【感想】にぶんのいち夫婦!ネタバレ完結!最終話はどうなる?夏川ゆきのが放つ結婚生活漫画!

このページにはプロモーションが含まれています

夏川ゆきの先生の原作に基づいた漫画「にぶんのいち夫婦」が、漫画家の黒沢明世先生によって描かれ、ついに完結しました。この作品は結婚生活をテーマにした感動的な物語で、最終話がどのような感動を読者たちにもたらすのか、とても期待されています。物語の結末や心温まるエピソードを振り返りながら、最終話に迫ってみましょう。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

にぶんのいち夫婦あらすじ

「自慢の夫だと思っていた…“あの日”までは」 結婚2年目、29歳の文(あや)は、周囲も羨むイケメンで誠実な夫と平穏な生活を送っていた。ある日、文は夫の携帯電話に届いた意味深なメッセージを見てしまう。そして帰りが遅くなり始める夫…。「本当に仕事が忙しいの?それとも何か他に理由があるの…!?」 夫を問いただして夫婦関係が壊れるかもしれないリスクをとるか、自分の心にしまってこれからの日常を守るか…。迷いの結婚生活が始まる――。

スポンサーリンク

にぶんのいち夫婦ネタバレ完結!最終話はどうなる?

にぶんのいち夫婦ネタバレ

「にぶんのいち夫婦」は、完結した人気作品の一つです。物語は、結婚2年目の文(あや)と、彼女の優しいイケメンの夫である和真(かずま)に焦点を当てています。二人は理想的な夫婦として周囲から見られていますが、物語は半年前のクリスマスを起点に、和真の浮気疑惑に文が直面する状況から展開しています。

物語はさまざまな転機や展開を経て、読者を引き込むこと間違いありません。特に、クリスマスイブを含む出来事は、物語の中で重要な要素となっています。文の心情や和真の行動が、読者に感情的な共感を呼び起こすでしょう。

さらに、物語は文が友人たちと共にさとみと和真を引き裂すべく、奮闘する姿も描いています。この部分は、物語がハラハラドキドキの展開に向かう重要な要素と言えます。

「にぶんのいち夫婦」の完結については、多くの読者が興味津々で、物語がどのように結末を迎えるのかが気になることでしょう。物語全体に渡る緊張感と感情の揺れが、読者を魅了し続けます。

にぶんのいち夫婦1巻ネタバレ

文(あや)は結婚してから2年が経ち、優しいし、ルックスも抜群な夫・和真(かずま)と共に幸せな生活を送っていました。周囲からは理想的な夫婦として称賛されることも多かったのですが、半年前のクリスマス時期から、和真の浮気を疑うようになっていました。ちなみに、その半年前、偶然和真のスマートフォン画面に立川さとみという名前の女性からのハートマークのついたメッセージが表示されていたのです。

文は最初、何か勘違いかもしれないと自分に言い聞かせていましたが、結婚記念日でもあるクリスマスイブに、和真が仕事の付き合いを理由に朝帰りしてきたことで、浮気の疑念は確信に変わりました。その瞬間、文の心は失望に包まれていきました。

その後、文は友人のさやかと一緒に、もう一人の友人優香の新築祝いに招かれることになりました。文が和真の浮気疑惑を友人に打ち明けると、さやかは迅速にさとみのSNSアカウントを発見しました。

帰宅後、文は優香とその夫との間に不穏な雰囲気が漂っているのに気付きましたが、どんな手を使ってもさとみと和真を引き裂くことを決意しました。かつて元カレの浮気を追及した経験がある香住を中心に、友人たちからの協力とアドバイスを得ながら、文はまずはさとみのアカウントと向き合うことを決意しました。

にぶんのいち夫婦2巻ネタバレ

さとみのアカウントを調べてみると、彼女の恋人が既婚者であることが発覚しました。その上、友人のさやかから、和真に関連するアカウントが見つかったとの情報が入り、文の心は深刻な打撃を受けました。

和真と接すること自体に不快感を覚えるようになった文ですが、さとみに打ち勝つために子供を持つことを考え始めます。和真もまた子供を望んでおり、一緒に妊活を始めます。しかし、文のプレッシャーのためか、和真の気持ちが次第に冷めてしまい、うまくいかない日々が続きました。

子供のいる友人に相談をし、信頼関係を修復しようと努力しますが、どうしても疑念を振り払えず、文は浮気の証拠を収集することを再び決意します。

その際、文は仕事中にカフェで浮気について悩みを相談していると、偶然和真と遭遇します。和真は、イケメンな大学生・樋口に嫉妬しているような様子を見せ、文の心は一層複雑になります。

さらに、音信不通の優香を心配する文のために、深夜にもかかわらず和真が車を出して付き添ってくれました。和真の優しさに触れることで、文の心は一層混乱しました。

にぶんのいち夫婦3巻ネタバレ

優香の決意に触発され、文は自分の感情を抑えず、行動に移すことを決意しました。

高校時代からの友人であるさやかとの電話で、文の過去の出来事が明るみに出ました。それは、王様ゲームの一環として、当時の彼氏とさやかがキスをしたことから、文が彼氏と別れる原因となった出来事でした。

その後、文のもとに和真の同僚で、和真と文が出会った合コンの際にいた高梨という男性が現れます。高梨は、さとみと和真の浮気が事実であると断言し、文に積極的に詰め寄りました。幸運にも、樋口が助け舟を出してくれました。

以降、樋口の協力を得て真相が明らかになります。さとみの交際相手は高梨で、高梨はさやかの仕掛けた策略に巻き込まれ、和真とさやかが浮気しているように見せかけていました。さらに高梨は、和真の本当の不倫相手はさやかであると主張しました。

後日、友人との飲み会で泥酔した文を、さやかが家まで送り届けました。しかし、自宅で和真と偶然出くわし、さやかは意味深な微笑みを浮かべて「明日会いたい」と誘います。しかし、和真は恐ろしい表情で帰宅を拒絶しました。文は寝たふりをしながら、2人のやりとりを録音しながら涙を流しました。

にぶんのいち夫婦4巻ネタバレ

物語の1話冒頭、二日酔いで苦しむ文のシーンは、実際にはさやかと和真の会話を録音した翌日の出来事でした。文は不倫を確信し、樋口の協力を得て2人の密会するホテルに向かいました。

さやかが不倫関係にあると主張する中、和真は子供の慰謝料を支払うためにさやかと会っていたと言い訳します。高梨、和真、さやかの3人で飲んだ際、和真は薬を盛られてベッドに連れ込まれたことが明らかになりました。写真や妊娠の事実をネタに脅され、和真はさやかに会うことを強要されていたのです。

さやかは既に中絶したと主張しましたが、文は疑念を抱き、詰め寄ります。その結果、妊娠の事実も虚偽であったことが判明します。また、協力者である香住の元カレである健からの自白も証拠となり、ついに和真の潔白が明らかになりました。

さやかと健は男性を騙し、脅迫することに常習的に関与していた犯罪者でした。物語の始まりで文たちが出会った合コンを主催したのもさやかであり、当初はさやかも和真を狙っていたことが判明します。文だけが幸せになるのを許せなかったのでしょう。

和真の浮気疑惑は晴れましたが、文の心は依然として深い傷を抱えています。文は別居を提案します。

にぶんのいち夫婦5巻ネタバレ

物語は5年前に遡り、和真の視点から続いていきます。

二人の出会いは5年前、さやかが主催した合コンでした。和真は文に一目惚れしました。さやかがモーションをかけてきたこともあったけれど、和真は彼女からの告白を断り、2年の交際を経て文と結婚しました。さやかは、入籍直前まで和真が文に飽きるまでちょっかいを出していたようです。

結婚して1年半が経った頃、和真の同僚による飲み会に高梨が呼ばれ、そのせいでさやかも参加してしまい、ホテルでの一件が起きました。プライベートではさやかに脅され、さらに仕事では退社した同僚の仕事を引き受けるよう上司から言い渡されました。

そのタイミングで、家庭では文が妊活を望んでいます。和真はさやかのせいでEDになってしまっていましたが、文にさやかのことを話すことはできず、夫婦関係はますますこじれていきました。

さやかが妊娠したという話も、和真は嘘だと分かっていましたが、文との関係を崩すわけにはいかないと考え、さやかに慰謝料を支払う約束をしました。

にぶんのいち夫婦6巻ネタバレ

仕事の休憩中、和真は若くて魅力的な樋口と一緒にいる文を、たまたま目撃しました。自分も将来的には文に愛想を尽かされてしまうのではないかという焦りから、和真は帰宅後、久しぶりに文を抱きしめました。

その瞬間、和真は口からこぼれた言葉が「やっぱり文が一番だ」というものであることに気づきました。文は自分が浮気相手と比較されたのではないかと思い、傷つきましたが、和真がその言葉を口にした時、彼には別の意図があったことが後に明らかにされます。

数日後、文が実家に帰省することになり、和真はついに文が自分を浮気相手と疑っていることに気づきました。さやかが何か巧妙な策略を巡らせていることにも勘づきましたが、和真は文を傷つけず、問題を解決し、さやかとの関係を清算するために、慰謝料を支払うことを決意しました。

その後、ホテルでの話し合いを経て、和真と文の間で浮気の誤解は解けました。しかし、和真が文を最も傷つけたこと、そしてその瞬間、樋口が彼らの近くにいたという事実に、和真は非常にショックを受けました。

文が別居を提案して家を出てから1週間が経ち、和真は一人きりの家でため息をつきました。

にぶんのいち夫婦7巻ネタバレ

和真篇が終わり、再び文の視点に戻ります。別居から3日後、優香の家にさやか以外の友人たちが集まり、自宅でパーティーを楽しんでいました。友人たちは和真の元に帰ることを勧めましたが、文はまだ心の整理がついていないようでした。

和真の元には、文の友人の菜摘と、かつて香住と交際していた健が訪れました。香住は自身の行動に協力していたことを告白し、和真はその謝罪を受け入れました。

ここで、香住からさやかの過去が明かされます。さやかには、親に溺愛されていた姉がいました。さやかは次第にひねくれた性格になり、姉の彼氏を奪うような行動に出ました。しかし、喧嘩の末、姉は交通事故で亡くなってしまいました。香住によれば、さやかの姉の彼氏は和真に似た特徴を持っていたとのことです。この事実が、さやかが文と和真に執着する理由の一端を説明しています。

別居から1週間が経った頃、和真の前に樋口が現れました。一緒に食事をしながら、樋口は夫婦ならではの本音で向き合うべきだと語り、そして和真に宣戦布告をするのでした。

にぶんのいち夫婦8巻ネタバレ

和真は仕事場を出て同僚の誘いを断ります。少し離れた場所で、和真は文の母親に電話をかけます。母親はちょうど夜勤の休憩中でした。

和真は毎日文の母親に電話し、文に会えないか尋ねています。しかし、母親は文が和真と向き合う意思を持っていないと考え、会ってもぎくしゃくするだけだろうと思っています。母親は待つ辛さを理解していますが、我慢も必要だと和真に伝えます。「そろそろだと思ったら連絡する」と母親は和真を説得します。

和真は、たとえ文が離婚を提案しても、同意しないつもりです。この気持ちを母親に伝えると、母親は「それでいいんじゃない?」と言います。彼女が必死に和真に引き止められるなら、女性としてそれは許されることだと考えています。「僕には文さんしかいません。彼女と一生一緒にいたいんです。」これが和真の本音でした。

一方、文は一人で外で食事をしています。そこには一匹のレトリーバーが寄ってきて、その犬の飼い主である老人が文の隣に座ります。老人と犬は心が通じ合っているようで、飼い主は毎日犬と話すことで気持ちを伝えていると説明します。言葉は情報だけでなく、話すことで気持ちが伝わり、新しい考えが浮かび上がることもあると言います。

翌朝、文が目を覚ますと、夜勤から帰った母親が帰宅しています。二人がまともに話すのは離婚してから久しぶりのことでした。文は父親との電話の内容や、自分が「お母さんを大切にすべきだった」と後悔していたことを母親に伝えます。母親は当時は父親の言葉に従って離婚を決断したが、最近は向き合っていれば違った未来もあったのかもしれないと考えるようになったと語ります。言いたいことを言い合いながら生活していたら、今のような寂しさや不安を感じずにすんだかもしれない、と母親は語ります。文はこの話を聞き、前夜に出会った老人の言葉を思い出します。

文は和真とちゃんと向き合うために家に戻る決意をします。母親は約束通り和真に連絡を入れることを約束します。和真はすぐに準備を整えて文の実家に向かいます。

この日の和真は通常とは異なり、少し強引な態度を取ります。文はいつもとは違う和真に戸惑いつつもドキッとします。和真は文に対して頭を下げて謝罪し、文は自分の気持ちを押し殺すのではなく、全てを素直に伝えます。文がこれまで抱えていた不満や怒り、嫉妬など、本心を全て告白します。自分の声を初めて聞いたような気がする、と文は感じました。和真を疑うたびに別れを考えていたが、そのたびに和真の存在が大きくなり、心が潰れそうになるのです。苦しくても腹が立っても、文は和真を忘れることはできませんでした。

言い過ぎたと一瞬後悔する文でしたが、和真は文を抱きしめ、「他には?」と受け止めてくれます。和真は文の不満や怒り、嫉妬などを全て受け止め、自分を変える覚悟を持っていました。これから一緒に生きていくために、和真は自分を変えようと決意していたのです。文はかつてないほどに和真を身近に感じ、今なら何でも話せると感じました。過去に嫌なことはたくさんありましたが、文が一番嫌だったのは和真を信じられなくなる自分でした。和真を疑うたびに、自分をどんどん嫌いになっていくのです。和真は揉め事を避けることを言い訳に、他人の本音と向き合うことを恐れてきました。和真のこの性格をさやかは見抜いていたのでしょう。本当の自分の姿をさらすと、文は去っていくと信じていました。二人はお互いの気持ちを打ち明け、再び仲直りすることができたのでした。

スポンサーリンク

にぶんのいち夫婦ネタバレ感想!面白いポイント!

『にぶんのいち夫婦』は、登場人物たちの複雑な心情と関係の変遷が魅力的な感動的な物語です。この作品は、夫婦関係を中心に、登場人物たちの内面を深く描写しており、その感情の複雑さと成長が読者に強く訴えかけます。

物語は、主人公である文と和真の夫婦関係を中心に展開します。二人の関係は最初から複雑で、浮気の疑念や誤解から生じる感情の混乱が物語の核となっています。登場人物たちは時には互いを傷つけ合いながらも、それぞれの葛藤や成長を経て、関係を修復しようと努力します。

特に、浮気の疑念や誤解によって引き起こされる感情の葛藤は、登場人物たちの人間性を深化させます。読者は彼らの感情の変遷を通じて、愛と信頼の重要性についての洞察を得ることができます。

さらに、物語は自己理解と向き合い方の重要性にも焦点を当てています。登場人物たちは過去の誤解や疑念を克服し、自己成長を遂げます。そして、結末は感動的で、夫婦が再び向き合い、幸せな未来に向かって歩み出す姿が描かれています。このハッピーエンドは、登場人物たちの成長と愛情の力を讃えており、読者に希望と共感をもたらします。

総括すると、『にぶんのいち夫婦』は登場人物たちの複雑な心情と関係を通じて、人間の感情と成長について深い洞察を提供し、読者に感動と共感をもたらす魅力的な物語と言えます。

スポンサーリンク

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...
スポンサーリンク

まとめ

物語は、文と和真という夫婦を中心に展開します。2年目の結婚記念日に、文は夫の和真が浮気している可能性を疑い始めます。クリスマスの日にも和真は仕事の付き合いを理由に朝帰りし、文の疑念は深まります。友人の協力を得て、文は夫の浮気調査を開始します。

しかし、調査の過程で和真と浮気相手さとみの関係が複雑で、やがて和真がさとみと関係を持っていないことが判明します。さらに、さとみの友人であるさやかが陰謀を巡らせ、和真とさとみを翻弄します。

物語は和真視点に切り替わり、5年前の出会いからの過去が明らかになります。和真と文の関係は、さやかやさとみといった周囲の人々とも絡み合い、複雑に絡み合います。和真はさやかによる脅迫に巻き込まれ、さらに文との関係も悪化します。

しかし、最終的に文と和真はお互いに本音を打ち明け、関係を修復する決断をします。物語は幸せな結末で締めくくられ、2人は一緒に未来を歩むことを決意します。

この作品は、登場人物たちの複雑な感情と関係、誤解と成長が織りなす感動的なストーリーであり、愛と信頼の大切さを描いています。