EDENS ZERO(エデンズゼロ)つまらないから打ち切りと評価する読者の感想!

このページにはプロモーションが含まれています

EDENS ZERO(エデンズゼロ)は真島ヒロ先生が手がけるSF漫画です。週刊少年マガジンで連載しており、TVアニメ化したことも話題に。しかし一部の読者の中でつまらないから打ち切りと評価している方も。本記事では、EDENS ZEROが打ち切りになるのではないかという憶測や、過去作品との比較、そしてテーマ問題について詳しく解説します。

スポンサーリンク

EDENS ZERO(エデンズゼロ)あらすじ

夢の国・グランベルで機械たちと暮らす少年・シキは、100年ぶりの来国者となる動画配信者の少女・レベッカと青猫のハッピーに出会う。すぐさま意気投合し、“友達”となったシキたち…この小さな出会いが、彼らの「運命」を大きく変えていく!! まだ見ぬ世界に夢を乗せ、少年と少女と青猫の、果てしない冒険が始まった!!

スポンサーリンク

EDENS ZERO(エデンズゼロ)はつまらないの?

「EDENS ZERO」という漫画は、神秘に満ちた宇宙を旅するキャラクターたちの物語を描いている作品です。原作者は、人気漫画「フェアリーテイル」を描いた原作者でもある真島ヒロ先生。本作品のあらすじは、主人公の少年シキが、孤独に生きるロボットの少女レベッカと出会い、彼女と共に宇宙船での冒険を繰り広げるというものです。

この作品に対して、読者からは「面白い」という声が多く寄せられています。その理由として、真島ヒロ先生が描くキャラクターたちの魅力的な性格や、予測不可能な展開によるドキドキ感、そして神秘的な宇宙世界の美しさが挙げられます。一方で、「つまらない」という声もあるようです。一体どのような点が読者に対して受けいられないのでしょうか?

スポンサーリンク

EDENS ZERO(エデンズゼロ)はつまらないと思う読者の感想!

EDENS ZERO(エデンズゼロ)と過去作品との比較

真島ヒロ先生は、過去に「RAVE」と「フェアリーテイル」という大ヒット作品を手がけ、熱いストーリー展開で多くのファンを獲得しています。そのため、EDENS ZEROに対する期待は非常に高く、前作を上回る作品を期待する声が多く寄せられています。

しかし、EDENS ZEROに対する厳しい意見も存在します。これまでの作品と比べ、敵キャラクターの魅力が劣っているという指摘があります。前作では味方だけでなく、敵キャラクターにも魅力があったため、その点でEDENS ZEROに対して不満を抱く読者が多いようです。また、舞台が宇宙であるため、SFが苦手な読者には受け入れにくいという声もあります。

このような理由から、EDENS ZEROが打ち切りになるのではないかという憶測も出ています。前作ほど面白くないと感じる読者が多く、その点での評価が低いためです。しかし、真島ヒロ先生は過去にも壁にぶつかったことがあり、それを乗り越えて新たな作品を生み出してきました。今後の展開に期待が高まるとともに、EDENS ZEROの魅力が再評価されることを望む声もあります。

EDENS ZERO(エデンズゼロ)のテーマ問題

真島ヒロ先生が手がけた過去作品「RAVE」「フェアリーテイル」には、「仲間との絆」というテーマが共通して現れていました。そして、「EDENS ZERO」では、このテーマが「友達との絆」として描かれています。しかし、このような似通った設定やテーマが、作品の特徴を薄くしていると感じる読者からの意見も多くあります。

特に「フェアリーテイル」では、「仲間との絆」が作品の根幹をなすテーマとして非常に強く押し出されていました。このため、「EDENS ZERO」でも同様のテーマが現れることにより、読者からは「設定がワンパターンであり、新鮮味に欠ける」という声が多くあるようです。

ただし、「友達との絆」を軸にした物語には、深い感動や感情移入が生まれる場合もあります。真島ヒロ先生が描くキャラクターたちの友情や、共に戦い抜く姿勢に共感を覚える読者も多いでしょう。また、「EDENS ZERO」では、宇宙という新たな舞台が用いられているため、新しい要素や展開が期待できるという声もあります。作品の魅力を再発見することができるかもしれません。

スポンサーリンク

EDENS ZERO(エデンズゼロ)はTVアニメもあまり評価は高くない

EDENSZERO(エデンズゼロ)のアニメ評価はあまり良くありません。放送時間帯が深夜であることが理由の一つで、視聴者が少なくなることが指摘されています。特に、この作品は王道の少年漫画であり、夕方に放送される方がより多くの視聴率が見込めたと言われています。

しかしながら、EDENSZEROは伏線が多く、子ども向けの完全な作品というわけではありません。そのため、視聴層が合わず、評価があまり高くないのかもしれません。しかし、この作品は罵倒の爽快感やストーリーの展開など、少年向けの要素も多く含んでいます。

それでも、バトルシーンやアクションシーンは迫力があります。そのため、マイナス評価に負けずに見る価値は十分にあると思われます。もし、アニメを観る時間帯が遅いという問題がある場合は、録画や配信などを利用して、好きな時間に視聴することもできます。EDENSZEROの魅力を堪能してみてください。

スポンサーリンク

EDENS ZERO(エデンズゼロ)はつまらないと思う読者の感想!まとめ

「EDENS ZERO」という漫画は、神秘的な宇宙を舞台にした冒険物語です。真島ヒロ先生が描くキャラクターたちの魅力的な性格や、予測不可能な展開によるドキドキ感、そして美しい宇宙世界が評価されています。一方で、「つまらない」という声もあります。

この作品に対する批判として挙げられるのは、真島ヒロ先生が過去に手がけた「RAVE」「フェアリーテイル」との比較です。両作品は大ヒットし、多くのファンを獲得しました。そのため、EDENS ZEROには期待が高かったのですが、敵キャラクターの魅力不足や、設定が似通っている点が指摘されています。また、舞台が宇宙であるため、SFが苦手な読者には受け入れにくいという意見もあります。

しかし、真島ヒロ先生は過去にも壁にぶつかったことがあり、それを乗り越えて新たな作品を生み出してきました。EDENS ZEROには、友情や共闘という、真島ヒロ先生が得意とするテーマが描かれています。また、宇宙という新たな舞台が用いられているため、新しい要素や展開が期待できます。

作品について否定的な意見がある一方で、多くの読者からはEDENS ZEROの魅力に共感する声が寄せられています。友情や冒険、そして美しい宇宙世界が描かれることにより、深い感動や感情移入が生まれることもあります。真島ヒロ先生が新しい要素を加えて、作品の魅力を再発見することができるかもしれません。

▼あわせて読みたい▼

【悲報】真島ヒロがパクリ?尾田栄一郎のワンピとフェアリーテイルが似ている?
真島ヒロ先生が尾田栄一郎先生の絵が似ていることから、パクリと揶揄されることがありました。しかし漫画やアニメーションの作品には、他の作品やアーティストから影響を受けたり、似たような要素を取り入れたりすることがあるため、そういった点については指...