【ツーオンアイス】つまらない!アンケドベで打ち切り?ジャンプ版ユーリ!!!on ICEなれる?

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「ツーオンアイス」に対する批評が厳しいものとなっています。読者からの評価は低く、「つまらない!」との声や、アンケビリ(読者アンケート)での低評価が打ち切りの可能性を指摘しています。特に、フィギュアスケートというジャンルで共感しにくい面があげられるかもしれません。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【ツーオンアイス】あらすじ

峰越隼馬は、幼い頃、偶然目にしたフィギュアスケートの大会で圧倒的な演技をみせる早乙女綺更に憧れる。
しかし、天才少女と将来を渇望されていたにも関わらず、綺更は突然姿を消してしまう。

スポンサーリンク

【ツーオンアイス】作品情報

タイトル: ツーオンアイス

著者: 逸茂エルク

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 集英社

レーベル: 週刊少年ジャンプ

スポンサーリンク

【ツーオンアイス】つまらない?

つまらない理由:スケート漫画難しい

フィギュアスケートは通常、個人競技として知られており、そのためチームワークや友情などのテーマを探ることは困難とされています。しかし、ペアを組んだ場合、二人の関係や対立、コーチとの関係性、ライバルの登場などが物語の展開に新たな可能性をもたらします。

さらに、フィギュアスケートは一般的に部活動として行われることが少ないため、対抗戦の要素が乏しいこともあり、物語の背景や舞台設定を構築することは挑戦的です。

また、フィギュアスケートは他のスポーツと比較して、競技自体が対戦形式ではなく、試合での戦略や駆け引きが少ない特性があります。競技ごとに相手との競り合いやライバル関係を描きづらいことが、物語の進行に制約を与えているかもしれません。

つまらない理由:漫画としての構図の難しさ

フィギュアスケートは、横回転の要素が多用される競技であり、その複雑な動きを漫画で表現するのは確かに難しい側面があります。特に、スケーティングの美しさや繊細さを伝えるのは、挑戦的な課題です。

たとえば、逸茂エルク先生のイラストは非常に華麗であり、最初はその描写に魅了されました。ところが、連載が進むにつれて、構図や作画にマンネリ感が生じるかもしれないとの指摘もあります。このような状況に陥ると、比喩表現が多用されたり、翼のようなイメージや人間にはありえない動きが増えることで、作画の難しさが問題視されることがあるでしょう。

つまり、フィギュアスケートを漫画で表現するには、美しさと動きの複雑さを調和させる技巧が求められます。この課題に挑戦し続けることで、より魅力的で独自のストーリーテリングが可能になるかもしれません。

つまらない理由:強引な設定

もしも早乙女綺更という天才少女がテレビで大きな人気を得ていたものの、突然姿を消したとしたら、それは大きな話題になり、ネットニュースなどでも幅広く報じられることでしょう。この出来事は、彼女のファンや関係者にとっては驚きと共に心配の種となることでしょう。

一方、峰越隼馬がスケートを始めた理由については理解できますが、彼と早乙女綺更が偶然出会い、なぜペアを組むことになったのかについて、その裏にある動機がもう少し詳細に描かれていれば、読者は物語により感情移入できたかもしれません。物語のテンポや読みやすい展開は評価できますが、彼女の引退理由や彼との協力に至る経緯がもっと掘り下げられていると、第1話としての完成度が高まり、読者はより物語に没頭できるでしょう。

また、第1話でペアを結成する序章として終わりましたが、今後は二人の練習や関係性をより詳細に描いていく予定です。ただし、ペアを結成するプロセスに時間をかけすぎたり、練習の描写が過剰になると、テンポを重視する読者が興味を失う可能性も考慮されています。

今後の展開には期待が寄せられており、物語がどのように進展していくかに注目が集まっています。

スポンサーリンク

【ツーオンアイス】アンケドベ打ち切り?

「ツーオンアイス」が10話目で早くもアンケート調査で最下位になったそうですね。連載が始まった初期から、「カグラバチ」や「魔々勇々」といった作品と同様に、あまり注目を集めず、結局最下位に転落したようです。この状況の背景には、やはりフィギュアスケートというジャンル自体に何らかの問題があるのでしょうか?

また、10話の「ツーオンアイス」の最後に「序幕最終話 道」という表記があったため、連載が終了したと誤解する読者もいるようです。しかし、この表記は序章が終わったという意味であり、連載が打ち切られたわけではないことを示しています。ただ、この演出はわかりにくく、章ごとに行われたらやりすぎに感じるかもしれませんね。序盤だけで終わらず、最終話まで描ききれるかどうかも課題です。

週刊少年ジャンプでの連載はかなりのハードルであり、その厳しさが再確認されますね。読者がついてきたと思った矢先に打ち切りといった事例はあまり起こりません。ジャンプ+での連載を望む読者もいますが、トップの位置を維持し続けるために、ジャンプ側にも様々な戦略があることでしょう。

スポンサーリンク

【ツーオンアイス】ジャンプ版ユーリ!!!on ICEになれるか?


フィギュアスケートの人気を集めた「ユーリ!!!on ICE」という作品が存在しています。このような背景から、「ツーオンアイス」も今後のストーリー展開次第で大きなファン層を獲得し、ジャンプ作品としてフィギュアスケートの人気ジャンルの地位を確立する可能性は非常に高いと言えるでしょう。

重要なのは、新たなキャラクターの投入や既存キャラクターの成長をどのように深く描き出していくかです。物語における彼らの変遷や挑戦、そして成長過程を丹念に描き、読者たちに共感を呼び起こすことが今後の成功の鍵となるでしょう。このような巧みなキャラクターディープな描写が、作品の持つ魅力を大いに引き立てることでしょう。

【ツーオンアイス】ネットの声

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...