【作りたい女と食べたい女】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!百合と料理の物語漫画!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「作りたい女と食べたい女」はゆざきさかおみ先生が原作の漫画でit COMICSで連載されていました。ドラマも放映しており人気作品となっております。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【作りたい女と食べたい女】あらすじ

ひとり暮らしで少食だし、作ったところで食べきれない。でも、本当はもっと作りたい! 料理が大好きな野本さんは、そんな想いと職場のストレスから、うっかり一人で食べきれないほどご飯を作ってしまう。そんなとき、お隣のお隣に住む春日さんのことを思い出して勇気を出して夕食に誘ってみると…?

スポンサーリンク

【作りたい女と食べたい女】作品情報

タイトル
作りたい女と食べたい女

著者
ゆざきさかおみ

カテゴリ
女性マンガ

出版社
KADOKAWA

レーベル
it COMICS

スポンサーリンク

【作りたい女と食べたい女】完結まで

作りたい女と食べたい女ネタバレ1巻


野本さんはアマチュアながら、料理が大好きでSNS上で自身の料理アカウントを運営していました。特にゲームに登場するレシピの再現やデカ盛り料理、大量に作る系の料理に挑戦することに興味津々で、「もっと作りたい!」という欲求が日々くすぶっていました。しかしながら、小食で一人暮らしをしており、作った料理を一人で食べきることが難しく、地元を離れた新しい環境で仲の良い友人も近くにおらず、その欲求はなかなか満たされませんでした。

ある日、エレベーターで偶然お隣のお隣さんと出会います。お隣のお隣さんは、両手に大量のファストフードを抱えている姿で、それを一人で食べると聞いた野本さんは、彼がまさに自分が求めていた「料理を食べてくれる逸材」ではないかと感じました。そこで、野本さんは勇気を振り絞り、お隣のお隣さんである春日さんに自分の料理を食べてほしいとお願いすることにしました。

しかし、ある日、同じ会社の男性社員に自分で作ったお弁当を褒められた際に、男性目線での言葉に傷ついてしまいます。自分が好きなことを男性のために回収されることに対しての辛さや、ストレスで食べきれないほどの料理を作ってしまうことに抱える感情が、野本さんを悩ませていました。

その後、思わず春日さんの元を訪れたことからふたりの関係が始まり、予測不可能な展開が待っていることになります。

作りたい女と食べたい女ネタバレ2巻


野本さんは春日さんにお弁当を作らせてほしいと直談判しました。春日さんが快く引き受け、新鮮な気持ちでお弁当を開けると、そこにはなんと初のキャラ弁が添えられていました。春日さんはきれいに平らげ、食べていいか迷った際には、ちゃんと写真に撮っていると聞き、安心した様子でした。

春日さんは可愛らしく、さらに実家から送られてきたはらこ飯セットについて語ります。春日さんは保守的な家庭で育ち、家族の中に序列があることに疑問を抱き、県外に出た経緯を野本さんに話します。春日さんの話を聞いた野本さんは号泣し、春日さんの変化に感動します。

春日さんは徐々に変わり、野本さんの作るものを楽しみにし始めます。この変化に感動した野本さんは、春日さんの姿を微笑ましくと感じます。しかし、野本さんは自分の性的指向についての答えを出す際に、頭の中が複雑になり、世の中の規定に疑問を抱きます。

作りたい女と食べたい女ネタバレ3巻


野本さんと春日さんは、ふたりで迎えたお正月。野本さんの提案で、さっそくふたりでお雑煮を作り始めます。春日さんはほお袋いっぱいに食べ、その満足そうな様子に野本さんもうれしそうに食事を楽しんでいます。しかし、早速初詣に行くことを決意したふたりは、床寝の影響で寝正月を迎え、体に苦痛を感じながらの新年を迎えることになりました。

そんな中、春日さんは隣の部屋の住人に遭遇します。新しく引っ越してきた彼女に優しく声をかけ、その報告を早速野本さんにもする春日さん。野本さんはSNSでつながったyakoさんと飲みながら映画を観たり語り合ったりし、彼女に自身のカミングアウトを告げます。

野本さんがyakoさんに自分の思いを打ち明けると、yakoさんはさまざまな「恋愛指向や性的指向」について話し始め、「誰か」を納得させるためでなく、自分自身が納得できるあなただけの形を見つけることが重要だとアドバイスします。そして、yakoさんも自らのカミングアウトをさらっと行います。

その後、春日さんの部屋を訪れたのは、新しく引っ越してきた隣の部屋の住人である南雲さんでした。彼女も心に傷を抱えていることが判明し、物語は一層深まりつつあります。

作りたい女と食べたい女ネタバレ4巻


バレンタインが目前に迫る中、野本さんと春日さんはそれぞれお互いにチョコレートを贈るための準備に余念がありません。気持ちを込めて手作りのチョコレートを作ったり、友人たちに相談したりしながら、特別な日への期待が高まります。

そして、バレンタイン当日。ふたりは特別な体験として、チョコレートフォンデュをすることに決めました。熱したチョコレートの中に果物やお菓子をディップし、共に楽しむ時間は、ふたりの距離をより縮めるきっかけとなりました。

それぞれの胸に秘めた想いを抱きながら、野本さんと春日さんはお互いに向けて手渡すチョコレートを大切に抱えています。心の中に秘めた感情を、言葉にせずとも伝えようとする瞬間が、この特別な日に特別な意味を与えています。

「どうか、あなたにだけは、この気持ちをわかってほしいと。」という思いが

スポンサーリンク

【作りたい女と食べたい女】ネタバレ感想

百合と料理の物語

未知の2人の女性が、美味しい料理を通して結ばれる物語。しかしながら、そのうちの一方が食べることに対する欲望が誇張されている。周囲には、少食の男性やたくさん食べる女性も共存しており、物語は「女性はこうでしょ」といった固定観念に挑戦している。これを通じて、作者は現代の多様性と個々の個性を際立たせ、描き出している。

主人公たちにとっては、この状況が日常の一部となっており、物語は繊細でありながらもリアリティを大切にした作者のスタンスが浮かび上がる。多様性を抱きながらも、それが当たり前の風景となっている様子に、主人公たちは好感を抱く。作者は日常の中に、様々な価値観や特異な美しさを見出し、それを見事に描き出している。

物語の中で料理が織り成す絆は、食べ物を通して心の交流が生まれる美しい形として表現されている。これは単なる食事の場面ではなく、相互の理解と尊重が共鳴する場として描かれている。料理を通じた交流が、主人公たちに新たな世界を開かせ、同時に読者にも多様性と包容力の美しさを感じさせてくれる。

百合のテーマが苦手でも読める

女性が抱える複雑な感情を見事に描写しており、特にもやもや感がその中で際立っています。登場人物たちの心情や葛藤が、読者に強く共感させる一方で、百合の要素に関しては、二人の感情が軽やかに描かれ、百合ジャンルに苦手意識を持つ方でも違和感なく楽しむことができます。

女性が抱えるもやもや感は、物語全体に織り交ぜられた見事な表現であり、それが読者に深い感動とともに伝わります。一方で、百合事情については、感情が軽やかに進展していく様子が描かれており、その優れた描写によって百合のテーマに苦手意識を抱く読者でも心地よく読み進めることができます。

物語はまるで環境や教科書を読んでいるかのような感覚を与え、登場人物たちの気持ちを勉強することで、読者は深い感受性と理解を得ることができます。

スポンサーリンク

【作りたい女と食べたい女】ネットの感想

【作りたい女と食べたい女】最終話や結末話は

漫画「作りたい女と食べたい女」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...