【漫画】幼稚園WARSネタバレ感想!有能林士平(りんしへい)担当のヒット漫画!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

幼稚園WARSはチェンソーマンやスパイファミリーを担当した林士平さんが担当している漫画で世間からの注目度は高いです。本記事では幼稚園WARSの魅力をネタバレありで紹介したいと思います。まだ読んでいない方は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

幼稚園WARSあらすじ

スポンサーリンク

幼稚園WARSネタバレ感想!面白いと思う3つの理由

園児を救う先生達の非日常の物語が見どころ!

この作品は、政府の要人や財界の大物の子どもたちを極秘裏に保育する幼稚園を舞台にした、スプラッタなバレットアクションなコメディ漫画です。物語は、大物のご子息たちが通う幼稚園を暗殺しようとする殺し屋たちから、身を張って子どもたちを守る先生たちが登場するところから始まります。しかも、彼ら先生たちはなんと死刑囚であり、物語はこの驚きの展開から展開していきます。彼ら先生たちは、万年単位の刑期を帳消しにしてもらうために、凄腕の殺し屋リタや詐欺師のダグ、そして爆弾魔のハナなど、個性的なキャラクターたちと共に、園児たちを守るために戦います。

物語は、痛快なまでに笑いとバトルが詰まった作品となっています。先生たちは子どもたちを守るために奮闘し、同時に自身の欲望を満たすためにも戦います。殺し屋や詐欺師、爆弾魔など、個性豊かなキャラクターたちが登場し、彼らの非日常な世界を楽しむことができます。全編通して繰り広げられる先生たちの奮闘記や、シュールな世界観が、読者を魅了すること間違いありません。

殺し屋先生達の壊れっぷりが見どころ!

この物語に登場する先生たちは、まさに我が道を行く個性的な人たちで、その姿が面白い要素の一つになっています。特にリタ先生は、かつては裏社会で恐れられた凄腕の殺し屋だったが、今は幼稚園の先生として働きながら婚活に忙しく、自分を好きになってくれるイケメンとの出会いを求めています。しかし、彼女が遭遇する殺し屋たちは容赦なくヘッドショットを放ち、彼女を追い回すことになってしまいます。その過激な展開はまさにマッドで、笑いを誘います。

リタ先生は時にはシリアスな雰囲気を見せることもあり、そんな彼女の決断力や勇敢さにも見どころがあります。彼女は自分が決めたことを最後まで貫き、自分自身を守るためには必要な行動を取ることができます。そんなリタ先生の格好良さもまた、この物語の魅力の一つとなっています。

時にはギャグ、時にはシリアスが見どころ!

この作品の魅力は、ギャグだけでなく、時にシリアスな展開が見られることです。特に、リタやダグなどのキャラクターたちが秘めた生き様や人生観などは、物語の見どころの一つとなっています。

彼らは自分たちの自由のために子どもたちを守りますが、その背景には、子どもたちを守りたいという想いや、教師として働く以上に子どもたちのために尽くすべきだという信念があります。そんな彼らの心情や葛藤が描かれる場面は、作品の見どころの一つです。

時には笑いとシリアスが入り混じった展開が見られることもあり、物語の奥深さを感じることができます。この作品は、単なるギャグ漫画ではなく、登場人物たちの内面や思いを描いた人間ドラマとしても楽しめます。

スポンサーリンク

幼稚園WARSネタバレ感想!おすすめできない読者

スプラッタコメディが苦手な人は無理かも?

毎回毎に殺し屋たちとのバトルが繰り広げられ、大抵は殺されてしまうというシビアな展開があります。その際には、スプラッタな描写が多く使われることもあります。しかし、このような描写が苦手な人や、暴力描写や殺人描写が苦手な人にとっては、この作品はお勧めできないかもしれません。

物語はコメディ色が強く、登場人物たちの個性的なキャラクターたちが織り成すギャグが主軸となっています。しかし、バトルシーンにおいては、スプラッタ描写が多く使用されるため、描写に敏感な方は注意が必要です。

その一方で、この作品が描く殺し屋たちの世界観や人生観、そして先生たちが抱く想いや信念など、深いテーマを扱っている場面もあります。そのようなシリアスな展開もあるため、作品全体を通して、笑いとシリアスが入り混じった、多様な要素が詰まった作品となっています。

リタの壊れっぷりなどが受け付けない人が居るかも?

メインヒロインであるリタは、どこか壊れているような性格をしています。そのため、この性格が受け入れられないと感じてしまう読者もいるかもしれません。しかしながら、このようなキャラクターは、過去のトラウマや悲しみなど、自分が生きてきた世界とは違う環境で生きていくうえで、新しく生き直そうとするも、どこかズレてしまったり、感情が壊れてしまったりする傾向があります。

このようなキャラクターたちは、見た目や行動に異常があるため、性格が破綻していると感じてしまうかもしれません。しかし、そこには、過酷な過去や現実に直面した経験があるために生まれる、人間味あふれる一面があるとも言えます。また、そのようなキャラクターたちの魅力は、その異常性にあるとも言えます。

リタの場合も、そのキャラクター性が彼女の魅力の一つとなっています。彼女は壊れているような一面を持ち合わせていますが、その背後にある過去や悲しみに触れることで、読者は彼女の人間性や魅力をより深く理解することができます。そんなリタの個性的な性格を、キャラクターの魅力として受け入れ、作品を楽しむことができる人にはいいかもしれません。

絵柄が苦手な人が居るかもしれない。

アクションシーンなども見せながらも、絵柄はどちらかと言えば穏やかで、キャラクターたちの印象も柔らかい印象を受けます。そのため、この穏やかな雰囲気が受け入れられないと感じる読者もいるかもしれません。また、絵柄によってはもっとシリアスな印象を与えることができると考える方もいるかもしれません。

しかし、この作品の魅力は、穏やかな雰囲気の中にあるギャップにあります。本作は、保母さんになりきって園児たちを守る凄腕の犯罪者たちの姿を描き、それがギャグやアクションといった要素と織り交ぜられています。このギャップが、読者を引き込み、作品を楽しませる要因の一つとなっているのです。

また、絵柄の穏やかな印象が、本作にあるある日常性を際立たせているとも言えます。普通の保母さんとして園児たちの世話をする姿を見せながら、彼らが裏社会でどのように生きているかを描き出すことで、本作は新しい世界観を提示しています。

そんな本作を楽しむには、絵柄の穏やかな印象に慣れる必要があります。しかし、一度その雰囲気に慣れてしまえば、本作の持つ独特の魅力を十分に味わうことができます。

スポンサーリンク

【漫画】幼稚園WARSネタバレ感想!有能林士平(りんしへい)担当のヒット漫画!まとめ

この作品の魅力は、非常にハイテンションで笑いを誘う殺し屋ギャグ漫画であり、凄腕の犯罪者たちが保母さんになって幼稚園で子どもたちを守るという、非常にシュールな設定が描かれています。そのため、そこで働く殺し屋や詐欺師、爆弾魔、元警官など、それぞれ個性的なキャラクターたちが、日常のギャグや性格の壊れた面を見せながら、笑いを届けてくれます。

彼らは普段は自分の欲望に素直に生きているが、子どもたちを守るためにはしっかりと任務を果たし、スタイルを徹底して面白く導いてくれます。アクションシーンも盛り込まれているが、ギャグの基本を守った内容は、是非お勧めしたい面白さです。

是非コミックスの方で内容を確認してみることをお勧めします。」

▼あわせて読みたい▼

幼稚園WARSがつまらないひどいと評価する読者の感想!ネタバレあり!
幼稚園WARSというマンガは、最近では少年ジャンプ+で人気が急上昇している作品。しかし一部読者の中には、つまらない、ひどいといった意見も。本記事では、幼稚園WARSがつまらないと評価する読者の反応を紹介したいと思います。ネタバレを含みますの...