【打ち切り】ケモノクニつまらない?土屋計が放つ奴隷の私が死ぬまでの漫画!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

『ケモノクニ』は、土屋計先生による少年ジャンプ+で連載されている漫画で、独創性が強く、魅力的な世界観を持っています。主人公たちが生きる世界は、人間だけでなく獣人が多く存在し、独特なキャラクターデザインが特徴です。作者の描く獣たちは、怖くもあり、かわいくもあり、やさしくもあり、非常に魅力的であり、さまざまな種類の獣が描かれています。『ケモノクニ』は、独自の世界観と描写技術により、高い評価を受けている作品の一つです。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

ケモノクニあらすじ

人間が獣人の奴隷として虐げられる世界で、海獣と闘うための兵士として生まれ育った少年・灰茶。いつ死ぬかもわからない地獄の日々を孤独に生き抜いていた。そんな幼き少年が理不尽な世界であがく、下剋上バトル始動!

スポンサーリンク

【打ち切り】ケモノクニつまらないという読者の感想

人と他の生物の逆転ものというありきたりな設定

『ケモノクニ』の設定である人間が動物の奴隷となっているというアイデアは、非常にありふれたものと言えます。もし、この設定がコロコロなどの児童誌で扱われていた場合、奴隷制度に関する描写が児童には適切でないとして問題視されたかもしれませんが、タコピーなどのオトナ向けの媒体であれば、そのような心配は少ないでしょう。

同じテーマであれば、人類史上に実在した奴隷制度を描いた漫画『ヒストリエ』や『カタバミと黄金』の方が、読者にとって強いインパクトを与えるかもしれません。

また、『ケモノクニ』の設定について、いくつかの問題点が指摘されています。例えば、「獣人」という言葉が使われている世界であるため、「ヒト」という呼称は設定上不自然であると感じる人もいます。

実際、「ヒト」という言葉は「人」を意味するため、それだけで最下層の存在を指定するのは適切ではないかもしれません。もし、設定上「ヒト」という呼称を使用する場合、蔑称や侮辱的な単語を加える必要があるかもしれません。

総じて言えるのは、『ケモノクニ』の設定には改善の余地があるということです。しかし、土屋計先生の描くキャラクターは独特で、彼らが生きる世界観は非常に魅力的であるため、この作品は多くのファンを獲得しています。

単調なストーリー展開

『ケモノクニ』のストーリー展開について、批判的な意見もあるようです。その理由として、ただ戦って死ぬだけのストーリー展開で、深みがないという点が挙げられます。

登場キャラクターが殺されることでインパクトを出すことはできるかもしれませんが、それをやるには最初の展開が絶望的すぎるため、読者に受け入れられる可能性は低いでしょう。

もし、平和な世界がいきなり崩壊して終わったり、キャラクターの行動について読者に熟考を促すような強烈な余韻を残すようなストーリー展開があれば、より深みのある物語になるかもしれません。

しかし、現時点ではそのような要素がなく、悪役が反省して死ぬというストーリー展開に終始しているため、薄味と感じる読者もいるようです。

しかし、一方で、土屋計先生が描くキャラクターたちは、独特で魅力的な性格を持っていると評価されており、読者からの人気も高い作品です。物語の深みが薄いとはいえ、キャラクターの魅力によって多くの読者を引きつけていることも事実です。

キャラクター造形

『ケモノクニ』のキャラクター造形について、批判的な声もあります。動物を人間化する際に、「この生物はどのように生活しているのだろうか」という考察が薄いと感じる読者もいるようです。また、人間的な生活スタイルを営むことが難しいと思われるキャラクターも多く、種族ごとの身長差が大きくても、それを反映した街の作りになっていないと指摘する意見もあります。

設定についても、最下層の存在として「ヒト」が設定されているにも関わらず、「海獣」という更に下の存在が存在することで混乱する点があると感じる読者もいます。さらに、「海獣」に近い特徴を持つ生物が他の種族から差別されていないことについて、作者がちゃんと設定を練っているのかと疑問を持つ読者もいるようです。

これらの要素から、『ケモノクニ』に対して不安を感じる読者も少なくありません。

スポンサーリンク

打ち切りの可能性はケモノクニはあるの?

『ケモノクニ』には、批判的な意見もあるものの、多くの読者から高い評価を得ています。そのため、現時点ではインディーズ漫画の中でも高い支持を得ており、打ち切りの可能性は極めて低いと言えます。

先に述べたように、作品のストーリーや設定には改善の余地があるという意見がありますが、土屋計先生が描くキャラクターたちは独特で魅力的で、多くの読者から支持されています。

そのため、作品が打ち切られる可能性は低く、今後も続けられる可能性が高いと思われます。今後も注目される展開を期待しております。

スポンサーリンク

違法サイトを利用すると危険!

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画を見るならまんが王国がいい口コミが多い理由!
まんが王国は無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信している漫画サービス。 電子書籍初心者でも安全に使えるのでオススメ。今回はそんなまんが王国の5つのメリット、ポイントを...
スポンサーリンク

【打ち切り】ケモノクニつまらない?土屋計が放つ奴隷の私が死ぬまでの漫画!まとめ

『ケモノクニ』は土屋計先生による、人間と獣人が共存する世界を描いた漫画である。一部の読者からは、ストーリーや設定について批判的な意見があるが、土屋先生が描くキャラクターたちは独創的で魅力的であり、多くの読者から高い評価を得ている。

このため、現在のところ打ち切りの可能性は低いと思われる。

▼あわせて読みたい▼

【感想】シバタリアンネタバレあらすじ!読み切りではなく連載!柴田理恵もトレンド入り?
「シバタリアン」は、ジャンプ+で読み切りではなく新連載としてスタートした作品として注目されています。物語のラストシーンは強烈なインパクトを与え、多くの人々を熱狂させました。本記事では読者の感想や、なぜTwiiterで柴田理恵さんがトレンドし...