンタジー漫画!

このページにはプロモーションが含まれています

真島ヒロ先生原作による漫画「エデンズゼローEDENS ZEROー」は週間少年マガジン連載され、TVアニメとしても人気が高い作品です。本記事では完結までネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【エデンズゼロ】あらすじ

夢の国・グランベルで機械たちと暮らす少年・シキは、100年ぶりの来国者となる動画配信者の少女・レベッカと青猫のハッピーに出会う。すぐさま意気投合し、“友達”となったシキたち…この小さな出会いが、彼らの「運命」を大きく変えていく!! まだ見ぬ世界に夢を乗せ、少年と少女と青猫の、果てしない冒険が始まった!!

スポンサーリンク

【エデンズゼロ】作品情報

タイトル: EDENS ZERO(エデンズゼロ)

著者: 真島ヒロ

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 講談社

レーベル: 週間少年マガジン

スポンサーリンク

【エデンズゼロ】完結まで

ネタバレ:グランベル王国

物語の舞台は、ロボットたちが住む寂れたテーマパークとして知られるグランベル王国です。この王国は100年ぶりの訪問客を迎え、グランベルのロボットたちは興奮と歓迎の気持ちでレベッカを出迎えました。特別な日の中で、同じ年齢の少年が突如として登場します。その少年の名前はシキで、彼はこの王国において唯一の人間でした。二人は短い時間に多くの冒険と楽しみを共有し、夜が訪れると、レベッカは眠りにつきました。

しかし、目を覚ますと、広場にはウィルスに感染したと言われるロボットたちに囲まれ、拘束され、処刑される危機に直面しました。絶望の瞬間、レベッカはシキによって救出され、2人は王国を逃れ、宇宙への冒険の旅に踏み出す運命を共にしました。この出来事を境に、二人の人生は大きく変わることとなりました。

ネタバレ:ピーノを巡ってシビルとの戦い

宇宙の女神としての地位を築くため、シキとレベッカは重要な資産である宇宙船を入手するために、ワイズ博士の指導と協力を求め、遠くの惑星ノーマへの旅に出ました。この旅の背後には、彼らの人生における個人的な目標と夢、また、彼らが直面している宇宙の謎に対する探求心があります。

しかし、ノーマに到着した際、ワイズ博士の家には予想と異なる光景が広がっていました。博士の姿は見当たらず、その代わりに現れたのは、若い青年が自分がワイズであると名乗る出来事でした。この青年が持つ複雑な過去、特に「時喰み」と呼ばれる能力により、彼は50年前のノーマに遡り、盗みの行為と組織への裏切りを成し遂げていたのです。

ワイズの行為が過去から現在に影響を及ぼし、彼はシビルという組織の追手から逃れるために苦闘しています。この背景には、ワイズが犯罪的行為を通じて得た資産が絡み、ノーマの社会や組織との複雑な相互作用が存在します。

さらに、物語にはカバンという要素が絡みます。ワイズがカバンを盗み、その中にピーノという名前のアンドロイドを発見した瞬間、物語が新たな転機を迎えます。ピーノとの出会いは、シビルとの壮絶な闘いの引き金となり、シキとレベッカの運命に大きな影響を与えることでしょう。このような出来事や登場人物の複雑な関係が、物語を理論的にも魅力的にも紡いでいます。

ネタバレ:宇宙海賊

宇宙の探求という究極の目的を果たすため、シキと彼の仲間たちは惑星ノーマでの大騒動の果てに警察の追跡を受けながら、新たな段階へと進むことを余儀なくされました。宇宙への脱出は容易なことではなく、それは単なる逃避ではなく、人生の新たな可能性と挑戦を意味していました。

その中で、ワイズ博士のエーテルギアという力を駆使し、宇宙船を改造することで、一時的にピンチを切り抜けることに成功しました。この宇宙船の改造は、技術と創造力を結集した結果であり、シキと仲間たちの協力の証でした。

しかし、宇宙への脱出が完了するかに見えた矢先、彼らは巨大な宇宙船によって拿捕されてしまいます。この状況に直面した際、エルシーという名の宇宙海賊がシキとの対決に登場し、壮絶な闘いが繰り広げられました。ここで物語が興味深くなり、理論的側面に焦点を当てることができます。

エルシーが自分をコピーした偽者であることを明かす瞬間、我々は人工知能と個人のアイデンティティ、複製と本物の関係についての哲学的な問題に挑戦されます。また、巨大な宇宙船エデンズゼロの出現により、過去と現在、家族の絆と使命感、そして魔王ジギーとシキの間に横たわる複雑な糸も浮き彫りにされます。これらの要素は、物語の深化と読者の思考を刺激し、シキの宇宙への旅が単なる冒険以上の哲学的探求へと展開していくことを示唆しています。

ネタバレ:エデンズゼロを手に入れた矢先

エデンズゼロを掌握したシキと彼の仲間たちの前に、新たな展望が広がりました。その最初の出会いは、魔王四煌星の1人であるウィッチとの対面であり、この出会いが物語の運命に大きな影響を与えました。ウィッチはエデンズゼロを守る責務を担っており、それを果たすために10年間スリープモードで宇宙船に留まっていました。しかし、シキが魔王の椅子に座る瞬間、ウィッチは再び目覚め、シキを「魔王様」と呼び、魔王の帰還を喜びの涙で迎えました。

この出来事から、物語の核心に近づく要素が浮かび上がります。シキの存在が、かつての魔王の力と遺産を復活させる鍵であることが示唆され、物語の推進力として明らかになります。また、魔王四煌星という謎めいたグループとの関係も複雑化し、物語の進行に新たなダイナミズムをもたらします。

一方で、エデンズゼロの真の力を解放し、マザーへの旅を続けるためには、残りの3人の魔王四煌星の力が不可欠であることが明らかにされました。この新たな目標に向かって、シキたちはブルーガーデンという目的地を訪れるために宇宙船を進めていくのです。

しかしここで物語は、想定外の展開に突入します。ブルーガーデンへ向かう途中で、シキたちは予想外の出来事に巻き込まれ、彼らの冒険が更に複雑で試練に満ちたものとなる兆候が見え隠れします。この展開は、物語の深化とキャラクターの発展において重要な要素として捉えられ、読者にとって興味深い哲学的探求の一端を提供します。

ネタバレ:レベッカ救出

レベッカが巻き込まれた、動画配信者を狙った誘拐事件は、物語に新たな複雑さと深みをもたらしました。シキは、かつての仲間や友人たちが関与している可能性があることを示唆する「ギルストに来い」という謎めいたメッセージを思い出しました。同時に、シキはホムラという謎の少女と出会い、彼女もまた助けの手を差し伸べる意志を持っており、エデンズゼロを駆使してギルストへ向かうことを決断しました。この決断は、個人的な義務感と冒険心、そして新たな仲間を引き寄せる因果関係を示すものであり、物語の魅力的な側面として浮かび上がります。

一方で、レベッカは誘拐犯によって捕らえられ、仲間の安全と自己救出を目指して、牢獄からの脱出を試みています。この試練は、彼女の強さと決意、そして仲間に対する愛情を浮き彫りにし、キャラクターの成長と発展を描写します。さらに、彼女の闘志が物語において新たな局面を切り拓き、読者に勇気を与えます。

一方、シキはレベッカの救出に向けて奮闘し、その過程で傭兵団の団長を自称するシスターという人物と出会います。シスターはかつての友人から一転、悪人となっており、その変貌に驚きます。しかし、シスターとの戦闘中に、もう1人のシスターが予想外に登場し、物語は複雑な展開に進化します。この出来事は、キャラクターの内面と過去の複雑さ、そして物語の進行に新たな層を加え、読者に深い思考を促します。同時に、個々のキャラクター間の対立と共感の葛藤が、物語の感情的な豊かさを強調し、複雑な人間関係を浮かび上がらせます。

ネタバレ:ハーミットの心を解放

シスターの救出とギルストからの辛くものがたりな脱出を経て、シキたちは次なる目標に向かって進む決意を固めました。その新たな使命は、ハーミットとヴァルキリーの居場所を特定し、仲間たちを再び一堂に集めることでした。この新たな段階では、彼らの探索の旅が物語の中心となり、さまざまな哲学的テーマが浮かび上がります。

シキたちは、宇宙空間を航行中に、驚くべき幸運に恵まれ、ハーミットの存在を素早く発見します。しかしながら、見つかったハーミットは、異常なスリープ状態で心を完全に閉じてしまっており、そのままでは助けることができません。この状況を打破し、ハーミットを救出するために、シキたちは困難な決断を下します。彼らは、ハーミットの心を開放し、彼女を仲間として取り戻すべく、仮想空間デジタリスへの冒険に挑む覚悟を決めたのです。

仮想空間デジタリスでは、シキたちは特殊な能力を駆使して支配していたジャミロフと対峙します。仮想現実の秩序を守り、ハーミットの心を解放し、彼女を仲間に迎えるために、シキたちは激しい戦いに挑みました。この闘いは、現実と仮想の世界、個人とコレクティブ、そして困難に立ち向かう意志の哲学的側面を考えさせ、物語の複雑さを一層深化させています。

ネタバレ:バトルコロシアムでの試合

ハーミットを仲間に加え、ヴァルキリーの所在地を特定するため、シキたちは時の惑星ミルディアンへと向かう重要なステージに突入しました。この新たな章では、魔王四煌星の最後の一員であるヴァルキリーの捜索が物語の焦点となり、哲学的なテーマが浮かび上がります。

ミルディアンは、伝説的な占い師シャオメイが住む場所として知られ、彼女の占いの力はどんな未来事象でも的確に予知できると言われています。しかしながら、シャオメイの占いの恩恵を受けるためには、いくつかの試練に挑むことが必要でした。この試練は、物語の中で重要な役割を果たす要素であり、哲学的に考えると、未来の洞察を獲得するためには犠牲と努力が伴うことを象徴しています。

試練の一環として、シキたちはバトルコロシアムでの試合に挑むことを決意しました。この選択は、シャオメイの好みに合致するものであり、物語が探求する哲学的側面として、試合という選択の意味に焦点を当てます。バトルは、個人の力、協力、そして精神的な成長についての試練と見なすことができ、これは物語の複雑さを一層深め、キャラクターたちの成長に深みを与えています。

ネタバレ:サンジュエルへ

シャオメイの試練を成功裏に乗り越えたシキたちは、非常に重要な情報を手に入れた瞬間でした。時詠みを通じて、ヴァルキリーの滞在場所であるサンジュエルについての情報を入手し、一同は大いに喜び、次なる目的地への旅を予定しました。しかし、シャオメイは、物語において中心的な役割を果たすマザーについての情報を提供し始め、物語の根幹にかかわる哲学的な要素を浮かび上がらせました。

これまで、マザーは伝説やおとぎ話の中で語られる存在であり、その実在性は疑わしいものでした。しかし、シャオメイの語るところによれば、マザーは実在し、彼女自身の時詠みの力も、そのマザーから授かったものであるとのこと。また、マザーは非常に強力な大魔法使いであり、彼女によって願い事が叶えられないことはないという重要な情報も明らかにされました。

シャオメイの言葉に耳を傾けた一同は、各自の個人的な願いや夢を口にし、より一層の団結と士気を高めて、サンジュエルへの旅路に挑む覚悟を固めました。この瞬間は、物語の進行において個人と集団の目的、そして人間の欲望と願望に関する深い哲学的テーマを考える機会となり、物語の複雑性を一段と深化させます。一同がマザーへの願いを胸に掲げ、新たな章に向かう興奮が物語をさらに豊かにします。

ネタバレ:巨大戦艦に挑む

紅婦人との壮絝な闘いが幕を閉じるや否や、シキたちは闇の錬金術師ドラッケン・ジョーの影が迫る現実に直面しました。執拗に後を追い、彼らの足跡を埋めるかのように接近するドラッケン・ジョーに対抗するため、シキは逆に積極的な反撃を提案し、一行はその提案に賛同して、ドラッケン・ジョーが潜む巨大戦艦に挑む覚悟を決意しました。

然しながら、ドラッケン・ジョーはシキたちの行動を予知し、巧妙な罠を仕掛けていました。一行が巨大戦艦に乗り込む瞬間、彼は反撃を開始し、壮絝な攻撃で応戦しました。さらに、エデンズゼロを無防備な状態に晒し、巧みな策略で刺客を送り込むことで、シキとエデンズゼロの両方を狙い撃つ試みを実行しました。

結局、ドラッケン・ジョーは全てのメンバーを捕らえ、魔王四煌星の力を無力化してエデンズゼロを制圧することに成功しました。最後に、彼はシキを殺害する決断を下し、物語はその世界において終局へ向かう過程に突入しました。この展開は、運命の厳しさと抗争の激しさを描き、物語のエピックな結末への道を切り開いています。

ネタバレ:巨大戦艦に挑む

シキが目の前で殺され、その悲劇に直面したレベッカは、絶望と恐怖に囚われ、監禁生活の中で戦意を喪失しました。日々、彼女は虚無感に囲まれ、自分の未来が暗闇に包まれていくのを見つめるしかありませんでした。しかし、ある瞬間、シャワーを浴びている最中に、彼女の心に勇気と決意が湧き上がりました。仲間たちとの出会いや冒険の思い出が、彼女の心に光を灯し、再び希望を抱かせました。 “もう一度会いたい” という切実な願いが、エーテルギアの力を呼び覚ましたのです。

その瞬間、レベッカの足元のエーテルギアが輝き、彼女は重力に引き寄せられるかのようにどこかへと消え去りました。再び覚醒したとき、彼女は自分が以前の世界、つまりドラッケンとの致命的な対決の前に戻っていることに気付きました。彼女は前の世界線での出来事を鮮明に覚えており、そのタイムリープの可能性を理解しました。この新たな力を手に入れた彼女は、前回の経験と知識を武器に、未来を予知するかのような力を行使し、ドラッケンとの二度目の対決に立ち向かう覚悟を決めました。

この展開は、時間と記憶の複雑さに焦点を当て、キャラクターの成長と決断、運命に立ち向かう力について深く考察する機会を提供しています。物語は哲学的な要素を探求し、キャラクターたちがどのように逆境に立ち向かい、新たな可能性を開拓するのかを探求しています。

ネタバレ:未来予知

シキが目の前で殺され、その悲劇に直面したレベッカは、絶望と恐怖に囚われ、監禁生活の中で戦意を喪失しました。日々、彼女は虚無感に囲まれ、自分の未来が暗闇に包まれていくのを見つめるしかありませんでした。しかし、ある瞬間、シャワーを浴びている最中に、彼女の心に勇気と決意が湧き上がりました。仲間たちとの出会いや冒険の思い出が、彼女の心に光を灯し、再び希望を抱かせました。 “もう一度会いたい” という切実な願いが、エーテルギアの力を呼び覚ましたのです。

その瞬間、レベッカの足元のエーテルギアが輝き、彼女は重力に引き寄せられるかのようにどこかへと消え去りました。再び覚醒したとき、彼女は自分が以前の世界、つまりドラッケンとの致命的な対決の前に戻っていることに気付きました。彼女は前の世界線での出来事を鮮明に覚えており、そのタイムリープの可能性を理解しました。この新たな力を手に入れた彼女は、前回の経験と知識を武器に、未来を予知するかのような力を行使し、ドラッケンとの二度目の対決に立ち向かう覚悟を決めました。

この展開は、時間と記憶の複雑さに焦点を当て、キャラクターの成長と決断、運命に立ち向かう力について深く考察する機会を提供しています。物語は哲学的な要素を探求し、キャラクターたちがどのように逆境に立ち向かい、新たな可能性を開拓するのかを探求しています。

スポンサーリンク

【エデンズゼロ】ネタバレ感想

絵柄の魅力や美しさ、キャラクターデザインの優れた点など、絵に関しては相変わらず素晴らしいです。

また、ストーリーについてもセリフの量が適度で、シンプルなので読みやすいです。

ただ、唯一残念なのは、前の作品のキャラクターに過度に執着していることです。ファンサービスとして、前の作品のキャラクターを背景のモブに登場させる程度がちょうどいいでしょう。メインキャラクターに前の作品のキャラクターを出しすぎると、新作としての鮮度が失われ、作品が飽きやすくなってしまいます。スターシステムを過度に使用しない方が良いかもしれません。

今回の主人公とヒロインも、前の作品とは異なる個性的なキャラクターにしてほしかったと感じます。外見や性格など、細かな工夫を凝らすことも検討すべきだと思います。

それでも真島先生のファンや、ファンタジーものが好きな漫画好きにはおすすめです。

真島ヒロ先生の人気作品はこちら

スポンサーリンク

【エデンズゼロ】ネットの感想

【エデンズゼロ】最終話や結末話は

漫画「EDENS ZERO(エデンズゼロ)」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...